60代女性が結婚する1番の方法

ここでは、60代後半の女性へ向けた、婚活情報や、結婚相談所の情報をお伝えしていきます。これからの人生を新たなパートナーと過ごしたいと考える女性には役に立つ情報だと思いますので、ぜひ続きをお読みください。

結婚したいと思っている男性は、います。

この年になってくると結婚もなかなか…と消極的になっている方もいらっしゃるかと思います。が、それは身近にそういう方がいないだけなんです。探す範囲をもっともっと広げれば、結婚したいと思っている男性はいますよ。

結婚したいと思っている男性が集まるところをご存知ですか?
それは「結婚相談所」です。
真剣に、結婚したい!と思っている男性がたくさん登録しています。それに、相手の職業、年収や家族構成、相手に希望する事柄など、さまざまな条件から相手にアプローチできるので、効率よく婚活を進めることができます。

専任アドバイザーがフォローします。

これまで奥手でなかなかお付き合いができなかった方や、失敗を繰り返してきた方もいらっしゃるでしょう。そういう方にこそ、結婚相談所をお勧めします。
専任のアドバイザーがあなたの希望や気持ちを伺い、寄り添い、理想の相手を紹介していただけるからです。

身近には対象者がいない…

中高年になってくると、結婚が難しくなってくることは事実です。
晩婚化とはいえ、子供を産むこと等を考えるとやはり結婚する人が多いのは男女共に20代~40代でしょう。それを過ぎると、合コンの誘いも減ってくると思います。そうすると、どんどん出会いの場は少なくなります。同窓会へ行っても、既婚者か結婚する気のない独身貴族が大部分を占めるようになってくるでしょう。

あと25年の人生をパートナーと共に歩みませんか。

一人世帯はさまざまなリスクがあります。

厚生労働省の平成25年の調査では、65歳女性の平均余命は23.97年でした。残り25年弱の人生を、健康に過ごすには、パートナーがいた方が有利です。
一人暮らし世帯は、何かと不健康になりやすい要素があります。日中あまり人と話さくなることからくる、認知症リスク。これは夫婦世帯と比べて1.5~2倍リスクが高くなるそうです。続いて、貧困問題。仕事を辞め、退職金と年金でやりくりする方も増えてきますが、年金は現役世代の収入が元になるため、どうしても女性の一人世帯は貧困に陥りやすくなります。また、仕事を続けている方でも、体調を崩して一時的に収入がストップする等のリスクはあります。ほかにも、介護や孤独死の問題もあります。

「シニア婚」ってご存知ですか?

これまで一度も結婚生活を送ったことのない方、結婚生活を続けることができなかった方。現在婚活をされている方が独身でいる理由はそれぞれでしょう。今さら婚活?!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は今「シニア婚」が増えてきています。シニア婚専用の結婚相談所ができるくらいです。
楽しく、有意義に、健康に年を重ねたいと考える方が増えてきた証拠かもしれませんね。

周りに知られないから安心。

中高年の婚活を「いい年して婚活なんて!!」と言う人もいるでしょう。お子さんがいたり、親戚の目があったりと、周りに知られずに婚活したい方もいらっしゃると思います。
結婚相談所はそういう方にも配慮して、社名の入っていない封筒で資料を送付したり、お客様のプライバシー保護のためのPマークを取得している所もあるので安心して婚活ができますよ。

パンフレットを読んでみませんか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで、少しでも結婚相談所というハードルが下がったら幸いです。残り25年の人生を有意義なものにしたいと思われたなら、ぜひ資料請求してみませんか?ステキなご縁が結ばれますように。

イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら