仲介型の結婚相談所が向いてるタイプって?

仲介型の結婚相談所が向いてるタイプって?

結婚相談所と一言で言っても、実は紹介スタイルが結婚相談所によって違うことを知ってますか?

結婚相談所には仲介型とマッチング型、ネット型があります。その中から自分の性格や生活習慣などにも合うスタイルの結婚相談所選びが大切です。

今回は、仲介型についてや仲介型の結婚相談所が向いている方のタイプをご紹介します。

仲介型ってどんなスタイル?

仲介型というのは、結婚相談所のプロのアドバイザーやコンジェルジュがお相手探しを全面的にサポートする方式です。

自分の希望を伝えれば、合う場所や時間などのセッティングは結婚相談所のスタッフが進めてくれます。お見合いの際には途中まで仲介人も一緒にいて、しばらくしたらその場を去るというスタイルが一般的です。

双方の意見を取り入れてマッチングしてもらえるので安心です。

仲介型のメリットは?

仲介型のメリットとしては、
・成婚から退会までサポートしてもらえる
・電話や面談などで相談ができる
・直感で惹かれた人も紹介してくれる
・精神的なサポートもしてもらえる
などが挙げられます。

ただし、プランによってサポート内容が異なるので、事前に確認しておきましょう。

仲介型が向いてるのはどんな人?

では、仲介型に向いているのはどんなタイプの人なのでしょう。仲介型がおすすめのタイプや入会前・後の注意点などもあわせてお話します。

○○タイプの方におすすめ

仲介型にピッタリなのはずばり、「自分から積極的に行動できない」タイプの方です。

このタイプは、恥ずかしい気持ちからなかなか自分から行動に移せない方と結婚相手選びの時間があまりない方の2パターンに分かれます。結婚相談所に登録したのになかなか婚活が進まず、仲介型がおすすめなタイプにあてはまる方はぜひ現在の婚活方法を見直してみましょう。

また、マイペースに婚活を進めたい方にもおすすめです。

入会前にしておくこと

仲介型に限らず、結婚相談所に入会する際には自分のプロフィールと相手に求める条件などを詳細に記入する必要があります。

具体的には年収や年齢、学歴、身長、喫煙有無など様々です。急にイメージすることが難しい項目もあるので、前もって必要な項目を確認しておくようにしましょう。

高過ぎる条件にしていたり妥協点が一切ない条件を挙げていると紹介してもらえる候補の数が減ってしまうこともあるので注意が必要です。相手に求める条件と妥協点も決めておくとスムーズに婚活を進めることができるでしょう。

また、自分が夢中になれる趣味などを持っておくこともおすすめです。

同じ趣味を持っているお相手であれば話が弾むきっかけにもなりますし、仕事が忙しくて会えなくても1人で趣味に没頭できるから寂しくないという方が好まれることもあるようです。

入会後に気をつけること

仲介型だからといって全て結婚相談所のスタッフに任せきりではいけません。

やはり「積極性」が婚活成功のカギになります。

少しでも不安であればコーディネーターに相談してみて、プロのアドバイスを活用しましょう。また、紹介してもらった方と積極的に会ってみることも大事です。写真や情報だけで決めつけずにまずは試しに会ってみるようにしましょう。

また、「焦らない」ことも婚活を成功させるには大切なポイントです。

年齢的に焦ってしまう方もいらっしゃるかと思いますが、結婚することばかり意識していると年収や学歴、職業など表面的な条件に目が行きがちになってしまいます。相手を不快にさせてしまう言動にも繋がることもあるので、婚活成功は見込めません。

最終目的は結婚ですが、その間には色んな出会いや体験ができる場所だという気持ちで行動してみましょう。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら