結婚相談所は最終手段?平均年齢からわかる婚活にベストな年齢

結婚相談所は最終手段?平均年齢からわかる婚活にベストな年齢

結婚相談所を利用している方の平均年齢をご存知ですか?
大まかに言うと30代後半くらいが平均年齢になるのですが、この年代は競争相手も多く、婚活も簡単にはいきません。活動を有利にするためには、自分磨きも大切ですが、早くからの婚活も大切なんです。

今回は、結婚相談所の平均年齢などのデータから、結婚相談所をいくつくらいから利用するのが良いのかをまとめました。結婚相談所について迷っている方や、20代の方はぜひご覧ください。

結婚相談所を利用している方の平均年齢

まずは、結婚相談所を利用している方にはどの年代が多いのかを見てみましょう。

日本結婚相談所連盟(IBJ)によると、会員数56,000名の内、35歳~39歳の登録者が一番多く13,689名でした。
次いで、40歳~44歳が12,589名、30歳~34歳が9,759名でした。

35歳~44歳が結婚相談所を利用している方の平均年齢のようです。
次は性別ごとに見ていきましょう。

男性会員のデータ

男性で一番多い年代は36歳~45歳です。次いで46歳~55歳の登録者が多いようです。

男性の初婚の平均年齢は30.9歳(2013年調査)なので、初婚平均年齢より高いことがわかります。
20代後半には仕事や生活も落ち着いて安定してくる時期なので、結婚を決める方が多いのかもしれません。

女性会員のデータ

女性で一番多い年代も36歳~45歳でした。次に多いのが20~35歳でした。

女性の方が早い段階から結婚相談所を利用しているようです。また会員の約8割は子どもを望んでいるというアンケート結果も出ていました。
女性の初婚の平均年齢は29.2歳で、出産平均年齢は30歳です。
結婚や出産を強く意識している方は、20代前半で結婚相談所を利用されることもあります。

婚活を有利に!平均年齢以下の婚活のススメ

20代で結婚相談所を利用するのは早すぎると思いますか?
実際結婚相談所に登録している平均年齢よりもかなり低くなりますが、「若さ」というのは婚活において有利に働きます。
若い内から結婚相談所を利用するとどういったメリットがあるのかご紹介します!

若い方は人気がある

結婚相談所において、若い方というのは人気があります。
特に若い女性は婚活男性から好まれる傾向があるようです。年収や職業がハイステイタスな男性は若い女性を希望する方も多く、申し込みをされることも多くなります。

また、男性にとっても20代からの利用は有利です。
女性は自分の年齢よりも相手の年齢が高いほど、経済力に期待をしてしまう方が多くなります。30代以上になると競争相手も増え、相手からの条件も厳しくなってくるので、若い内からのほうが条件や年齢に縛られることが少なくなります。

飲み会や合コンより効率が良い

若い間は飲み会や合コンの誘いも多いかもしれませんね。そういった場の出会いが結婚に繋がることもあるので、うまく利用している方もいるでしょう。

しかし、結婚を意識している方にとってはあまり効率的とは言えないのではないでしょうか。
付き合う相手を見つけることができても、結婚に繋がらないケースも多いです。相手が結婚を意識しているかどうかや、身元などの信憑性も確認するには時間がかかります。また、結婚までに数年かかる場合もあります。そうなると、結婚願望が強いと大切な時間がムダになってしまうこともありますよね。

そういったことを考えると、平均年齢以下である20代での結婚相談所の利用はとても効率的です。
結婚を意識した方しか登録しておらず、身元も入会時に保証されるので安心して活動することができます。結婚相手に条件がある場合(収入や職業、学歴など)は、ピンポイントでの活動も可能です。
また、費用面においても月に何回も合コンなどに参加することを考えると、結婚相談所も高すぎるというわけでもありません。

メリットを活かして、有意義な婚活を

年齢だけが大事というわけではありませんが、結婚願望が強い場合は「若さ」というのは武器になります。結婚相談所は結婚するための最終手段ではないので、合コンや飲み会などと同じように、選択肢のひとつに入れると出会いの幅を格段に広げることができますよ。

もし、あなたが結婚相談所利用者の平均年齢より年下の場合は、ぜひ検討してみてくださいね。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら