高まる離婚率!結婚相談所が担う役割とは?

高まる離婚率!結婚相談所が担う役割とは?

一昔前の日本では、一度結婚したら一生添い遂げることこそが正しいものであり美学であるという風に考えられていました。そのためなら日々の不満は我慢するべきだとも…。
そのため、離婚率は実に10組に1組という割合でした。

ところが、近年の日本では、夫婦の3組に1組が離婚すると言われています。
これは、時間に換算すると、約1分49秒に1組が離婚しているという衝撃の数字です…。

離婚率の高さは、結婚できない・しない人が増えていることに関係があるのでしょうか?また、結婚相談所はまた再び結婚したいという思いに応えることはできるのでしょうか?

圧倒的割合!若年層の離婚

離婚率が高いといっても、若い世代だけじゃないの?こんな風に思われている方、いらっしゃいませんか?
実際、最も離婚率が増加しているのは若年層であり、19歳以下の女性では約60%、20歳~24歳の女性でも40%を超えています。若いからこそ好きという気持ちで結婚した結果、長く続かなかった…ということが予想されます。

結婚相談所にも、若い頃に一度結婚に失敗しているので落ち着いて物事を考えられる今からまた再度結婚にトライしてみたい、というような再チャレンジ型の利用者様もいらっしゃいます。

激化中!熟年離婚

一方、最近では『熟年離婚』というワードも定着してきた通り、50歳~59歳の層の離婚率が著しく増加傾向にあります。
結婚生活が20年を超える夫婦においては圧倒的な割合で、妻から離婚を切り出すというパターンが多いというのです。
ここには、夫は外で働き、妻は家を守るといったようなかつて日本に根付いていた考えから抜け出せない夫に妻が愛想を尽かせた、もしくは残りの人生を自由にしたいと思うようになったという時代の変化がうかがえます。

こういった時代の変化に合わせ、結婚相談所にも『ミドル・シニア世代』に特化したプランが設けられています。

結婚相談所をうまく利用して離婚率を減少させる?!

好きで結婚したはずなのにいつしか心が離れ、離婚へと至ってしまう…。これは、気持ちだけで結婚してしまった場合によく見られます。離婚率増加の原因の一つですね。『好きだから大丈夫』この気持ちだけでは続けられない場合もあります。
結婚相談所を利用している方は、そのことを十分に理解している方が多いようです。なぜなら、結婚相談所は譲れない条件やこだわりを絞ってあてはまるお相手を選ぶことができるからです。

結婚とは長く続く生活です。目先の気持ちに流されず、時として冷静に向き合う時間も必要です。そのためはにある程度条件を絞ることも大切ではないでしょうか。
結婚相談所をうまく利用することで、結婚生活が長続きする相手を探すことが出るはずです。ここからは、結婚相談所を利用する際のコツについてお話します。

自分のライフスタイルをしっかりと伝えること

離婚率が上昇している原因は、『女性の社会進出』が最も大きいのではないでしょうか。
男性に頼らなくても自分の力で生きていける、もしくは結婚後は今までの仕事に加え、炊事・洗濯・子育てと女性一人に負担がかかり、それが原因となって離婚に至るケースも非常に多いようです。

最近では家事を分担する家庭も増えていますが、今まで通りの仕事量をこなせないことにストレスを感じる女性も多いのだそうです。

そのため、結婚相談所でお相手を探す段階で自分のライフスタイルを考慮することが重要です。
『家事をこなせる人』や、『共働きであることを十分に理解し、助け合うことができる人』といったような条件を提示することは、働く女性だけでなく男性にとっても必要です。すれ違いの生活では、離婚率も高まってしまいます。

カウンセラーの存在を生かし、自分と向き合うこと

結婚相談所のメリットの一つとして『自分と向き合えること』を挙げることができます。
会ったことのない相手に「この人、いいな。」と感じてもらうために、魅力的なプロフィール作りに加え、プロのカウンセラーによるコミュニケーションやファッション・メイクなどのアドバイスまで徹底的なサポートを受けることができます。

結婚相談所においてのカウンセラーとは、利用者様のパートナーであり分身だからです。
自分を第3者の目線からみてくれる人、そして正直に伝えてくれるので、相手にも自然と正直な自分を伝えることができます。それは、結婚後も維持されることが多いようです。

カウンセラーの助言やサポートを受けることで、自分と向き合うことができます。自分に向き合う余裕が生まれると自然と相手とも向き合えるようになります。結婚相談所で出会って結婚した夫婦は、お互いに自分のことを理解しているので、長続きしやすいのではないでしょうか。

結婚の終わりは離婚…を防ぐには

結婚には膨大なパワーを消費しますが、離婚となればその何倍、何十倍ものパワーを消費しストレスを蓄積させます。とはいえ、一緒にいることがストレスとなってしまうような相手と一緒に生活することを考えれば早いうちに…と考える人の増加が現在の離婚率に繋がっています。

結婚相談所で結婚した人は離婚しないかと聞かれればもちろんそうでない場合もあります。
ですが、日常での出会いとの違いや、特性を生かすことができれば離婚という悲しい終わりは防げるかもしれませんよ。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら