違いはある?結婚相談所で出会った夫婦とそうでない夫婦の離婚事情

違いはある?結婚相談所で出会った夫婦とそうでない夫婦の離婚事情

世の中にはたくさんの夫婦が存在しています。夫婦の形が1組1組違うのと同じで、夫婦の出会い方もそれぞれ異なっています。
その中でも最も多いのが恋愛結婚、その次に多いのが結婚相談所を通しての結婚ではないでしょうか。

全夫婦が結婚後も仲良く幸せに暮らすことができればよいのですが、中には結婚生活を送っていく中で、お互い価値観や意見の衝突があり離婚をせざるを得なくなる夫婦もいます。

そこで気になるのが恋愛結婚をした夫婦と結婚相談所で知り合った夫婦、どちらの方が離婚をする確率が高いのかということです。
そもそもどのくらいの割合で離婚が起きているのでしょうか。

ここでは、どのような原因で離婚に陥りやすいのかなどにも焦点を当てながら詳しく紹介をしていきます。

日本の夫婦の離婚率は?

結婚することも大切ですが、その後の結婚生活を続けていくことも重要ですよね。そこで気になるのが、世間一般の離婚率についてです。

近年の日本での離婚率は、全国仲人連合会によると30%とされています。これは、3組の夫婦のうち1組は離婚するといった確率です。3分に1組は離婚しているというニュースをテレビなどで聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

お互いに好意を持ち、生涯助け合い支え合いながら共に生きていくと誓ったはずなのに、どうしてこのように多くの夫婦が離婚を迎えてしまうのでしょうか。

離婚に至ってしまう原因は?

離婚をする原因は夫婦によってさまざまで、実に多くの理由が挙げられています。

中でも最も多いのが性格の不一致です。些細なことがきっかけで、お互いのイライラが募り最終的に離婚を迎えてしまったという夫婦もたくさんいます。
その他には、暴力や浪費癖、異性関係やモラルハラスメントなど、離婚の要因は夫婦によって多種多様です。
また、結婚は本人同士のことだけではなく家族同士のことでもあります。そのため、両親や親戚との関係が上手く築けなかったり不仲が原因で離婚に陥る場合もあります。

このように、出会うきっかけが恋愛でも結婚相談所でも離婚に至ってしまう理由や原因は夫婦によっていろいろなのです。

結婚相談所で出会った夫婦とそうでない夫婦、一体どちらの方が離婚する確率が高いの?

3組に1組が離婚するという衝撃の事実がわかったところで、次に気になるのがどのような出会い方をした夫婦に離婚が多いのかということです。

結婚相談所で出会った夫婦と恋愛がきっかけで結婚をした夫婦では、一体どちらの方が離婚率が高いのでしょうか?
一見すると、結婚相談所で出会った夫婦の方が離婚率が高いのではないかと思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。
あるデータによると、お見合い結婚より恋愛結婚のほうが離婚率が4倍も高いという結果が出ています。なぜ、恋愛結婚の方が離婚率が高いのでしょうか?

結婚相談所で出会った夫婦の方が離婚しにくい

恋愛結婚は恋愛中はお互いの良い所しか見れず、気持ちが常に高ぶっています。また、盛り上がった気持ちのまま結婚を迎えるので、結婚をどうしてもゴールに考えてしまいがちです。

一方で、結婚相談所で出会った夫婦は、お互いをしっかりと見極めながら相手を探します。冷静に相手を見て結婚相手にふさわしいのか判断をした上で結婚を迎えるので、結婚はゴールではなくスタートになるのです。

そのため、結婚相談所で出会った夫婦の方がお互いに冷静に相手を見極めているので離婚率が低くなります!

アドバイザーの後押しもある

さらに、結婚相談所にはプロのアドバイザーがいますよね。プロのアドバイザーが男女の間に立って、仲人役をしてくれます。

恋愛結婚では本人同士しか相手のことがわからないのですが、結婚相談所では本人同士以外にプロのアドバイザーの目があります。

相手との相性を考えたときに、中間的な立場の第3者の目があるのはとてもよいことです。本当に自分と相手が合っているのかを自分だけでなく第3者の目からも見極めてもらうことができます。

自分たちのことを客観的に見てもらえるので、結婚相談所で出会った夫婦の方が結婚後も長続きする場合が多いです。
離婚率はデータで、結婚相談所で出会ったからと言って離婚しないわけではありませんが、結婚相談所の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら