男女どちらが有利?結婚相談所での男女の割合について

男女どちらが有利?結婚相談所での男女の割合について

現在、結婚相談所への入会者数は増加しています。
その中で気になるのが男女の割合がどのようなものなのかというところではないでしょうか。

近年、男女共に初婚年齢も上がっており、男性女性問わず結婚しにくい時代になってきています。結婚相談所の割合がどちらに傾いてもおかしくない状況なのです。
ここでは、結婚相談所の男女比、割合から分かる背景や傾向などについてご紹介をしていきます。

結婚相談所の男女の割合は?

結婚相談所の男女の割合比は各結婚相談所や年代にもよりますが、大半のところで女性が6割に対して男性が4割を占めています。

男性よりも女性の方が多く登録をしている背景には、やはり「出産」があるようです。
女性には出産適齢期というものがあるため、その適齢期までに何とか理想の相手と出会って結婚をし出産がしたいということもあってより多くの女性が結婚相談所に入会をしています。

男女の割合を元に進める婚活

男性よりも女性の方が登録者数が多いということは、男性にとっては選択の幅が広がり有利だということに繋がります。
結婚相談所への入会にまだまだ消極的な男性も多いですが、女性にとっては男性の割合が低いという不利な状況は、逆に大きなメリットでもあります。

結婚相談所に登録をしている男性は、結婚に対して真剣で意欲的です。気持ちさえ合えばあっという間に成婚へと繋がることが多いです。選択の幅は男性に比べると狭くなりますが、意欲の面では男女どちらも同じなので婚活がしにくいということはありません。

男女比の割合とメリットをしっかりと押さえたうえで婚活に励むと良いでしょう。

結婚相談所での成婚率の割合について

結婚相談所に登録している男女比以外にも、成婚率の割合も入会の決め手には重要です。
会員の方の内一体どのくらいの割合の方が成婚へと繋がっているのでしょうか。

結婚相談所に入会をせずに合コンや友人の紹介などで出会った相手と成婚へとなる確率は、それほど高いものではないのが悲しい現実です。
しかし結婚相談所に入会をすれば、成婚率が上がるのでしょうか。それともそれほど変化がないのでしょうか。その答えによって、今後の婚活スタイルも変わってきますよね。

ここでは具体的な割合を確認しながら、今後どのようなモチベーションで婚活に励むのが良いのかなどについても紹介をしていきます。

成婚率の割合は約半数!

大手の結婚相談所が公表をしている登録会員数の成婚者の割合は、大半が5から4割程度とされています。
この割合から分かるように、会員の内の約半数程度の方が成婚していることになります。

ただしこの割合は曖昧で決して正確な数字ではありません。
中にはお付き合いをしている段階で退会をする会員もいたりするので、どうしても全会員の成婚状況を把握することはできません。そのため、正確な成婚率を把握できないことを理由に成婚率の割合を公表していない結婚相談所も多くあります。

しかし、公表している多くの結婚相談所は成婚率を約半数としています。

この割合は高いのか、それとも低いのか

約半数の登録会員の方が結婚相談所での出会いをきっかけに結婚相手を見つけ、成婚へと繋げています。

この割合を高いと受け取るか低いと受け取るかは人それぞれです。ただし、日常生活において出会った相手とこのような確率でうまくいくことはなかなか難しいのではないでしょうか。

結婚相談所でなら、出会いの幅は確実に広がります。婚活に対する意識も高くなるので、「理想通りじゃないから」と言って見逃していた出会いも大切にするようになるかもしれません。
「せっかく出会うことができたのだから」と、一つひとつの些細な出会いも大切にするようになった結果が、成婚率に繋がっているということも考えられます。

結婚相談所の利用を迷っている方は、ぜひ検討してみてください。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら