現状の生活に満足、だけどパートナーがいればより充実!~結婚相談所の利用~

現状の生活に満足、だけどパートナーがいればより充実!~結婚相談所の利用~

あなたは、結婚相談所にどのようなイメージを持っていますか?
一般的に、結婚相談所は、「モテない(魅力のない)人が最終手段として利用するもの」や、「結婚を焦っていると思われそう…」といったマイナスのイメージが多いです。ですが、結婚相談所を利用した人、そして見事運命のお相手と出会った人は「もっと早く入会すればよかった。」と口をそろえて言います。

現状に満足していない方こそ効果が期待できる場所それが結婚相談所ですが、結婚相談所を利用する理由や、実際の結婚相談所とはどういった方が活動されているのでしょうか。

結婚相談所を利用する理由

上記で、結婚相談所とは結婚できない方が利用するものといったイメージが強いとお伝えしましたが、実際はどうなのでしょうか?

最近の結婚相談所では、30代~の方が多く活動されていますが、「モテないから」という理由で入会を決意したわけではありません。
結婚相談所に入会する理由の多くは「結婚したい人が現れない」がダントツです。仕事や私生活は順調で現状の生活に満足しているけれど、将来のパートナーがほしいという理由で結婚相談所に入会される方が増えているのです。
中には現状に満足しているため周りの人に「相手を探している」と言いづらい場合や、職場や私生活とはかかわりのない場所で相手を探したいという思いを持っている方もいらっしゃるようです。

結婚相談所での活動内容について

結婚相談所といっても、日本国内にはさまざまな出会いの形を提供する結婚相談所が存在します。その中からどの結婚相談所を選ぶか?によって、活動内容は大きく異なります。

あなたに合った結婚相談所を選ぶためにはまず「結婚相談所に何を求めるか?」を考えてみてください。
例えば会員数が多いこと。多ければ多いほど出会いのチャンスは広がります。また、婚活のプロであるカウンセラーの力を借りたい、24時間場所を選ばず活動できるなどもあります。

システムに関しても仲介型が良いのか、データマッチング型が良いのか、どういった形を希望するのかによって結婚相談所にもそれぞれ得意分野があります。得意な形を選択した方がより確実な出会いに繋がると言えます。

現状として、多くの結婚相談所では「データマッチング型」を導入しています。カウンセラーの有無に関わらずまずは情報量を武器としている結婚相談所が多いのです。
時間・場所を選ばないデータ上での出会いに加え、カウンセラーによる仲介やイベント・パーティーなどへの参加で出会いのチャンスは格段にあがることが分かります。

「もっと早く入会すればよかった」と思う場所、それが結婚相談所です。

利用者の中には、結婚相談所での活動をスタートしてから現状の自分と向き合うことができたという声もあります。自分を知ることで相手と正面から向き合うことができるのでしょう。

結婚相談所は、出会いのスタートを切る場所です。そのため、あくまでも出会いの場所が結婚相談所というだけであって、出会ってからの交際は恋愛結婚となんらかわりはありません。結婚に至らない現状を打破するためにも一度、前向きに結婚相談所の利用を考えられてはいかがでしょうか?

きっとあなたも「もっと早く入会すればよかった」と思うはずです。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら