その優しさでいいの?女性が勘違いしている“やさしさ”5つ

その優しさでいいの?女性が勘違いしている“やさしさ”5つ

今までお付き合いしてきた中で、最初は頼もしくてしっかりしていた男性が、気がつけばガラリと変わってあなたに頼りきりになってしまったことはありませんか?

相手のことを思ってとる行動が、実は相手をダメ男にしてしまっているかもしれません。

今回は、女性が勘違いしがちな“やさしさ”について触れていきたいと思います。

1 お金を貸す

あなたが相手との結婚を本当に望んでいるのだとしたら、このやさしさだけは1番に避けるべきでしょう。
お金の使い方には知性が表れます。お金に対するルーズさは結婚して家庭を持ったからと言って直るわけではありません。

お金に困るような相手は結婚相手としてふさわしいかどうか、お金を出す前によく考えましょう。

2 何でも許す

相手が喜ぶならと思って何でも許してしまうと、相手はあなたになら何をしても大丈夫だと思ってしまいます。
はじめは小さな間違いでも、徐々に行動がエスカレートして行くのです。ウソを平気でついたり、あなたが悲しむようなことをしたり…。

全てを許してあげることが、相手を大切に思うことではないと心に留めておきましょう。

3 尽くしてしまう

相手の喜ぶ顔が見られるのならあれもこれもしてあげたいと思いがちですが、どんな時でも相手に尽くしてしまうとあなたに頼りきりになってしまいます。

自分では何もしない状態が定着してしまったら、結婚して子供ができた時にどうなるでしょうか?生まれたての赤ちゃんと大人になった赤ちゃんのお世話をしなくてはなりません。

4 相手に合わせる

相手の希望にばかり合わせていることはありませんか?相手の行きたいところへ行ったり、相手が食べたいものを食べたり…。

誰でも最初は相手のことを知りたいので、自分の希望よりも相手の希望を優先することがありますが、いつまでも相手の気持ちにばかり合わせていたら疲れてしまいます。 

5 すぐに手を差し伸べる

困っている姿を見るとつい助けたくなるのは、とても思いやりにあふれていると言えますが、相手が自分自身でできることまで助けの手を差し伸べてしまうと、だんだんあなた任せにする傾向が出てきます。

助けてもらって当たり前と思われるよりも、お互いが支え合える関係でいたいものですね。

いかがでしたか?

女性のやさしさはとても大切な要素ですが、結婚相手として相応しい男性でいてもらうためには一緒にいてお互いが楽しい気持ちでいつづけられることのほうが重要ではないでしょうか?

あなたの持つやさしさをお互いが尊重しあえることに活かせられるといいですね。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら