婚活疲れにご用心!次の出会いを求めるタイミングはいつ?

婚活疲れにご用心!次の出会いを求めるタイミングはいつ?

婚活をはじめたばかりの方に、知っておいていただきたいのは、ちまたで取り上げられる“婚活疲れ”。

いろいろな男性と顔を合わせる機会が増えるのは望ましいことですが、スムーズに事が運ばないこともしばしば…。そうして段々と人と会うのが疲れてきてしまうのが“婚活疲れ”というものです。

そこで今回は、めぐり会ってはみたもののなかなか前進しない相手の思いや、次の出会いを求める際のタイミングについてご紹介します。

望んでいるのは恋愛?それとも結婚?

出会った相手がとても気になる。何度か会ううちにその思いはどんどん強くなり、いつの間にか相手が自分のことをどう思っているのか不安になって…。

というのは、女性なら誰しも一度は思うもの。恋愛の初期段階の時ほどその気持ちは強く、「私のこと、好きなのかな?」と気にならずにはいられなくなります。

出会った相手と恋愛をしたいのであればかなり重要なポイントになりますが、あなたが望んでいるのが結婚であるならばあまり気にすべきではありません。

結婚生活は長いのです。恋愛モードは結婚してからでも全く遅くはありません。

男性が常に感じているもの

そもそも、女性が「好き」だといってもらいたいのはどうしてなのでしょう?
男性は言葉巧みじゃなくとも、女性に「好き」だと言わないのはなぜなのでしょう?

女性が気になる相手との距離を感じているときは、気持ちを言葉で表現してもらえないと、とても不安になります。簡単な「好き」という、ひとことだけでもいいから相手に言って欲しいと思うのです。

反面、男性にとって「好き」という言葉は決して簡単なものではなく、いろいろな意味がその言葉のなかに込められているため、とても軽々しく口にできるものではないと思っているのです。

男性は女性よりも、ある意味で責任感が強いところがあります。仕事での自分の責任を常に感じている人も多く、結婚の適齢期を迎えているような男性なら、なおのこと“プレッシャー”を感じるのです。

そのため、「好き」という気持ちを伝えるのは責任重大と言えるのです。

心にゆとりを持ちましょう

出会った相手がすごく理想のタイプで、ほかにはいないと思える人でもなければ、いつまでも相手の気持ちを聞きだすことに時間をかけるのはやめましょう。

あなたとの結婚を望んでいる人であれば、自分の気持ちは早々に伝えてくるでしょうから、待つことはあまりないハズです。

たとえ待ってみたいと思ったとしても、なかなか気持ちを伝えてこないようであれば、次の相手を求めたほうが懸命です。時間には限りがあります。焦ることなく心にゆとりを持ちつつ、あなたを待つ運命の相手との出会いに向けてみてはいかがでしょうか?

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら