友人からの紹介でパートナーをつくる方法

友人からの紹介でパートナーをつくる方法

婚活女子にとって、出会いの場を作る時、合コンや婚活パーティーを思い浮かべますよね。

ここで、もう一つ候補に入れて欲しいものがあります。それは「友人からの紹介」です。婚活中は、できるだけ受け身にならず自分が動く行動力が必要です。

友人にどうやって頼む?

友人に「誰か紹介して欲しい」と、頼むのは、ドキドキしますよね。
ただ、単純にお願いするだけでは、「本気」なのか、相手もわからずに、その場で聞き流されてしまう可能性もあります。

なので、本当に結婚をしたいことを知ってもらうためにも、「期限」を決めて伝えてみましょう。

例えば、「●●までに結婚をしたいと決めているので、誰かいい人がいたら紹介してください。」と、率直に伝えるのはいいですね。

細かな条件ではなく期限を設けることで、「本当に結婚したいんだな」と相手に伝わり、紹介されやすくなります。友人から紹介をしてもらうために、あなたが意識した方がいいことを伝えます。

①女性らしさを磨く

紹介の場合、初めての人と会うので、「外見」「印象」「雰囲気」が大切になります。初対面の場合、あなたの内面よりも、見た目の印象が判断基準になりますから、女性らしさを感じられる装いをすることをお勧めします。

紹介者からしても、堂々と相手に紹介できるように、普段から身なりに気をつけておきましょう。

②友人関係を大切に

友人関係を普段から大切にしておきましょう。いい人を紹介して欲しい時だけ、連絡せずに、何もなくても「気になったから」と、連絡するのもいいですね。

日々のコミュニケーションが、友人との心の絆になります。その分、友人もあなたを応援するはずですから、面倒くさがらずに関係を楽しんでください。

誰に紹介してもらうのがいい?

ここで、どんな人に紹介を頼めばいいのかお伝えします。

それは、「男友達」です。特に、既婚者やパートナーがいる人がお勧めです。

パートナーがいる友人の場合は、現実的な目線で紹介をしてくれますから、頼りになります。そして、あなたを全面に応援してくれるでしょうから思い切って頼んでみてください。

友人からの紹介は、パートナーを得られる率がかなり高めです。
合コンや婚活パーティーに出ずに、パートナーに出会える可能性もありますから、ぜひ友人にお願いしてみましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら