あなたは大丈夫?婚活疲れに陥りやすいのはこんな人!

あなたは大丈夫?婚活疲れに陥りやすいのはこんな人!

「落ち込んだときは休むし、つらいことは考えないようにしてるから大丈夫。疲れがたまったらパーッと遊んで発散すればいいんでしょ?」
そうなんです。ストレスがたまったらきちんと発散できていれば問題ないですよね。

でも、ちょっと待ってください!
遊んだからといってストレスが発散されているとは限らないのです。つらいことと向き合わなかったり、私は大丈夫だと思い込んでいると、気が付いた時には回復が難しいぐらい心が傷ついてしまっているかもしれません。

自分なりの方法では、最初は対処できてもストレスが増えていくにつれ限界がきます。今回は、自分の思考パターンを知ることで、婚活疲れに強くなる方法をお伝えします。

自分の心を守るための機能とは?

今まで、イヤなことがあった時に、どのように対処してきましたか?
カラオケや映画鑑賞などの行動というよりは、傷ついた心への折り合いの付け方です。

人間は、誰でも無意識に自分の心を守るための働きである“防衛機制”を持っています。大きなストレスが降りかかった時に、この機能がうまく働かないと、精神的に追い込まれてしまいます。防衛機制には、つらいことを考えないでおこうとする“抑圧”タイプ、自分を正当化しようとする“合理化”タイプなど、さまざまなタイプがあります。

それでは、あなたの防衛機制と思考パターンをチェックしてみましょう。

こんな人は気を付けて!あなたの思考タイプは?

もしあなたが失恋したらどう感じますか?

「相手の見る目がなかった」       「よく考えたらそんなに好きじゃなかった」
「相手は結婚後に豹変するタイプだからこれで良かった」
「他のことに打ち込んで早く忘れよう」  「タイミングが合わなかっただけ、次がんばろう」
「私のあの言動が悪かったのかも」    「私に魅力がなかったのかな」

最後の2つを選んだ人は、防衛機制が働いていない可能性があります。
うまくいかない時の思考パターンが全てこのタイプの人は自分に非があると捉えられる謙虚な人ですが、自分を責めてしまいがちですので、さまざまなストレスにも弱くなります。

自分のパターンを知って不安になった人も、ある能力を鍛えれば大丈夫です!

その能力って?

それは、自分で自分の感情をコントロールする能力です。

婚活に疲れてしまう原因はさまざまですが、最も深刻なのは自分を責め続けてしまうタイプの人です。うまくいかなかった場合、相手のせいにすることが良いわけではないですが、結婚に結びつかない原因を全て自分の責任だと捉えてしまうと、自己嫌悪に陥り、自信喪失や無気力にもつながりかねません。

出逢いや結婚は運やタイミングの影響もあります。今回はご縁がなかったのだと切り替えられる強さも大切です。切り替えられる能力、つまり自分で自分の感情をコントロールする能力です。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら