婚活に必須!角が立たない断り方

婚活に必須!角が立たない断り方

婚活を有利に進めるにはやはり出会い(チャンス)の数がモノを言います。なぜなら多くの男性と出会うことで、必然的に好みの男性と出会える可能性は格段に高くなるからです。

しかし出会いの数が増えれば増えるほど、ちょっとご遠慮いただきたい男性とも出会ってしまうのは仕方がないことです。無用なトラブルは避け、自分の身を守る術として、タイプではない男性に対して角が立たないようにやんわりとお断りする方法を身につけておきましょう。

どっちつかずは相手に失礼

もしも婚活中に「この人はちょっと…」という男性に出会ったら、やんわりとしかしきっぱりと断るようにしましょう。どっちつかずのあいまいな態度でズルズルと引き延ばしてしまうと、相手に気を持たせてしまうことになり、失礼です。相手も婚活中なら尚更早めに対処する必要があります。

気がないのなら気がないと、きちんと早めに伝えることで余計なトラブルは防ぎまましょう。

相手のプライドを傷つけない

お断りする際に気を付けていただきたいことがあります。それは、決して相手のプライドを傷つけるようなことを言わないということです。
こちらに気がないのにしつこくされたりすると感情的になることもありますが、きつい口調で男性の欠点を指摘するなどということは絶対にしないでください。逆恨みされ、ストーカー行為でもされてしまっては婚活どころではありません!

相手の気に入らないところをあげつらったところで何の解決にもならないということを、しっかりと心に留めておいてくださいね。

誠実に、丁寧に伝えましょう

数多くの女性の中からあなたに興味を持ち好意を示してくれたのですから、まずは相手の男性に対して感謝の気持ちを表現しましょう。その上で、気持ちに応えることはできないという自分の気持ちを誠実に伝えましょう。

うまく表現できなくても、あなた自身の言葉で丁寧に伝えることができたらきっと上手に断れるはずです。

忘れてはいけないこと

常に念頭に置いておいてほしいのは「自分がされて嫌なことは相手も嫌」ということです。これは婚活中でなくても言えることですよね。

お断りする際に、「自分がされたら(言われたら)どうだろう?」と冷静に考えることができたら、おのずと答えは見えてくるでしょう。

誠実にお断りすることができれば、あなたにはまた新しい出会いが待っています。
次こそぴったりのお相手がみつかるといいですね。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら