お酒が苦手な男性とのデートで気を付けたい4つのポイント

お酒が苦手な男性とのデートで気を付けたい4つのポイント

最近は男性でもお酒が苦手という方が意外と多くいらっしゃいます。女性のほうがお酒が好きな場合、ストレスが溜まってしまうかもしれません。

しかし「それでも彼が好き!」という方のために、デートのポイントを4つご紹介します。ポイントを押さえながらデートを楽しんでくださいね。

1.食事は居酒屋ではなく定食屋で

お酒が飲めない男性は居酒屋に行っても楽しめないことが多いです。食事をするときには居酒屋よりも、おいしいものを食べることに集中できる定食屋さんに入るようにしましょう。

2.だらだらとお酒を飲まない

上の1が前提ですが、流れでどうしても居酒屋に行くことなるかもしれません。そういうときはこのポイントをしっかり守ってください。

男性、女性に関係なくお酒が苦手な場合、相手にだらだら飲まれていては退屈と感じる人がほとんどです。お酒が苦手であっても、接待慣れしていて烏龍茶だけで場の雰囲気を楽しめるという人もいらっしゃいますが、やはり好ましくはないでしょう。

お酒が好きな女性なら1時間くらいでサッと切り上げるようにしたいものです。

3.ひと口くらいはお酒を勧めてみる

男性の体質にもよりますが、多少は飲めるという男性にはひと口くらい勧めてみましょう。ほろ酔いになってくれたらしめたものです。

言うまでもなく、無理強いは禁物です。

4.料理がおいしいお店をリサーチしておく

それでもお酒に興味を示さない男性であれば、わりと美食家であるかもしれません。

人は食べることか飲むことで本能的に満足感を得る生きもの(自律神経がそういう傾向を有している)だそうです。ですから、飲めない彼の先回りをしておいしいお店をたくさん知っていると、きっと楽しい時間をすごせるでしょう。

思いやりが大切

自分の好み、嗜好を相手に押し付けないというのはお酒に限らずいえることだと思います。自分と相手は違う人間なので、一緒にいればいろんな場面で相手に合わせることが必要になるでしょう。相手に合わせるばかりでなく、ときには自分に合わせてもらうことだってあるはずです。

要はお互いが思いやること、それが大事なのではないでしょうか。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら