「婚活疲れ」していませんか?心理学を利用してストレス軽減!

「婚活疲れ」していませんか?心理学を利用してストレス軽減!

婚活の長期化は時間的、金銭的にはもちろん体力的にも精神的にもどんどん疲れてしまいます。これが「婚活疲れ」です。

どうにかして早めに婚活を卒業し、たまりつつあるストレスを解消したいという場合に使える恋愛心理学テクニックをご紹介します。

別れを乗り切るコツは「ランチョン・テクニック」

ちょっとお友だちになっただけで終わりそう、あるいはセッティングはしてもらったけどどうにもお断りの訪れを察知しているという場合なら、「連合の原理」を利用した「ランチョン・テクニック」で切り抜けましょう。

連合の原理とは、良いものを提供してくれる人には好感を持つなど、「2つの対象がお互いに結びついていると錯覚する」という脳の働きを指します。また、ランチョン・テクニックとは人はおいしいものを食べるときには争いを避け、一緒に食べている人に好感を持つというものです。

つまり、軽い気持ちでご飯に誘って楽しい会話がはずめば、自然にあなたの好感度が上がっていくということなのです。

強調をアピールして好感度UP!

簡単に言うと「似ていることが多いと好感度が上がる」というもので、アメリカの心理学者バーンの研究によってわかりました。
そうなる理由は、相手からの同意を得やすいことや無用な衝突が避けられることなどが挙げられます。

ですから、要所要所で相手に同調し好感を得ておきましょう。結果成就しなくても相手に合わせていただけですから、ダメージもあまりありません。

ゴールインのチャンスは「ロミオとジュリエット効果」

いわゆる「禁断の恋」というものです。アメリカの心理学者ドリスコールの研究ではカップル間に何らかの障害がある方が互いの結びつきが強い傾向にあることが分かったそうです。

両親の反対などこのロミオとジュリエット効果が使える場合は、逆にゴールインのチャンスかもしれません。

凸凹カップルがうまくいく

性格が相反する者同士はお互いを補うことが可能で、それを相補性があるといいます。こちらもアメリカの心理学者ウィンチの研究によれば、亭主関白に従順な妻というような支配性の差があるとカップルとしてうまくいくという結果が見られたということです。

逆もまた然り、あなたがカカア天下タイプなら草食系男子が狙い目と言えるでしょう。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら