心理テクニックを利用して、婚活を有利に進めよう!

心理テクニックを利用して、婚活を有利に進めよう!

婚活という場において「いかに相手に好意を持たれるか」が大きなカギとなります。有利に婚活を進めるにあたって、心理テクニックは非常に有効な手段であると言えます。

実践しているいないで大きく結果が変わりますよ。ぜひ明日から実行してみてください。

3回の対面で自分の評価が決まる!?

婚活中の方にはぜひ覚えておいていただきたいのが「スリーセット理論」です。
これは、初対面を含む3回の対面のうちに相手からの評価が決まってしまう、というものです。

1回目の対面は第一印象の形成、次は第一印象が正しいか再判定を行います。そして3回目の対面で印象を確認するのです。

ですから、気になる相手へのアプローチは3回目までが勝負と思ってくださいね。

第一印象が大切です

先のスリーセット理論で3回目までが勝負とお話ししました。しかし3回目は「確認」です。2回目の判定は第一印象が根本にあるため、とにかく第一印象が大事なのです。

そしてその第一印象は出会ってから約6秒間のうちに決まってしまうと言われています。これを心理学の言葉で「初頭効果」と言います。

たった6秒では何もできないと思われるかもしれません。しかし、対策はあります。人は相手の容姿はもちろん、表情やファッション、体型や姿勢、話し方や声色などを総合的に判断して評価していますので、これらを意識し準備しておけばいいのです。

ラベリングで彼を「理想の相手」に近づける

自分が相手に好意を持たれる目的以外のテクニックもひとつご紹介しておきますね。

心理学の用語に「ラベリング理論」というものがあります。ラベリングとは簡単に言えば「レッテルを貼る]ことです。普通「レッテルを貼る」というと、マイナスイメージが強いですが、ここではプラスの方向に利用します。

普段はしてくれないのにたまたま荷物を持ってくれた彼に「ありがとう、○○くんってやさしいんだね」などということで、彼自身に「自分はやさしい」というイメージを与えるのです。

「やさしい人」というラベリングをされ、周囲からもそのように扱われることで、彼はよりやさしい人になっていくでしょう。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら