婚活がなかなか進展しないときの打開策!3パターン

婚活がなかなか進展しないときの打開策!3パターン

婚活はしようと思えばいつでもできますが、恋は違います。しようと思ってできるものではありません。しかし、結婚という「結果」にたどり着くためには、恋という「過程」が必要不可欠なのです。

では、なかなか恋ができない場合は一体どうしたらいいのでしょうか。

恋のアンテナを張る

婚活を始めたいけれど、恋なんて久しぶりで何をどうしていいかわからないという方は、まずは自分が恋のチャンスをキャッチできるように準備しましょう。友人や同僚の恋バナをしっかり聞いて、自分を「恋愛モード」に切り替えてください。

恋バナを聞いて、「恋したい!」という気持ちで常にいるようにすれば、意外と近くにチャンスが転がっているかもしれません。

打算的な恋は、もはや恋ではない!

年収などの条件が合わず、なかなかいいお相手に巡り会えずに恋ができないという方の話をよく聞きます。そういう方は、年収など関係なかった学生時代のことを思い出してみてください。

損得勘定しながら相手を見ているうちは、恋などできません。もちろん年収が高いに越したことはありませんが、結婚はそれだけではないということです。

条件を気にしすぎて、素敵な男性の横を素通りしているかもしれません。絶対に譲れない条件以外はこまめに見直しを行い、選択の幅を狭めないようにすることが必要です。

自分を追い込んでみる

それでも自分の意識を変えられない、という方はご自分の数十年後を想像してみてください。
もしこのままシングルであれば、どういう生活が待っていると思いますか。

ある政府筋の調査では、シングル女性の半数は老後「貧困層」になってしまうんだそうです。つまり、年金を含む年収が300万円以下ということになります。

日本という国は既婚者には親切ですが、シングルにはそうではないと言えるでしょう。

このコラムを読んで、自分の意識を変えなければ、と少しでも感じていただければ幸いです。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら