態度は語る?モテない行動していませんか?

態度は語る?モテない行動していませんか?

自他共に認める「意識高い系女子」のはずなのになぜかモテない、なんて女性周りにいませんか?または、当てはまるかも?と思った女性は要注意です。

そんなあなたはもしかしたら男性から「結婚したくない女子」に思われているかもしれません!

そう思われないように日ごろから気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。

気付けば誰かのことばかり

純粋に誰かを尊敬するような話であればいいのですが、気が付いたら誰かの悪口や陰口を言っていることありませんか?
この質問に、「そんなことない!」と思う方も多いかもしれませんが、油断は禁物です。
これ、実は無自覚でしている人の方が多いのです。

人は誰かを落として自分を高く見せたいと思う生き物でもあるので、悪く言っているつもりはないけど聞き手側には悪口に聞こえていることもあります。私は大丈夫なんて思わずに、日ごろから注意しておいて損はないですよ。

話し方一つで変わる印象

語尾の印象は相手に自分が思っている以上の印象を与えていることがあるのをご存知ですか?

例えば、職場で語尾を伸ばす人はいませんか?上司に対して「○○なのでー、どうしましょうかー。」話しているのを聞くと、周りになんだかやる気のない印象を与えます。

このことは語尾に「否定形」や「断定形」を使っている人にも言えます。

「それはよくないです」「ありえないと思います」が口癖の人は、自分では「物事をはっきりいう性格」と考えている人が多いですが、「なんで上から物を言ってくるんだろう」「性格のきつい人」と男性から思われている可能性が高いのです。

バブルはもう終わっていますよ?

男性に奢ってもらうのが当然と思っている人は、その考えが態度に出ています。
ごちそうしてもらうということは男性を立てることだと思う方もいるかもしれませんが、それは決して「当たり前」ではないのです。

その男性が一生懸命働いて稼いだお金で、あなたにおいしい食事と楽しいひと時をプレゼントしてくれているのですから、ごちそうしてもらったときは「ありがとうございます」と心のこもったお礼の言える女性でいることが大切。

そう思っていないような女性には男性は嫌悪感しか抱かず、気が付いたら誘ってもらえない女性になってしまいますよ。

お話上手よりも聞き上手が婚活ではベター

初めてあったお相手と、どんな話をしたらいいか。

毎度のことながら、悩む方は多いのではないでしょうか。
私はおしゃべりだから、会話は大丈夫なんて思っている方、本当に大丈夫ですか?

そのお話の内容を見てみたときに、8割方自分の話をしている人は注意が必要です。
自分が自分がと話を続ける人は自己顕示欲が強い傾向にあります。自分を知ってもらいたい、分かってもらいたいという様子は、話を聞かされている側からすると「自己中心的な人」という印象を与えかねないのです。

自分のことを知ってもらうためにも、まずは相手を知ると努力しましょう。聞き上手は相手に「あなたのことも知りたい」と思わせる、最大の武器にもなりますよ。

自分のことは意外とわかっていないものですよね。
一度、自分の言動を見直すことが婚活への第一歩かもしれません。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら