陶芸スクールでアプローチ!男性が思わずキュンするテクニック

陶芸スクールでアプローチ!男性が思わずキュンするテクニック

ブームの火付け役は大概女性ですが、最近はそのブームに乗っかる男性が増えてきたように思われます。
陶芸ブームもその一つ。今や男女関係なく人気の習い事になっています。

汚れやすい環境のため、なかなかオシャレなどもしにくい環境ではありますが、だからこそちょっとした努力が光る状況でもあります。

同じ趣味を持つ男性といい感じになれたら素敵ですよね。
そこで今回は陶芸男子へアプローチするときに使えるテクニックをご紹介します。

汚れててもいい「オシャレ」な服をチョイス

ところで、陶芸を行う際の服装を決めるとき、「汚れてもいい服装」の基準だけで服装を選んでいませんか。
『もちろん。』なんて答えていては、素敵な出会いを遠ざけているかもしれませんよ。

味気のないトレーナーにエプロンをつけていては周りの女性となんら変わりありません。こういう時こそ、服装には気を付けなければいけません。
もちろん汚れて困る服を着ることは難しいですが、汚れにくいデザインの洋服でも可愛いものはたくさんあります。

例えばノースリーブにカーディガンなんて服装であれば、手元の汚れを気にする必要なく、作業を行いつつも、オシャレ感を出すことが可能です。

真剣な眼差しに映えるチラリズム

手元に集中、女性の真剣な表情を好きな男性って結構いるようですが、陶芸の場合、さらなるオプションを付けることが可能です。

ココで重要なのは前にも述べた服のチョイスが大きく影響してきます。服を選ぶ基準の中に少しセクシーに見えるものを選ぶとベター。

なぜならあなたが真剣に作業をしているとき、ろくろを回すその姿は中腰の状態です。ふと視線を外すと、エプロンの間からチラッと見え隠れするもの。それは男性にとって気にせずにはいられないドキドキ感を与えるでしょう。

指先まで行き届くケアが男性を惹きつける

ろくろを回しているとき、自然と目につくのが指先ですよね。
きちんとした手入れをされている指先はそれだけでも色っぽさを感じさせます。

すみずみまで行き届いたケアは、男性に「触れてみたい」という衝動を感じさせる第一歩なのです。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら