素敵な結婚生活をスタートしたい女性へ!離婚を避ける3つの注意

素敵な結婚生活をスタートしたい女性へ!離婚を避ける3つの注意

男性が離婚を考える理由に、奥さんが「食事を作らない、不味い」「自分の両親や親戚と不仲」「喧嘩が増えてしまった」「スキンシップが減った」などが挙げられます。もしかして…そんな心当たりありませんか?

旦那さまに離婚を切り出されないためにも「男性が離婚を考えるきっかけ」を知り、自己分析していきましょう。あなたが婚活中であれば、将来そうならないように心構えを正していく必要があります。そうすれば自然と幸せな家庭を築いていけます。

食の好みがまったく合わない

人間の三大欲求に「食欲」があります。結婚前から直後までは、彼も「美味しい」と言ってくれるでしょうし、あなたも彼好みの味付けに合わせるでしょう。しかし、それぞれ育った家庭の味というものがあります。毎日の生活の中で「ちょっと味が濃い」「実はこれ苦手なんだよな」といった些細な不満が蓄積していって、仲違いの原因に発展していきます。

あなたが専業主婦になる場合だと、日々の食事は全て任される形になるでしょう。あなた好みの味付けと料理のレパートリーでは、仕事を終えて疲れた旦那さまは精神的にまいってしまうかもしれません。あなたも、せっかく作った料理に塩やソースをこれみよがしにかけられたら不快に思うはずです。

あなたが夜の営みに応じない

続いて「性欲」が挙げられます。男性は女性よりも性欲が強い生き物ですから、旦那さまの気持ちに応じない日々が続いてしまうと、男性はおのずと風俗に通ってしまったり、よそで愛人を作ってしまう…なんてことも。

女性にとっての性行為とは、妊娠の危険性やホルモンバランスの乱れなど、体の体調に直結してしまうことが多いです。気乗りしない日は無理をしなくても良いですが、応じないままでいると法的にも妻のほうに非があると責められるケースもあります。

日本人の平均的な回数は、月に一度というアンケート結果もあり、数字にしてみると少なく感じますね。あなたが自発的に気分を高める必要がありますし(逆に旦那さまが疲れている場合もあるので適切に)旦那さまも応じやすいムードを作るなど、お互いに良く話し合うことを怠ってはいけません。

あなたが神経質になり、何かと口をはさむ

もしかしたら若年性更年期障害だったり、ホルモンバランスの乱れがあるのかもしれません。PMS(月経前症候群)の女性も多くなってきています。

生理前のイライラや体調不良、精神的な乱れがあると、旦那さまのことなんて気にかけてる余裕ないですよね。これらを理解してくれる男性というのも希です。ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えていくと、旦那さまにキツくあたりちらし口汚くなっていきます。そうすると悪循環から抜けにくくなっていきます。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら