男性の本音から紐解く~結婚を意識させプロポーズへ導くプロセス~

男性の本音から紐解く~結婚を意識させプロポーズへ導くプロセス~

「今すぐ結婚!」と簡単にできたら良いですよね。しかし色々なしがらみがあって、すぐには決断できないもの。しかし長い間付き合っていると、やはり結婚を意識しますよね。彼女も不安でやきもきしているはず。

彼女から結婚を切り出してきたら、男は何も考えずに即座に「YES!」そんな潔い生き方をしてみたいですね。

若者にありがちな悩み

女性は自分の体のことや出産などを考えて"結婚適齢期"を意識しています。逆に男性はなかなか将来設計ができないようです。彼女がキャリアウーマンの場合、「プロポーズしたら彼女の夢を奪ってしまうかもしれない」「彼女と子供を養っていける自信がまだない」なんてネガティブ思考に陥ってしまうことも。

婚期を延ばしてしまう典型的例に「縛られるのはイヤだ」「趣味に没頭していたい」「親戚付き合いが面倒臭そう」といったものが多いです。ですが、無駄に歳を食って焦りを感じてから動き出されては困ってしまいますね。

結婚を保留されないためにも得意分野を磨き、それとなくアピールしていきましょう。

実は彼女の猛アタックにウンザリしている!?

結婚を保留にして女性を泣かせた男性は数知れず。あなたも内心、将来が不安だと泣いてしまいたいことでしょう。しかし彼のことを「ヒドイ男!」なんて思ってはいけません。

ウンザリしている反面、彼もこの先どうすれば良いのかなと悩んでいることもあります。あなたが口癖のように「何歳までには結婚したい」「早いうちに出産したい」と泣きついてばかりいると、彼にもその不安が伝染してしまいます。

誰しも未経験なことは怖いです。彼の不安な気持ちを払拭してあげるには「あなたと一緒なら毎日楽しいだろうな」ということを、素直にアピールしてあげることです。

周りに流されてプロポーズしてしまう

あなたの泣き顔を見て、何度も結婚の話をされているうちに「幸せにしてあげなきゃ」という使命感にかられてしまうこともあるようです。

テレビ番組やネットのニュース記事などを見ていて、プロポーズについて特集されていたら「これだ!」と行動に出るなんてことも微粒子レベルで存在しているんですよね、これが。
じわじわと流行りつつある、フラッシュモブやシンデレラ城前でのプロポーズをされたら「素敵!」とただ喜ぶよりも、困惑が先に出てくるかもしれません。

しかし、時には勢いに頼るのが必要だったりします。どんなプロポーズも受け止める準備と「待ってるよ」と穏やかな雰囲気を日々演出してあげてください。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら