タイプの人を見つけたら!婚活で使える心理学テクニック7選

タイプの人を見つけたら!婚活で使える心理学テクニック7選

様々なところで得た恋愛テクニックを使おうとしても、実際うまく使えない…なんてことはありませんか?
ここでは、さりげなく使える心理学や恋愛テクニックをご紹介します。

やっぱり見た目も大切!…ですが。

1.第一印象で良く見せよう

「人は見た目が9割」という本も流行りましたが、それはある意味間違っています。
見た目の上で大切なのはやっぱり清潔感!私たちが男性を見たときに感じる「清潔・不潔」な印象ははもちろん男性も感じているんですよ。

意中の相手に特に印象付けたいなら、相手の好きなファッション雑誌をチェックするのも良いでしょう。彼がその雑誌に載っている女性モデルを好きな可能性があるので、友人などに聞いて、好みのタイプを確認するのもベタですが有効な手段です。

2.ファッション雑誌を参考にしたら…

人は自分と似ている存在に惹かれる可能性が高いです。少しでもいいなと思う男性と自分とが共通点があれば嬉しいですよね。

それはもちろん彼だって同じ。彼の好きなファッション雑誌に載っているモデルのような服装をすれば、「この子もこういうファッションが好きなのかな?」と親近感を持ってくれるはずです。

これを心理学用語で「類似性の要因」と言います。

3.できるだけ目につくような場所に行ってみよう!

顔なじみの人ほど親近感がわく…そんな風に思ったことははないですか?
めったに合わない人よりは、たまに会う人の方が話しかけやすい。それを心理学的には「ザイオンス効果」というそうです。

これを利用すると、「あれ、あの子よく見かけるな。」と意識してくれるかもしれません。第一印象が悪かったらそのまま悪いイメージのままになってしまいますが、良い印象を持ってくれていたらどんどん印象が良くなっていきます。

ですので、常日頃から身だしなみには気を付けておきましょう!

4.「男性の弱さ」を受け入れよう

「競争社会」の中で強くなきゃいけないと思っている男性も多いもの。
だからこそ、弱音を吐ける環境に弱いんです。絶対的に自分の味方である女性がいれば、男性も自信が持てるはず!
「私はあなたの味方だよ」とアピールすることで、代わりのいない存在だと気付いてくれるでしょう。

5.お互いさらけだそう

「男性の弱さ」だけでなく、「自分の弱さ」を見せることもかなり重要です。これを心理学用語で「両面提示」といいます。

自分が相手にとって特別な存在であることは嬉しいですよね。弱さを見せてくれる=自分は特別だと思ってくれるんですよ。

6.徐々にわがままを言ってみる
もちろん度が過ぎたわがままは一気に恋愛感情を冷めさせてしまいます。
しかし、「手がかかる子ほどかわいい」と言われるのも事実ですよね。手間ひまかけたものほど愛着がわく。このことを「サンクコスト効果」と言います。

「明日出張だからメールで起こしてほしいな」というささやかなお願いが、相手の気持ちに入り込んでいくのです。

7.希少価値をアピールする

手に入りにくく感じると欲しくなるのが人間のサガ。これを「希少性の原理」と言います。
恋愛に置き換えるなら「あなた以外にも男性はいるのよ」といったところでしょうか。もしかすると焦って告白してくれるかもしれません。

このように様々な恋愛テクニックがありますが、組み合わせることで効果は倍増します。
身だしなみに気をつけながら、ほどよく使用していきましょう!

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら