意中の男性と親密になるために!ショートメールを活用しよう

意中の男性と親密になるために!ショートメールを活用しよう

婚活や合コンに行って好みの異性に出会うことができれば、次はその彼にどのようにアプローチすればいいのかが悩みどころですよね。

今はメールというとても手軽で身近なものがあります。
そのため、この方法を使って自分のことをアピールしつつ相手のことを知り、愛を育んでいくという方が大半なのではないでしょうか。

それでは、そのメールを使ってどうすれば片思い中の彼のハートを射止めることができるのか。
ここでは具体例をあげながらわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

まず始めはライトなショートメールから

出会って間もないときは、ぜひライトなショートメールから初めてみてください。
まだ相手のことも知らない、自分のことも知ってもらえていない、ということから気持ちが焦ってはいませんか?出会ってすぐの質問責めのメールや深刻な悩み相談をする方がいるようですがこれは男性にとっては負担でしかないのです。

はじめのころは、1日の終わりに「今日もお仕事お疲れ様!暑かったね~」などと、あっさりとした短めのメールを送りましょう。

女性よりもメールが苦手な男性ですから、このような簡単なメールだと返信もしやすく、なおかつ仕事終わりを労ってもらって素直にうれしいと感じるのです。
相手が返信しやすい内容を選んでメールをすることで、徐々に彼との距離は縮まっていき充実した内容のあるメールへと進化していきます。

回を重ねていったら…

このようにして少しずつではあってもメールの回数を重ねていくと、相手との距離は確実に縮まっていきます。
少し距離が縮まったなと感じたならば、次はさり気なくデートに誘ってみましょう。
でも、そこでも注意が必要です。
「今度一緒に○○のライブに行かない?」とストレートに突然誘うのではなく、大事なのはあくまでもさり気なく誘うこと。

好きなアーティストが誰なのかを事前に聞いておいたら「今度○○ライブするらしいよ~」とさり気なく送信してみましょう。そのあとで彼の反応を見ながら「もしよかったら一緒に行かない?」と誘ってみて下さい。
そうすると、彼は自分の好みのア-ティストということもあり、より「いいよ!」と返信したくなるでしょう。

だらだらと長い文章を送るのではなく、あくまでも読みやすく分かりやすい文章で送ることを念頭に置いていれば大丈夫!
なかなかメールで片思いの彼を射止められないという方は実践してみてはいかがでしょうか。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら