より確実な婚活のために!難あり男性と距離を置くための言葉4選

より確実な婚活のために!難あり男性と距離を置くための言葉4選

婚活中にはたくさんの男性に出会いますよね。
プロフィールには書かれていない困った過去があったり、実は仕事をしていなかったり、束縛癖があったり…色々と難ありの男性だったということもあるかと思います。

そんな彼に対して丁寧にお付き合いしていては、はっきり言って時間がもったいないだけですよね。しかし、きっぱりきつい言い方をして、ストーカーになったり逆上などされたりしてしまっては大変!

今回はそんな困った男性と距離を置くための魔法の言葉をお伝えします。どれもとっても簡単なものばかりなので、
あとで困ったトラブルになることを防ぐためにも早めの対策をしていきましょうね!

たったこの4ワードで撃退!

1.「ケータイの調子が悪いの」

これは、とっても便利で使いやすい言い訳です。
「ケータイの調子が悪いから、着信があっても気付けないかも。ごめんね?」「家にいると電波が悪くって…。メールの返信が遅くなっちゃっても許してね?」などとあらかじめ言っておけばその後電話がかかってきてもメールがきても少し安心ですね。

2.「飼っているペットがちょっと病気で…」

夜のお仕事をしている方がよく使うワードなのだそうです。
「薬あげないといけないから夕方には帰らないとだめなの」「休日は外出できないの」など、とても使いやすいです。

3.「お兄ちゃんと一緒に住むことになって」

男性を自宅に呼ぶことを避けることができる上、「あんまり帰りが遅いと心配するから…」と言って早く帰ることができます。
なかには、本命の彼と同棲していてもこの言い訳は使えそうですね。

4.「来週ちょっと忙しくって…」

具体的に何に忙しいのかなどと言わず、「ちょっとバタバタしてて…」などと言うと彼もいつなら空いているのかわからず誘いにくくなるのです。

以上の4点が黄金キーワードです。
少し心苦しい嘘もありますが、すべては自分の明るい幸せな未来のため!
心を鬼にしてでも、難がありそうな男性とはこのようにして離れていきましょう。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら