取引先の男性が気になったら?意識されるためのアピール術

取引先の男性が気になったら?意識されるためのアピール術

婚活に励まれている女性は常にアンテナを張り巡らせ「素敵な出会いがないか」と探していることでしょう。
しかし生活の大半が仕事だと、そのアンテナに「取引先の男性との出会い」が引っ掛かることはありませんか?せっかくの機会を無駄にしたくないと思う人もいるはずです。

そんな悩めるあなたに「気になる取引先の彼と結ばれるコツ」をお教えします!

「仕事の場」をフルに利用する

取引先相手ということで当然、なんらかの商談があります。商談はお互いが情報を共有する場のはずです。

その場面のシチュエーションに合わせ「この件について確認したいのですが」や「何か必要な資料はございますか」と積極的に連絡を取りあいましょう。誠実な仕事相手に悪い印象を抱く人はいないはずです。

仕事だけではない“1人の人間”としての関係

ある程度、良好な関係になれば「お食事でも」と誘いたくなりますがここで誘うと「これは接待?」と捉えられかねません。

お誘いの前に仕事だけでなく、1人の人間として興味を持っていることをアピールします。
商談の中であっても相手を気遣い、趣味の話がでたら熱心に聞き出してみる…「仕事は大切、だけど、あなた個人との関係も大切にしたい」という気持ちが相手に伝われば、おのずと恋愛への発展につながることもあるでしょう。

多少のリスクあり!一歩踏み出す勇気はありますか?

取引先の男性へのアプローチのコツをここまで述べましたがもちろんリスクもあります。
たとえば恋愛対象から外れたとしても商談が続けば仕事上の関係は続いていきます。
会社自体の利益が関わっているので周囲の人が必ず、あなたの恋愛を応援してくれるわけではありません。少なからずリスクがあるということを知った上でも「一歩踏み出す勇気」がありますか?その勇気があれば、あなたは大丈夫です。

最後に

婚活を終えた方にアンケートをすると、やはり出会いの場としての第1位は職場です。
一緒に仕事をすれば相手の人となりを理解しやすいです。ですが取引先となると必ずしもそうはいかない場合も多いでしょう。
そんな壁も乗り越え相手との関係を良好にすすめ、仕事の面でも婚活の面でも「商談成立」となるよう祈っています。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら