取引先との恋愛は見極めが大切!結婚に繋げる婚活テク

取引先との恋愛は見極めが大切!結婚に繋げる婚活テク

取引先の相手と仲良くなるには急ぎすぎないことが大切です。素敵な人を見つけた!という嬉しさから慌ててアプローチしすぎると相手も引いてしまうかもしれないので落ち着いて進めていきましょう。
取引先の相手であるということで行動に移すことを躊躇する人もいるかもしれません。どちらにしても焦らずに仲良くなれるようにしていきたいですね。

さりげなく相手との距離を縮めるには

取引先の相手ということで一番話す内容としては仕事のことですよね。
初対面の時こそ仕事の話をするだけでいっぱいいっぱいかもしれませんが、少しずつ慣れれば「今日は暑いですね。」などの当たり障りのない会話もでてきますよね。

気にならない相手であればそのくらいの会話でもいいかもしれませんが、婚活を前提に彼に近づきたいとしたら世間話の内容を膨らませていくようにしていかなければなりません。

プライベートな話も話せるようになる

そのためには誰とでも話せるような内容ではなく彼のプライベートなところがのぞけるような会話をします。
身長が高い彼であれば「学生時代に何かスポーツをされていたんですか?」といった質問をすることで、少しプライベートが分かりますよね。おしゃれに気を使っていそうな彼なら、身につけているものを褒めるのも喜ばれると思います。

プライベートな話をしていくうちに趣味の話なども出てきて、そのうち書籍などを貸してもらえる機会もあるかもしれません。

相手が乗り気でなければ早めに諦める

取引先の相手と恋愛するときの注意点としては相手が乗り気ではないと感じたら早めに諦めることです。そんなに簡単に恋愛に持ち込めるわけでないのも現実です。

社内恋愛とは違い、会社の担当者同士である以上、彼もあからさまにあなたに冷たい態度もとれないので通常の恋愛よりも相手の気持ちに敏感になることを求められます。自分に興味がないと感じたらアタックするのをやめ、元通りのビジネスの付き合いに戻していくことも必要です。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら