合コンに遅刻してくる女性は一番人気ですか?

合コンに遅刻してくる女性は一番人気ですか?

合コンに普通に参加するだけでは印象に残らないと思っていませんか?

遅刻して全員の注目を独り占めするという合コンの王道テクニックを聞いたことがある方も多いかもしれませんが、遅刻や早退をした人がモテているかというとそうでもないんです。

遅刻は確かに目立ちます

合コン開始20分後に途中参加した場合、どう思われるでしょうか?電車が止まったというようなやむを得ない場合は別ですが、他の全員が仕事などを調整して時間を合わせて来ています。明らかに焦って走ってきた様子も悪びれる様子もなく、メイクも髪型も完璧の状態で現れたら、一瞬で裏工作がバレてしまいます。

メニューの注文、自己紹介、乾杯などの最初のイベントは終わり、一品目を食べながらの楽しい会話中に現れるのです。会話を一旦ストップし、遅れてきた人の注文とドリンクが運ばれるのを待って、再び乾杯からの自己紹介が始まります。全員から面倒くさいなと思われてしまいます。最初に距離が縮まるメニュー選びの時間にいないため出遅れてしまいます。

早退のデメリットは意外に大きい?

合コン開始1時間ほどで早退する場合もあります。意中の人がいた場合、強く印象を残すためのテクニックだったり、今日の80点の自分を見られるのは恥ずかしく100点で会いたいから、という理由だったりします。逆にタイプの人がいないから時間がもったいないと帰る女性もいます。

早退のデメリットは場を盛り下げるだけではないんです。男性は楽しく会話できた女性の印象が残ります。ほとんど話していない途中早退の女性の名前を覚えていればいい方です。強く余韻を残すつもりが、ほとんど印象に残らないのが現実です。また、いくら理由をつけて帰っても、表情からタイプの人がいなかったことはすぐに伝わります。男性からも女性からも次の合コンには誘われないでしょう。来るはずだったチャンスを棒に振るのです。

運命の人を見つける時間は3時間ほどしかないのです

女性がチヤホヤされたバブル時代や、有名人や絶世の美女のような場合には効果が得られた場合もあるでしょう。しかしほとんどの場合、遅刻も早退も悪目立ちをするだけです。

結婚を意識しない合コンなら問題ないかもしれません。ですが、婚活のためとなると、自分が目立つために時間を守らない女性とは結婚前提のお付き合いに発展しにくいですよね。

ただでさえ短い出逢いの時間を、より短くするのはもったいないと思いませんか?貴重な3時間をじっくり婚活のために使ってくださいね。

ぴったりの結婚相談所を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら