失恋から立ち直るには"焦り"は禁物! 今のあなたがすべきこと、あなたに必要なこと。

失恋から立ち直るには"焦り"は禁物! 今のあなたがすべきこと、あなたに必要なこと。

想いを募らせていた男性に告白して玉砕した、交際していた彼氏と別れた。その想いが本気であるほど、失恋の傷は深くなります。結婚を視野に考えていたとしたら尚のことですよね。

「失恋から立ち直るのが早い人」と「いつまでも忘れられずに引きずってしまう人」の二者がいるとしたら、やはり前者の方が良いです。

そこで、失恋からなかなか立ち直れない…と感じている人は、どうしたら良いでしょうか?

悲しさをごまかさないで、素直に吐き出す

失恋して落ち込むなんて品位が下がる、自分はこんなことで傷つかない。むしろダメ男を振ってやったんだから!と、そんなふうに強がったりして、失恋したという現実から逃げようとしていませんか?そうしているうちは失恋から立ち直ることができません。

悲しいなら悲しい、辛いなら辛い…と素直な感情を受け止め、たくさん泣いて発散しましょう。泣くことでストレスも流されていきます。例えベタでも、海や山で叫んでも良いのです。難しければ一人カラオケも良いですね。

思い出の品をスパッと断捨離する!

あなたは元彼との思い出のアイテムを処分できますか?取っておいて辛くはありませんか?

彼にもらったプレゼント、彼と行ったイベントや旅行のお土産、などなどそういったモノを見て辛く感じるのなら、もったいないけど思い切って処分してしまった方が良いかもしれません。実家に送って封印しておくでも良いし、とにかく自分から遠ざけることが今もっともすべきことかもしれません。

全てを捨てる必要はないです。彼との楽しい思い出があるならば、それだけは残しておくという選択も良いでしょう。

一度、深呼吸をしましょう。焦りは禁物!

別れた彼のことや、振られたことを引きずることを、悪いことだと思い込んでしまう女性はとても多いです。

「忘れたいのに忘れられない」「新しい恋愛に踏み込めない」もう半年経つのに、もう1年も経つのに…そんな風に焦ってはいけません。その焦りや寂しさを埋めようとして、自分が望んでいない相手との付き合いに発展してしまう、なんてことも…。

他の誰かに打ち明けてスッキリする

失恋すると、世界で自分だけひとりぼっちのような、みんなから置いていかれるような、錯覚を起こすことがあります。ですが、友達や家族など、あなたを理解してくれ見守ってくれる人の存在を忘れてはいけません。あなたはひとりぼっちではないのです。

本当に心細い時は、誰かの助けを借りても良いでしょう。距離が近い相手にはどうも言いにくい…そんな時は、SNSに愚痴を吐き出して楽になるのも手です。顔の見えない相手ならば言えることもあるかもしれません。

しかし、あまり相手に依存してしまうのはよくありません。単なるかまってちゃんになってしまうと、誰も同調してくれなくなってしまうので注意です。

おわりに

完全に想いを消し去ることは難しいものです。急いですべてを忘れ去る必要はありません。

少しずつ"忘れることに固執しない"ことから始めてみてください。いつのまにか違うことに興味を持つようになった、なんてこともあるかもしれません。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら