原因はたった1つ!?好かれる女性になる4つの対策

原因はたった1つ!?好かれる女性になる4つの対策

「なぜか男性に好かれない…」と悩んでいる女性の多くが、「奥行き」の要素を上手く使えていないことが多いです。
女性としての魅力はもちろんですが、人としての魅力がないと男性は興味を持ってくれません。モテる女性は、人としての魅力も兼ね備えています。
この人間性の「奥行き」こそが、たった1つの好かれない理由と言っても過言ではありません。

では、どうすれば「奥行き」の要素を引き出すことができるのでしょうか?具体的に対策をみていきましょう。

【1】人として好かれよう

男性は男女関係になる前に一人の人間として好きになれるかどうかを判断します。例えば、男性からディナーに誘われ、「ジャンルは何がいい?」と聞かれたのに「何でもいい」と返してしまう事はありませんか?

男性から食事の質問をされて、いつも同じ返事をしてしまうと奥行きを感じてもらえず、人としても魅力がないと受け止められてしまうのです。どのような質問でも自分が思っていることを素直に伝えるように努めましょう。

【2】面倒な人と思われないようにしよう

時として男性は女性が傷つけないような受け答えをすることがあります。例えば、「男性は女性のどんな所を好きになる?」という答えは、だいたい「性格が明るい」「気が効く」「やさしい」などを挙げます。これは万人に好かれる人の条件でもあるのです。

これをまじめに答えて「面倒でない人」と本音を明かしたりはしません。しかし、基本的に男性は女性を面倒な生き物と思っていますのでその面倒さをどれだけ取り除いて付き合えるかが奥行きの作り方にも繋がります。面倒だなと思われない言動を心がけましょう。

【3】ギャップをつくる(会話編)

奥行きが感じられない理由の1つに、男性から見てギャップを感じないことが挙げられます。

ギャップの作り方で簡単なのは会話です。例えば、性格は消極的なのにアニメの話になると人が変わったように生き生きと話しはじめるなどです。まずは熱く語れる何かを見つけることからはじめてみませんか?

【4】ギャップをつくる(ファッション変)

会話だけではなく他にも手軽にギャップを作る方法があります。それはファッションです。

例えば、いつも地味なファッションで料理が得意だとしたら少し服装のジャンルを冒険をして、派手でセクシーな服を着て料理が得意とアピールできると見た目からは想像できないギャップができます。

着るものは1アイテムかえるだけで印象がガラリと変わるので試してみてください。

好かれる女性になるために…

どんな女性でも好かれる要素を持っています。自分に自信を持って、より好感度の高い女性を目指して自分磨きを試み、素敵な旦那様や彼氏をゲットしましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら