結婚したい人が一番気になる出会い方を診断

結婚したい!

あなたも、こんなお悩みないですか?

「結婚したくなる異性が周りにいない」
「出会いがない」
「恋人は結婚してくれる気がない」
「結婚したいのに、できる気がしない」

ここ数年は回復傾向ですが、昭和と比べると平成は、「結婚したい!だけどできない」という声は増えてきているようにも感じます。
そんないろんな方の結婚したい願望を叶えるにはどうしたらいいのか検証しました。

そもそもなぜ既婚率が低いのか?

会進出はもはや多数派です。
昭和や平成の前半では多かった一般職ではなく総合職で働く女性が増え、仕事に懸ける熱量が高まりました。

ただ、その影響か・・恋愛や結婚への願望がない、少ない女性が増えました。
また、「結婚したいけど、いま結婚するとキャリアが・・・」と思って、結婚のチャンスを逃す人も増えています。

男性の収入減による結婚への抵抗感

近年、男性の収入格差が広がっています。

たとえば、2013年の国の調査によると、日本では約4割の労働人口が年収300万円以下でした。

理由としては、

  • 中国や東南アジア雇用の影響による人件費の下落
  • 不況によるパートタイマー
  • 非正規社員(20代を中心とした派遣社員)の増加

が挙げられます。

このように低収入の男性が増加することにより、他人と人生を共にすることになる結婚へのハードルは、グーンと上がります。
「男性は女性を養わなきゃ」という考えが強いと、昔より結婚したくても、結婚しづらくなっていることは間違いありません。

内縁関係が一般化することによる甘え

同棲が増えています。
つまり、昔の結婚する理由NO1「一緒に生活したいから」が、結婚したい理由にならなくなってきました。
妊娠レベルの大きな変化がないと結婚まで至れない、ということです。

結婚前提の同棲なら違うのですが、

「ただ一緒にいたいから」と同棲する

ズルズル何年も経つ

どちらかが「結婚したい」と言って、、
もう片方に「そんなつもりはない」と言い返される

けんか別れ

というカップルは結構います。
そして、別れた後に、結婚したいと思っても適齢期を逃してしまっていた、なんてことも。

長寿による親世代の健康具合

現在は、高齢化社会が進んでいます。
ニートでいることが可能になるのも、親が労働してくれているおかげというのもあります。

長寿はいいことなのですが、男女問わず、親に甘えすぎたまま大人になってしまうと、結婚や就職から足が遠のいてしまうのかもしれません。

ただ、震災で・・・・結婚したさはアップ!ただ、出会いはない!

震災の影響で家族愛や絆が語られることが増えたように、一生を共に過ごすパートナーの必要性を見出す方も増えたそうです。(離婚も急増しましたけど)
震災翌年2012年には、結婚相談所への入会数が例年の1.2~1.5倍となりました。

ただ、なぜいきなり結婚相談所に行くようになったと思いますか?

1人遊びの増加によるコミュニケーション力の低下

いわゆるゲーム世代は1960年代後半生まれぐらいからを言います。
この世代あたりから、1人遊びの幅が増え、人とコミュニケーションをとらなくても、十分生活できるようになってきました。

その影響か、引っ込み思案な人口は増えています。
バブル世代のように、モテてなんぼという感覚の男女は少なく、いわゆる草食な方が目立ってきました。(むしろ絶食の人もいる?!)

ちなみに、あなたはバブル世代のように、積極的に恋愛に取り組んでいるといえますか?
言える方は相当少ないかと思います。

また、昔はやっかいな熱烈アピールと言っていた行動を、最近ではストーカーと呼ぶようになりました。

「ばあさんの所へ何度ふられても足しげく通ったもんだ」
「最初は嫌だったけど、最終的にあの熱意に負けてしまったのよ」

幼い頃、祖父・祖母からの話を聞いたとき、いい話だと思ったのですが、最近だとこれ、ただのストーカーです。
何度ふられても足しげく通うのがいいことか悪いことかは、お互いの距離感(主に心?)ややり方などによるのでさておき、「熱意に押されて・・・の恋愛や結婚」が難しくなったことは間違いないようです。

働きづめの現代人

また、現代人で正社員としてお仕事をしている人は、男女問わずお仕事詰めです。(非正規雇用の方でも、お仕事詰めの方もいらっしゃいますよね)平日は遅くまで働き、休日はあまりなかったり、あっても疲れきっていて出歩きたくない、そんな人が多いです。

つまり、私生活の安定のために結婚したくても、生活やお金が安定した人は出会いの場に出てこないということです。

そんなに働きづめだからか、結婚相手との出会い1位は職場です。
次は学生時代からのパートナーや友人となります。

つまり、職場に結婚相手になりそうな異性がいなかったり、職場で恋愛したくない人は普通に生活していたら、出会いがなくなってしまいます。

ではでは、どうしたらいいんでしょう?

婚活するしかないですよ

まぁ自然な流れだと思います。
最初はSNS経由で昔の友人に会ったりするのもいいですよね。
昔は全く興味の沸かなかった相手も、大人になって会ってみると全然違った魅力を感じることがあります。

友人に積極的に「いい人いない?」と聞くのもいいでしょう。
合コンするのもいいでしょう。
ただ、昔の友人に会うのも一苦労ですし限りがあります。友人の紹介も限界がありますし、紹介してもらうと断りづらかったりして・・・
合コンはそれこそバトル。結婚に至れる率も低いです。

職場も駄目・ツテも合コンもだめ
そうなったら婚活するしかないんです。

質問 婚活
パーティー
婚活
サイト
データ
マッチング
仲介型
これまで合計4回以上異性との交際経験がある 5 3 1
人見知りしない 5 1 1
肉食系(異性に積極的)だと思う 5 1 1
婚活に月額1万円以上お金をかけてもいい 1 3 5 5
お見合いや、付き合う前のデートにあまり時間をとれない、とりたくない 1 3 5
深夜などネットで活動する時間がある 5 5
結婚に縁遠い人ばかり好きになる 3 5
見た目と実年齢が一致する 3
アドバイスがほしい 3 5
写真写りに自信がある 5 3 3
結婚相手は人柄よりもステータス重視だ 1 3 5 3
とにかくたくさんの人と話してみたい 8 3 1
異性の友達が8人以上いる 5 3
親が結婚に対してうるさい 3 3
とにかくはやく結婚したい 1 3 5

結婚相談所に当てはまった方は、次のページから資料を請求してみましょう。
今なら婚活支援金3万円を先着10名様に贈呈しています。

結婚相談所の資料を一括でお取り寄せ 無料
イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら