みんなの婚活体験談

みなさん気になる「他の人はどんな婚活をしているか」ここでちょっとだけご紹介します。

婚活パーティーで選ばれる女性になる方法

30歳
職業OL
年収~250万
年齢 未回答
職業職業 未回答
年収未回答

どんな人が来るかより自分がそのパーティーで輝けるかが大事

相手の年収や年齢も気になりますが、わたしはまず自分がその場で輝けそうかで行くパーティーを決めました。 女性は男性に選ばれ、男性からまた会いたいと思ってもらう方がその後のお付き合いに繋がる確率は高くなります。また、男性は人気のある女性だと分かると闘争心が湧きます。 何人かに気に入ってもらいその中から選ぶようにするためにも、30歳になったばかりの私は、20代前半の女性が多く集まりそうなパーティーは全て却下して、年齢も真ん中あたりのパーティーを選びました。年齢がどうしても一番上になってしまいそうな方は見た目を磨く事で輝けますので安心してください。

続きを読む


グローバルな出会い系サイトで地元の会社員とゴールイン!

30歳
職業女性 事務職
年収~300万
40代前半
職業会社員
年収〜650万

わたし、結婚したかったんだ

30歳になって恋愛に振り回されるのはもうコリゴリだと思うようなことを経験し、今まではバカにしていた結婚をするためだけの出会いを求めようと決意しました。 それまでの私は、結婚をするために男性と出会うなんて絶対に嫌だと思っていました。若いときも、周囲の方からよい条件の男性はお見合いでみつけるのよなんて言われると、時代錯誤もよいところだとおもっていました。 ところが、20代の後半から好きになる男性にはいつも振り回されてばかり。自分がダメな男性に惹かれる典型的なタイプだと気づいた時には、30歳になっていました。胸を焦がすような思いもしましたが、年齢とともに、穏やかだけれどお互いを思いやることのできる、温かな関係を求めるようになりました。 そして、気が付きました。私、結婚したいと思っているんだと。

続きを読む


本気の婚活…紆余曲折あっても一生懸命生きています!

33歳
職業派遣社員
年収~200万
30代後半
職業男性エンジニア
年収未回答

はじめての婚活!

年齢的に…そろそろ良きパートナーを得たい!と真剣に悩み、お見合いパーティーに参加することにしました。 わたしの頭の中で思い描いていた図…友人たちのようにステキなダンナさまとかわいい子どもに恵まれて、楽しい人生を送っている未来。それを実現するべく、引っ込み思案なわたしは…いざ勇気を振り絞りお見合いパーティーに参加です! 会場では、男性が座る側の席と女性が座る側の席がそれぞれ分かれていました。受付で自分の番号札を渡されるので、その番号の席に着席して、受付で渡されたプロフィールカードを記入しながら時間がくるのを待ちます。 しばらくすると司会進行係が登場し、真正面に座った男性と会話をするように促されます。 自己紹介、雑談…などなど好きなように会話をして良いとのこと。初対面の男性と会話…と言われても、何を話せば良いのか分かりませんでしたが、事前に書いたプロフィールカードをお互いに交換し、まずはひとまず内容を読んでみました。 そこに書かれている内容で興味がわいたことがあれば、すかさず相手に質問。特に興味がわかない内容しか書かれていなければ内容を否定しないように「へー!こんなご趣味があるんですね!」など共感の姿勢をアピールしていきました。

続きを読む


合コンでも結婚相手が見つかる!~合コン嫌いな私の婚活体験談~

25歳
職業女性教諭
年収~300万
20代前半
職業看護師
年収〜450万

これで私は失敗した!〜初めての合コン〜

私が初めて合コンをしたのは25歳の夏でした。合コンが大嫌いな私でしたが、彼氏が長い間いなかったのでそろそろ本気で婚活しなきゃ!と意気込んで合コンをセッティングしてもらいました。合コンでは気合いを入れて、ピンクのワンピースを着ていきました。 女子は私を含めて4人、男性も4人で、職業は自動車整備士、営業マン、消防士、貿易関係でした。私が目をつけたのは貿易関係のお仕事をする男性でした。見た目はジャニーズの錦戸くん似でかっこよく、一目惚れしました。英語が得意な彼は、お仕事の話になると真剣で、そこにも惹かれました。 合コン慣れしていない私はあいづちを打つのが精一杯でした。話を振られても話題を盛り上げることができませんでした。 合コンも終盤に近づき、なんとか連絡先を聞きたかったのですがチャンスを作ることができませんでした。次に繋がりそうな人は1人もいませんでした。自分のアピールが下手だったのだと思います。初めての合コンはなんの収穫もなかったので、もっと積極的に話せば良かったと反省しました。

続きを読む


出会いを求めて婚活サイトに登録!

31歳
職業OL
年収~350万
30代後半
職業男性 研究職
年収〜800万

日常の生活圏内では出会うことのない人たちと会える場所

そろそろ真面目に結婚を考えており、友人の紹介や合コンもそこそこの数に参加したものの、結局のところ「結婚」を求めているかどうかはその場では判断しにくく確かめることもできないことが婚活サイトに登録したきっかけです。「結婚前提」の出会いを求めていた、ということが大きい理由でした。 登録数も多く、自分の希望する相手のプロフィールなどでマッチング機能を使えるので絞り込んでいきました。顔写真を登録した方がよりリアルに相手をイメージできるのですが(相手にとっても同じ)、少々抵抗があり少し慣れてからと保留にしました。 ほどなくして、私のプロフィールを見て何名かお気に入り登録やメッセージをくださり、やりとりが始まりました。 その方々は、会社と自宅の往復、または日常生活ではまずお会いするような職業・業種ではなかったので、メッセージのやりとりも興味深く、楽しいものでした。

続きを読む


婚活成功!ふとした思いつきからとんとん拍子で結婚に

31歳
職業女性教諭
年収~300万
30代前半
職業その他
年収〜600万

婚活を意識したきっかけ

私が結婚を意識し始めたのは、30歳の時でした。当時、付き合っていた彼がいたのですが、私が結婚したいと思うのに対して、彼は籍は入れずにこのままでいたいという感じ。 お互いの温度差を埋めようと頑張ったのですが、結局、結婚には至りませんでした。 「私だって結婚して子どもも欲しい。」 毎日そんな思いでいっぱいになり、このまま結婚も出産もできなかったらどうしようと、ネガティブに考える時もありました。そして、そんな自分の思いに対して何もできない自分自身が嫌でした。

続きを読む


自分に合った婚活パーティーを見つけることが楽しむコツ!

27歳
職業その他
年収~600万
20代後半
職業その他
年収〜1000万

初めての婚活パーティーは....

当時27歳の私は2年ちょっと同棲した彼と別れたばかり。私の友人は5年付き合っている彼となかなか結婚まで進まないような状態でした。 友人には彼がいたし、私も元カレと別れてからも仲良く一緒に旅行に行くこともあり、2人とも新しい彼氏がほしかったり寂しかったりというわけではなかったのですが、ときめきや変化が欲しくて婚活を開始しました。 まずはお見合いパーティーに参加しました。 私達が参加したお見合いパーティーは男性の条件が年収1000万円以上、女性の条件は年齢だけだったと思います。 初めてのお見合いパーティーに私はとっても興味深々で、どんな事が起きるかワクワクして行きました。 最初、紙が配られ自分のプロフィールを書いて半個室みたいな所で1人で待って男性が1人お部屋入ってきて数分お話をするといった感じのシステムで、時短の為に紙に前もってプロフィールを書くんだなと思いました。 とっても短い間にどんどん男性が変わっていって1時間ちょっとで12、13人の男性とお話をしたと思うのですが、誰が誰だか全然覚えれず、気に入った男性もいないままでした。結局は最後の指名の時間に誰の名前も書かず、友人と会場を後にしました

続きを読む


自分の判断基準を実感した婚活パーティー

29歳
職業OL
年収~300万
30代前半
職業IT関係男性
年収〜400万

婚活パーティーで出会いを求めて

片思い中の彼が一向に振り向いてくれないことに嫌気がさしたある夏の日、私は急に思い立って婚活パーティーに出かけることにしました。 とある婚活「街コン」のイベントが今日の夜の分がまだ間に合う、というバナーを出していたのです。 場所は青山で20時から。 それだけでも心躍るシェチュエーションだったので、そこそこ綺麗めな恰好をして私は出かけてゆきました。 会場に着くと気持ち男性のほうが多めです。 初めてこういったパーティに来ましたが…当たり前なのかもしれないけど一目見てときめくような男性はいませんでした。 一瞬空間負けしそうになりますが本来の目的と会費を思い出し、1人ずつとお話ししながら 「この人に今後30年弱抱かれることは可能か?」 と考えながら人間性の本質を突く会話を注意深くしていきました。(「人間性の本質を突く会話」っ何?と思われるかもしれませんが、要は信頼できるかどうかを会話の端々から判断しようとする無謀な試みでした(笑))

続きを読む


はじめてのお見合いでまさかのお相手!

28歳
職業IT関係女性
年収~350万
30代前半
職業IT関係男性
年収〜700万

都会での一人暮らしから一転、保守的な地元へ

実家は旧家でその長女である私。 その暮らしに窮屈さを感じていた私は大学進学を機に地元を出て、東京で一人暮らししそのまま就職しました。地元には帰る気もなく、そのまま都会暮らしを満喫するつもりでいました。 当時まだ20代だったこともあり、まだ結婚のことは自分には遠い未来の話のように思え、ただただ仕事と東京での暮らしに満足していました。いつか結婚するかもしれないなぁくらいには考えていましたが、その時もこのまま東京生活を満喫できる環境で暮らしたいと思っていました。 そんな私がまさか体調を壊したのは入社して3年経った頃の話。 職場も私自身も休職して体調が戻り次第の復職を希望していましたが、それまでずっと地元に帰ってくることを望んでいた実家の祖母が激怒。ほぼ強制的に地元に帰らされることになったのです。 身体が弱っているため、1人での暮らしには私自身も心配がありましたし、気持ちも弱っていたのでそんな祖母に立ち向かう元気もなく、仕方なく地元へと帰ることになりました。 正直いうと敗北感もありましたが、背に腹は代えられないということで、元気になったらまた東京に戻ろうと思っていました。

続きを読む


いろんな婚活をしてきたけれど、最後は結婚相談所で決めました!

33歳
職業IT関係女性
年収~250万
30代前半
職業男性 研究職
年収〜550万

はじまりは出産育児への夢

当時わたしは33才。かつての幼馴染みは、皆結婚して子どももいる状況でした。 趣味を重視して楽しんでいたこともあり、20代の頃は結婚は考えていなかったので、本格的に婚活をし始めたのは32才からです。 婚活を意識した理由はいくつかあるのですが、一番大きかったのが、「いつか子どもを産んで育ててみたい」と強く思い始めたことです。ほかには、将来への漠然とした不安や寂しさがあったと思います。 「絶対孤独死したくない!」 こう思った時から、わたしの婚活がスタートしました。

続きを読む