みんなの婚活体験談

みなさん気になる「他の人はどんな婚活をしているか」ここでちょっとだけご紹介します。

2015.10.20 更新

婚活成功!ふとした思いつきからとんとん拍子で結婚に

31歳
職業女性教諭
年収~300万
30代前半
職業その他
年収〜600万

婚活を意識したきっかけ

私が結婚を意識し始めたのは、30歳の時でした。当時、付き合っていた彼がいたのですが、私が結婚したいと思うのに対して、彼は籍は入れずにこのままでいたいという感じ。

お互いの温度差を埋めようと頑張ったのですが、結局、結婚には至りませんでした。
「私だって結婚して子どもも欲しい。」
毎日そんな思いでいっぱいになり、このまま結婚も出産もできなかったらどうしようと、ネガティブに考える時もありました。そして、そんな自分の思いに対して何もできない自分自身が嫌でした。

結婚相談所との出会い

「結婚したい。」と毎日考えながらも、働いたり友人と遊んだりすることで自分を保っていました。30歳になるまではいつかは結婚したいと思いはしたけれど、いずれ出会いがあるだろうと結婚に対して真剣に考えていませんでしたし、結婚することでプライベートがなくなる気がして、正直気が進まなかったのです。

そんなある日、ネットサーフィンをしていたら、結婚相談所のバナー広告が目に入りました。

その結婚相談所の名前はオーネット。

バナー広告の最初にあった『あなたにピッタリの人をマッチング』という文言につられてクリックしてみると、10問ほどのアンケートが出てきました。本当に簡単なアンケートだったので答えてみると、最後に『結果は後日お知らせします』というような文言があり、名前や電話番号などを入力するページになったのです。
きっと、後でスタッフの方から連絡がくるのでしょう。

結婚相談所にマイナスなイメージを持っていた私は、そのページを消しかけました。でも、ホームページでサービス内容を調べると、悪くはなさそう。
今の自分にできることは結婚に向けて出会いを探すこと。そう思ったのと同時に、『物は試し』で入力、送信したのです。

結婚相談所からの電話

結婚相談所のアンケートに答え、自分の名前や連絡先も入力し、この後どうなるんだろうと
いう思いで1日が経ちました。すると、1本の電話が。

知らない番号だし「もしや?」と思いながら出てみると、なんと、オ―ネット!
「ついにキタっ!」

ドキドキしていた私は、妙に丁寧に挨拶をし、電話の方(アドバイザーさん)も「先日はお問い合わせありがとうございました。」と丁寧かつ親しみある対応で言って下さり、ホッとしたのを覚えています。

まず、どういうふうに婚活ができるかの説明から始まったのですが、アドバイザーさんとの会話が楽しくて、気づいたら自分の話をたくさんしていました。
「この人なら信じてみてもいいかな。」
そんな思いから、更に詳しく聞くために、オフィスに行く約束をしました。

オ―ネット入会、そして婚活の始まり

オフィスへ行く当日。
アドバイザーさんは良さげな人だけど、でもやっぱり結婚相談所となると身構えてしまう。行くのを止めようかとも思いましたが、話を聞くだけだと割りきって行ってみました。

オフィスに到着。
受付から席に案内され少し待つと、電話をくれたアドバイザーさんがやって来ました。
雑談から始まり、パンフレットに沿って詳しい説明があり、オフィスの中を案内されました。電話の時と同じように親切で気さく。オフィスの中も綺麗で、カウンセリングをするブースはしっかり仕切られていて、じっくり相談できる印象でした。

一通り説明を聞いた頃には、入会しよう!と思えていました。
なぜなら、結婚につながる出会いを求めていたので、婚活パーティーが豊富なのはありがたかったし、入会時に登録した自分の情報を基に、会社がデータマッチングをしてくれるシステムもあるからです。

不安な部分は質問をし、納得できたので、この日さっそく入会しました。
婚活のスタートに立ったのです。

婚活は楽しい!迷っているならやってみて。

オーネット入会後初めての婚活は『ウェルカムパーティー』。
新しく入会した会員専用の出会いの場で、10分毎に相手を替えてお話しができるものでした。
これがとても楽しかった!

参加者が500人もいたので話す人を選ぶのが大変でしたが、2時間で10人くらいとお話ししたと思います。この時私は31歳でしたが、20代の会員さんが多くいらっしゃったことにはビックリ!
仕事上、異性との出会いがないという人も結構いらっしゃいました。

ここでお会いした人の内2人とお付き合いさせていただき、主人はこの内の1人です。 
データマッチングでお会いした人もいたのですが、主人と結婚前提にお付き合いすることにしたので、半年足らずでオーネットを退会しました。

そして、パーティーで会って11ヶ月後に主人と結婚。
今に至ります。

私は思いの外早く相手と出会うことができましたが、結婚相談所で婚活をして良かったと思っています。

オーネットは、全国各地、駅から距離があるような場所でも婚活パーティーを
開催してくれるし、都内では趣味を通じた出会いの場を提供してくれるので、正直いえばそちらも参加してみたかったです(笑)

パーティーが苦手な人には、オフィスでお見合いをセッティングしてくれるプランもあるので、その人に合った婚活ができると思います。

ほかの結婚相談所についてはわかりませんが、婚活を迷っているならぜひ一歩を踏み出してみることをオススメします。

厳選大手13社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

人気の婚活体験談

東京の殿方ってスゴイ!

26歳
職業その他
年収~200万
40代前半
職業その他
年収未回答

東京で開催される合コンに誘われる

京都に住みながらも大阪勤務、時々東京出張という仕事についていた私。東京の女友達に、京オンナに憧れを抱く東京の男性たちと合コンをして欲しい!と頼まれ、当時周りの結婚ラッシュも重なって結婚願望が高まっていたのもあって快諾しました。 東京に住みたいという願望もあり、どうせ結婚するなら東京のイケてるお金持ちの男性がいいという理想もあったので、東京出張が終わった後に合コンに合流することにしました。 東京に住む京都出身の女友達と私、最近上京したという女友達の友達と3人に対し、広告代理店勤務の男性、歯科医師、経営コンサルタントの男性3人というメンバー。名刺交換の時点で田舎者の私は鼻血が出そうでした。 合コン会場もパーティールームみたいなホテルのスイートルームのようなインテリア。今まで居酒屋か、ちょっとこじゃれたダイニングバーみたいな所で合コンをしていた私には夢心地な空間でした。

続きを読む


実は、結婚相談所に興味ナシ!でした。

27歳
職業その他
年収~250万
年齢 未回答
職業その他
年収未回答

同僚が結婚相談所で出会った男性と結婚!

結婚相談所にはまったく興味のなかった私。 ところが、会社の同僚が結婚が決まったことで徐々に興味が湧いてきました。仕事のあとでお茶をしながらいろいろ聞いたところ、なんと出会いは結婚相談所だったんです!正直なところ、結婚相談所ってモテない男女が利用するところだと思っていたので、カワイイ同僚がまさか…というのが率直な感想でした。

続きを読む


高級な婚活パーティーに参加した結果むなしさを感じる事に

27歳
職業会社員
年収~500万
30代後半
職業男性医師
年収〜1000万

初めて高級な婚活パーティーへ

今まで3回ほど婚活パーティーに参加してきたのですが、なかなか自分の希望する条件の男性と出会う事ができませんでした。年収も私より低い方が多いですし、そこで男性の年収を限定した婚活パーティーに参加してみることにしたんです。 そのパーティーでは、年収が800万円以上の男性ばかり。それが参加できる最低条件でした。女性の場合は20代までで、他には特に条件はありません。お金持ちと出会いたい女性と、若い女性と出会いたいお金持ち男性のためのパーティーという感じですね。

続きを読む


40代にして、弁護士と初婚を迎えることができました

40歳
職業女性 事務職
年収~400万
50代後半
職業男性弁護士
年収1000万〜

まさかの弁護士さんからの指名でした

私は自分自身とにかく地味だと思います。昔交際していた男性にもそれを指摘されたあげく、「もっと華やかな女性の方が良い」とふられた経験もあります。そのため男女関係に対してはとても臆病で、あまり恋愛をしてきませんでした。 そんな私も40になり、母親からいい加減将来のことを考えろといわれてしまい、とりあえず親を納得させなくてはという思いがあり、結婚相談所に入会を決めました。 どうせ結婚はできないだろうと思っていたので、入会して弁護士さんから指名があった時にはとても驚きました。

続きを読む


奇跡の1ヶ月婚への道のり

38歳
職業OL
年収~550万
30代後半
職業男性公務員
年収〜650万

私のガチ婚活は婚活パーティーから

長く付き合った彼と別れて、ちょっとこれは結婚できないかもしれない、と焦った私は新聞に載っていた婚活パーティーに参加をすることにしました。 とはいえ当時37歳も終わりがけ、これで出会いはあるのか心配にはなりましたが、30歳の頃に行った婚活パーティーでは常に人気上位だったし、それにいまもわりとイケてない?と自分を自分で励まし参加をすることにしました。 そこでまずはいくつか婚活パーティーがある中でふたつに参加することに決めました。

続きを読む