違いはある?結婚相談所で出会った夫婦とそうでない夫婦の離婚事情

世の中にはたくさんの夫婦が存在しています。夫婦の形が1組1組違うのと同じで、夫婦の出会い方もそれぞれ異なっています。 その中でも最も多いのが恋愛結婚、その次に多いのが結婚相談所を通しての結婚ではないでしょうか。

全夫婦が結婚後も仲良く幸せに暮らすことができればよいのですが、中には結婚生活を送っていく中で、お互い価値観や意見の衝突があり離婚をせざるを得なくなる夫婦もいます。

そこで気になるのが恋愛結婚をした夫婦と結婚相談所で知り合った夫婦、どちらの方が離婚をする確率が高いのかということです。 そもそもどのくらいの割合で離婚が起きているのでしょうか。

ここでは、どのような原因で離婚に陥りやすいのかなどにも焦点を当てながら詳しく紹介をしていきます。

日本の夫婦の離婚率は?

結婚することも大切ですが、その後の結婚生活を続けていくことも重要ですよね。そこで気になるのが、世間一般の離婚率についてです。

近年の日本での離婚率は、全国仲人連合会によると30%とされています。これは、3組の夫婦のうち1組は離婚するといった確率です。3分に1組は離婚しているというニュースをテレビなどで聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

お互いに好意を持ち、生涯助け合い支え合いながら共に生きていくと誓ったはずなのに、どうしてこのように多くの夫婦が離婚を迎えてしまうのでしょうか。

離婚に至ってしまう原因は?

離婚をする原因は夫婦によってさまざまで、実に多くの理由が挙げられています。

中でも最も多いのが性格の不一致です。些細なことがきっかけで、お互いのイライラが募り最終的に離婚を迎えてしまったという夫婦もたくさんいます。 その他には、暴力や浪費癖、異性関係やモラルハラスメントなど、離婚の要因は夫婦によって多種多様です。 また、結婚は本人同士のことだけではなく家族同士のことでもあります。そのため、両親や親戚との関係が上手く築けなかったり不仲が原因で離婚に陥る場合もあります。

このように、出会うきっかけが恋愛でも結婚相談所でも離婚に至ってしまう理由や原因は夫婦によっていろいろなのです。

結婚相談所で出会った夫婦とそうでない夫婦、一体どちらの方が離婚する確率が高いの?

3組に1組が離婚するという衝撃の事実がわかったところで、次に気になるのがどのような出会い方をした夫婦に離婚が多いのかということです。

結婚相談所で出会った夫婦と恋愛がきっかけで結婚をした夫婦では、一体どちらの方が離婚率が高いのでしょうか? 一見すると、結婚相談所で出会った夫婦の方が離婚率が高いのではないかと思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。 あるデータによると、お見合い結婚より恋愛結婚のほうが離婚率が4倍も高いという結果が出ています。なぜ、恋愛結婚の方が離婚率が高いのでしょうか?

結婚相談所で出会った夫婦の方が離婚しにくい

恋愛結婚は恋愛中はお互いの良い所しか見れず、気持ちが常に高ぶっています。また、盛り上がった気持ちのまま結婚を迎えるので、結婚をどうしてもゴールに考えてしまいがちです。

一方で、結婚相談所で出会った夫婦は、お互いをしっかりと見極めながら相手を探します。冷静に相手を見て結婚相手にふさわしいのか判断をした上で結婚を迎えるので、結婚はゴールではなくスタートになるのです。

そのため、結婚相談所で出会った夫婦の方がお互いに冷静に相手を見極めているので離婚率が低くなります!

アドバイザーの後押しもある

さらに、結婚相談所にはプロのアドバイザーがいますよね。プロのアドバイザーが男女の間に立って、仲人役をしてくれます。

恋愛結婚では本人同士しか相手のことがわからないのですが、結婚相談所では本人同士以外にプロのアドバイザーの目があります。

相手との相性を考えたときに、中間的な立場の第3者の目があるのはとてもよいことです。本当に自分と相手が合っているのかを自分だけでなく第3者の目からも見極めてもらうことができます。

自分たちのことを客観的に見てもらえるので、結婚相談所で出会った夫婦の方が結婚後も長続きする場合が多いです。 離婚率はデータで、結婚相談所で出会ったからと言って離婚しないわけではありませんが、結婚相談所の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

高まる離婚率!結婚相談所が担う役割とは?

一昔前の日本では、一度結婚したら一生添い遂げることこそが正しいものであり美学であるという風に考えられていました。そのためなら日々の不満は我慢するべきだとも…。 そのため、離婚率は実に10組に1組という割合でした。

ところが、近年の日本では、夫婦の3組に1組が離婚すると言われています。 これは、時間に換算すると、約1分49秒に1組が離婚しているという衝撃の数字です…。

離婚率の高さは、結婚できない・しない人が増えていることに関係があるのでしょうか?また、結婚相談所はまた再び結婚したいという思いに応えることはできるのでしょうか?

圧倒的割合!若年層の離婚

離婚率が高いといっても、若い世代だけじゃないの?こんな風に思われている方、いらっしゃいませんか? 実際、最も離婚率が増加しているのは若年層であり、19歳以下の女性では約60%、20歳~24歳の女性でも40%を超えています。若いからこそ好きという気持ちで結婚した結果、長く続かなかった…ということが予想されます。

結婚相談所にも、若い頃に一度結婚に失敗しているので落ち着いて物事を考えられる今からまた再度結婚にトライしてみたい、というような再チャレンジ型の利用者様もいらっしゃいます。

激化中!熟年離婚

一方、最近では『熟年離婚』というワードも定着してきた通り、50歳~59歳の層の離婚率が著しく増加傾向にあります。 結婚生活が20年を超える夫婦においては圧倒的な割合で、妻から離婚を切り出すというパターンが多いというのです。 ここには、夫は外で働き、妻は家を守るといったようなかつて日本に根付いていた考えから抜け出せない夫に妻が愛想を尽かせた、もしくは残りの人生を自由にしたいと思うようになったという時代の変化がうかがえます。

こういった時代の変化に合わせ、結婚相談所にも『ミドル・シニア世代』に特化したプランが設けられています。

結婚相談所をうまく利用して離婚率を減少させる?!

好きで結婚したはずなのにいつしか心が離れ、離婚へと至ってしまう…。これは、気持ちだけで結婚してしまった場合によく見られます。離婚率増加の原因の一つですね。『好きだから大丈夫』この気持ちだけでは続けられない場合もあります。 結婚相談所を利用している方は、そのことを十分に理解している方が多いようです。なぜなら、結婚相談所は譲れない条件やこだわりを絞ってあてはまるお相手を選ぶことができるからです。

結婚とは長く続く生活です。目先の気持ちに流されず、時として冷静に向き合う時間も必要です。そのためはにある程度条件を絞ることも大切ではないでしょうか。 結婚相談所をうまく利用することで、結婚生活が長続きする相手を探すことが出るはずです。ここからは、結婚相談所を利用する際のコツについてお話します。

自分のライフスタイルをしっかりと伝えること

離婚率が上昇している原因は、『女性の社会進出』が最も大きいのではないでしょうか。 男性に頼らなくても自分の力で生きていける、もしくは結婚後は今までの仕事に加え、炊事・洗濯・子育てと女性一人に負担がかかり、それが原因となって離婚に至るケースも非常に多いようです。

最近では家事を分担する家庭も増えていますが、今まで通りの仕事量をこなせないことにストレスを感じる女性も多いのだそうです。

そのため、結婚相談所でお相手を探す段階で自分のライフスタイルを考慮することが重要です。 『家事をこなせる人』や、『共働きであることを十分に理解し、助け合うことができる人』といったような条件を提示することは、働く女性だけでなく男性にとっても必要です。すれ違いの生活では、離婚率も高まってしまいます。

カウンセラーの存在を生かし、自分と向き合うこと

結婚相談所のメリットの一つとして『自分と向き合えること』を挙げることができます。 会ったことのない相手に「この人、いいな。」と感じてもらうために、魅力的なプロフィール作りに加え、プロのカウンセラーによるコミュニケーションやファッション・メイクなどのアドバイスまで徹底的なサポートを受けることができます。

結婚相談所においてのカウンセラーとは、利用者様のパートナーであり分身だからです。 自分を第3者の目線からみてくれる人、そして正直に伝えてくれるので、相手にも自然と正直な自分を伝えることができます。それは、結婚後も維持されることが多いようです。

カウンセラーの助言やサポートを受けることで、自分と向き合うことができます。自分に向き合う余裕が生まれると自然と相手とも向き合えるようになります。結婚相談所で出会って結婚した夫婦は、お互いに自分のことを理解しているので、長続きしやすいのではないでしょうか。

結婚の終わりは離婚…を防ぐには

結婚には膨大なパワーを消費しますが、離婚となればその何倍、何十倍ものパワーを消費しストレスを蓄積させます。とはいえ、一緒にいることがストレスとなってしまうような相手と一緒に生活することを考えれば早いうちに…と考える人の増加が現在の離婚率に繋がっています。

結婚相談所で結婚した人は離婚しないかと聞かれればもちろんそうでない場合もあります。 ですが、日常での出会いとの違いや、特性を生かすことができれば離婚という悲しい終わりは防げるかもしれませんよ。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

素敵な結婚生活をスタートしたい女性へ!離婚を避ける3つの注意

男性が離婚を考える理由に、奥さんが「食事を作らない、不味い」「自分の両親や親戚と不仲」「喧嘩が増えてしまった」「スキンシップが減った」などが挙げられます。もしかして…そんな心当たりありませんか?

旦那さまに離婚を切り出されないためにも「男性が離婚を考えるきっかけ」を知り、自己分析していきましょう。あなたが婚活中であれば、将来そうならないように心構えを正していく必要があります。そうすれば自然と幸せな家庭を築いていけます。

食の好みがまったく合わない

人間の三大欲求に「食欲」があります。結婚前から直後までは、彼も「美味しい」と言ってくれるでしょうし、あなたも彼好みの味付けに合わせるでしょう。しかし、それぞれ育った家庭の味というものがあります。毎日の生活の中で「ちょっと味が濃い」「実はこれ苦手なんだよな」といった些細な不満が蓄積していって、仲違いの原因に発展していきます。

あなたが専業主婦になる場合だと、日々の食事は全て任される形になるでしょう。あなた好みの味付けと料理のレパートリーでは、仕事を終えて疲れた旦那さまは精神的にまいってしまうかもしれません。あなたも、せっかく作った料理に塩やソースをこれみよがしにかけられたら不快に思うはずです。

あなたが夜の営みに応じない

続いて「性欲」が挙げられます。男性は女性よりも性欲が強い生き物ですから、旦那さまの気持ちに応じない日々が続いてしまうと、男性はおのずと風俗に通ってしまったり、よそで愛人を作ってしまう…なんてことも。

女性にとっての性行為とは、妊娠の危険性やホルモンバランスの乱れなど、体の体調に直結してしまうことが多いです。気乗りしない日は無理をしなくても良いですが、応じないままでいると法的にも妻のほうに非があると責められるケースもあります。

日本人の平均的な回数は、月に一度というアンケート結果もあり、数字にしてみると少なく感じますね。あなたが自発的に気分を高める必要がありますし(逆に旦那さまが疲れている場合もあるので適切に)旦那さまも応じやすいムードを作るなど、お互いに良く話し合うことを怠ってはいけません。

あなたが神経質になり、何かと口をはさむ

もしかしたら若年性更年期障害だったり、ホルモンバランスの乱れがあるのかもしれません。PMS(月経前症候群)の女性も多くなってきています。

生理前のイライラや体調不良、精神的な乱れがあると、旦那さまのことなんて気にかけてる余裕ないですよね。これらを理解してくれる男性というのも希です。ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えていくと、旦那さまにキツくあたりちらし口汚くなっていきます。そうすると悪循環から抜けにくくなっていきます。

良い結婚生活をスタートするために

結婚生活は「忍耐」と「妥協」が必要と言いますが、現状維持に徹して良い結婚生活を諦めてしまっては本当の幸せとは言えません。お相手に愛情を注がれたい、理解されたいと願っても難しいところがありますよね。

お互い健康に関心を持ち、お相手を思いやる気持ちが結婚生活には必要不可欠です。あとはドキドキするスパイスがあると良いですね。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断