婚活の優先順位の決め方

婚活がうまくいかない時、こんなことを言われた経験はありませんか? 「理想が高すぎるんじゃない?結婚は妥協するもの。ほとんどの人が妥協しているものよ」

できれば妥協したくないし、理想の人と結婚できなければ意味はないと思う人も多いでしょう。ですが、妥協してもしなくても、結婚後に1ミリもネガティブな気持ちになったことがない人はおそらくいないでしょう。相手に不満が出てくることも多いですし、相手の家族、仕事、お金、子供などの本人の力だけではどうにもならない問題が起こるからです。

「結局、理想の相手なんていないじゃない!」そう感じるかもしれませんが、課題を乗り越えて進むからこそ家族の絆は深まっていくものです。 一緒に課題を乗り越えていける相手をどうやって探せばいいんでしょうか? それは、理想の相手に求める条件に優先順位をつけるだけなのです。

出逢った男性の中にはあなたの運命の相手が…

自分の理想の相手に巡り合えないのではなく、出逢った男性の誰かがあなたの運命の相手なんです。

条件を10個そろっている人を見つけようとするから、誰もいないと感じてしまいます。優先度の高い条件を2個にしぼれば、候補の男性の数は一気に増えるでしょう。その中から、自分とフィーリングが合う人を探していく方がより早く確実なのです。

婚活パーティで会話できる時間はわずかです。自分のアンテナだけで10個全ての条件を満たす人を探すこと自体困難ですし、一度に大勢の人と会うのでアンテナの精度も疲れて次第に落ちてきてしまうでしょう。

優先順位が決まっていれば、出逢った男性が運命の人だと気付く可能性が一気にアップします。

「普通の男性でいいんです」はすでに理想が高い?

不況のこの時代、そんなに好条件の人を求めてないという人も多いでしょう。 理想の男性は高学歴・高身長・高収入の“3高”と言われた時代もありました。現在は、平均的な年収と外見で性格も平穏な“3平”と呼ばれる男性が人気です。ある程度安定した生活と浮気をしないなどのリスクを回避したい女性が増えてきたのでしょう。

しかし、そもそも“普通の人”自体が理想が高い相手なんです!

普通というのは外見・性格・収入・身長などの条件が全て平均点以上ということです。テストの点数の普通は70点前後でしょうか?全教科70点以上を取る学生はクラスに何人いましたか?クラスで、これだけそろった男子も女子も少ないものです。かと言って、全教科50点が理想かと言われると違いますよね。

しかも、平均的な男性の方が人気の今、人数も少ないうえに競争率が高い相手を探しているわけですから、難しいのは当然なんです。

運命の人に気が付く優先順位の決め方

自分が一番大切にしたい条件を考えてみましょう。まずは、あなたが理想とする夫婦生活や家族をイメージしてみてください。

“夫は自分や家族を大切にし、子供は2人、結婚後は共働きだけど休日は家族で出かけたり笑顔があふれるイメージ…。”

浮気などのリスクがなく、適度な休日がある仕事、子供好きの家族想い、あなたが仕事を続けることに賛成してくれる人でしょうか。

優先順位で示すと、①誠実さ ②定職 ③家族優先 ④女性の仕事への理解と家事分担

一番最初に思い描いたイメージから、自分が譲れないことや大切にしたいものを最優先しましょう。あればベターかな?のような条件は削除するのではなく、優先順位を下にすればOKです。

優先順位が決まったら…

上の例でいくと、誠実で定職がある男性は多いでしょう。婚活パーティに参加していれば、家族を作りたい思いもあるでしょうから。 そう考えると、今まで候補から外れていた相手も一気に増えます。あとはそこから少しずつ距離を縮めて、しっくりくる相手を見つけていくだけです。

自分が一番大切なものが何かに気づけば相手を見る目も変わってきます。そして、あなたと同じものを大切にしたい男性とも出逢いやすくなります。

衝突することがあっても後悔する日があっても支え合いながら家族になっていくものです。生涯を共に支え合っていく相手だからこそ、同じものを大切にしあえる相手と結ばれたいですね。

でも本当にその婚活方法で大丈夫?

結婚適齢期に結婚がしたいと考えた時にまず浮かぶのが、合コンや街コンへの参加ではないでしょうか。 合コンや街コンは気軽に誰でも参加することができるので、婚活初心者の方でも参加しやすいのが大きなメリットです。

しかし、合コンや街コンに参加している参加者の中にはまだ結婚に対して真剣に考えていないという方もたくさんいます。そのため、すぐに結婚相手を見つけて結婚適齢期までに結婚をしたいという方にはあまりおすすめできる婚活方法ではないのです。

結婚適齢期に結婚したいなら結婚相談所が近道!

結婚相談所には結婚について前向きで真剣な方ばかりが登録をしているので、参加者全員が結婚への意識が高いため、交際が始まれば結婚にすぐ繋げることができるのです。

また、結婚相談所では成婚に至ることができるように様々なサポートを行っています。パーティーやセミナーが定期的に開催されるので、多くの人と出会うチャンスがあります。また、なかでもプロのアドバイザーによるサポートはとても充実した内容で、婚活中の会員の方の強い味方になってくれます。

そのため、結婚適齢期までに結婚がしたい方にとって結婚相談所は最も有効な婚活方法であり、大変おすすめなのです。

結婚相談所への登録に適齢期はあるのでしょうか?

では、いざ結婚相談所を利用しようと思った時に気になるのが、入会するのに適齢期があるのかということでしょう。 結婚には適齢期というものがあると言われていますが、結婚相談所への入会にも適齢期はあるのか気になるところですよね。

結婚相談所にこれから入会しようとお考えの方も、現在結婚相談所を利用している方も参考にしてみてください!

結婚相談所で人気の年齢層

結婚相談所には様々な年齢の方が入会をすることができます。年齢制限を設けている会社も多く、大半の結婚相談所で20歳くらいから75歳くらいまでの年齢の方の入会を受け付けています。

その中で最も多い年齢層は、30代~40代のいわゆるアラサ―・アラフォー世代です。

しかし、結婚相談所の中で一番人気のある年齢層は、男女ともにやはり20代後半になってきます。若さは何物にも代えることができず、大きな魅力なのです。

思いたったが吉日

結婚相談所への入会にあたって適齢期はいつなのかと考えると、若ければ若いほど男女共にモテることができるので若いに越したことはありません。

しかし、若くないと結婚できないのかというと決してそうではありません。そのため、結婚に対して真剣に考え始めた時が適齢期であり良いきっかけです。

結婚がしたいからいい人に出会いたいなと思ったらそのときが適齢期なのです。 思い立ったらそのときが行動するとき!まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断