上手なお断りの仕方│婚活中に出会った面倒な男性からのアプローチをかわす方法

婚活中、面倒な男性からのアプローチをかわすコツ

婚活中、意中でない男性からのアプローチを受けることもあります。友人としてなら良くても、結婚を前提としたお付き合いとなると妥協するわけにはいきません。恋愛を始める際には、生理的に受け付けない人や相性に問題がある人などは避けたいものですが、そのような全く合わない人に好かれてしまうこともあります。 そんなときにやんわりと離れるコツをご紹介します。

相手を生理的に受け付けない場合

受け付けないからと言って最初から無下に避けるようなことはできません。「あの人は冷たい」「性格の悪い女だ」などと根も葉もない噂を流されてしまい、婚活に支障をきたすことがあるからです。 では、どうすればいいのでしょうか。

①ほかに好きな人がいるとアピールする

実際にはいなくても構いません。時には知り合いの男性に協力してもらった方がいい場合もあります。

②なるべく関わらないようにする

具体的にはメールや電話、直接顔を合わせる頻度を徐々に減らしていくのです。この「徐々に」がポイントで、急に減らすと逆に詰め寄られることもあるので気を付けてくださいね。

リスク管理も忘れずに

婚活中ということを考え、変な噂を流されるようなことがないよう注意が必要です。 相手の気持ちを無下にする様なことは避けましょう。相手の気持ちになり、なるべく傷つけないような対応を心掛けでください。やんわり、でもきっぱりとです。男性によっては逆上して暴力に訴える人もいますので、第三者を入れるなどの工夫も必要ですよ。

婚活中にタイプでない方に好かれてしまったらどうする!?

まず、断るのが苦手な女性とはどんな女性なのでしょうか?

はっきりと言ってしまったことで相手を傷つけたり、気分を害してしまうかも…という思いより、相手に悪い印象を与えたくないという人がほとんどです。

断ることをこわがらないで

基本的に「男性のお誘いを断りたい」=「関わりたくない」ということです。

しかし、お断りした後でも接点がある場合でもあまり気にし過ぎる必要はありません。相手を立てながらきちんと振られたことが伝わるようなお断り方ができれば理想ですが、一般常識のある女性であればそういった配慮が自然にできるはずです。

断り方1 「忙しいから」と言ってみる

まず使える断り方は、仕事やプライベートの「忙しさ」をアピールする方法です。その際には必ず、男性にとって都合の良い日は伝えないようにします。

その時点で脈がないと感じとってくれる男性であればいいのですが、誘っていた日だけ忙しいと受け止めてしまう男性であればまた別の日でお誘いを受けることがあるでしょう。その場合にはまた断り方に悩んでしまうこととなってしまいます。当分の間忙しいということをしっかりと伝えましょう。

「しばらく忙しくて約束の日を決められないから、またこちらから連絡するね」と言うことで相手の男性は待つことになりますが、待てなくてまたお誘いの連絡がきた場合には「まだ忙しいんです」とお断りすればその内に男性はおのずと脈がないことを悟ってくれるでしょう。

断り方2 知人をつかったり、他に好きな人がいることを伝える

もし、お相手の男性に共通の知人がいる場合には「みんなで会わない?」と言ってみるのも一つの方法です。「二人きりで会いたくないんだな」と思わせるのがコツです。

もう顔を合わせたくないくらいの気持ちであれば「最近できた気になる彼に誤解されたくないからやめておくね」と言ってみます。

そうすればお誘いはなくなることでしょう。

お相手に対する配慮を忘れずに

お断りする際に忘れてはいけないのが「お相手に対する礼儀と誠実さ」です。

こちらにとって、恋愛や結婚の対象とは一切思えない男性であっても、あなたに想いを寄せてくれる人であることに変わりないのです。メールでのお誘いを無視したり約束をドタキャンするなどという行為は、絶対にしてはいけません。

相手を軽んじたひどい態度をとれば、いつかまわりまわって自分の婚活に返ってきます。

お断りする時に意識したいのは、「お誘いに応えられないのは、あなたに理由があるからではなく、あくまでこちらの事情なんですよ」という断り方をすることです。

ソフトかつはっきりと

もちろん実際は、男性がタイプではないためにお断りしている訳なのですが、「タイプではない」とはっきり言う訳にはいきません。 ソフトな理由でもはっきりと「デートできる状況ではない」ことを伝えることが大切です。

断るのが苦手な女性へ

相手を傷つけないために 自分に好意を持ってくれているけど相手に好意がない場合、傷つけずに自分の気持ちを伝えてお断りすることはなかなか難しいことです。

優柔不断な性格の場合、断ることができずに男性のお誘いを受けてしまうこともあるでしょう。しかし、それは自分自身にとって楽しい時間でもなく、婚活の時間を無駄にしてしまう可能性もあるのです。お誘いを受けることで、相手も勘違いしてしまうので失礼にあたります。

断りきれないままデートした後で告白され、お断りすれば男性はかえって傷つきます。全ての恋愛や婚活が実ることではないので、断ったり断られたりというシーンは珍しくありません。

婚活では振り・振られがあたりまえ

今回、男性を振る結果となったあなたにも、いつかきっと誰かに振られることがあります。振られてしまった時はショックを受け傷つくことでしょう。

しかし、どんなに相手のことが好きでも自分の気持ちが届かないということを悟ればいつかはふっきれてまた好きな人もできるはずです。「傷つけたくない」という気持ちで悩み過ぎることはありません。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

好みではない男性からのお誘い。上手に断るには?

婚活をしていると、時には好みではない男性からのお誘いを受けることもあります。 相手も自分同様真剣な交際を望んでいるわけですから、あまり無下に断るということはできないでしょう。 しかし、そんな男性からお誘いを受けた時、どのようにして断れば相手の気持ちを傷つけずに断れるのでしょうか。 その方法をご紹介したいと思います。

上手にお断りするには、割り切ること

婚活という場所は、まさに戦場です。戦場に情けは無用ですよね! ですので、冷酷なようですが、自分が好意を持てないと思った人には割り切ってきちんとお断りすることが大切です。

情けばかりかけていると、意中の男性を逃してしまうばかりではなく相手の男性にも失礼なことです。 しかし、あまり冷たくお断りして変な噂を流されても困りますので、相手を傷つけないようにやんわりお断りしましょう。

上手なお断りの仕方

相手を傷つけずにお断りするには、まず相手に悪い点はないという事を明確にしてあげる事が大切です。 婚活という性質上、あまりストレートに断ると悪い印象を相手に与えてしまい、結果的に自分の婚活がスムーズに運ばない原因になってしまう可能性があります。

例えば、お見合いパーティーなどの席では、「最初から決めている人がいる」や「全ての人と万遍なく会話がしたい」のような台詞を用いるようにしましょう。そして、そっとその場を去るようにします。

その他の場面では、「片思いの人がいる」や、「昔から好きな芸能人がいてその人以外はNG」などを上手に活用するようにしましょう。後者の例は笑い話にもできそうですよね(笑)

知人に説得してもらう

次に、断っても断ってもめげない人に用いる方法です。 婚活では、いくらやんわりお断りしても全く動じない方がいます。

そのような人には、同性の方とタッグを組むという方法をおすすめします。同性の方からその男性に対して、「○○さん(自分)は他に好きな人がいるから諦めた方がいい」と説得してもらうのです。

また、しつこく誘ってくる人に対し、「○○さん(他の女性)があなたに好意を寄せている」と言ってもらいましょう。 もちろん、その女性に事前に承諾を得てからにします。 いくらしつこく詰め寄っても、他の女性から好意を寄せられていると知ったら、男性はそちらの女性に興味を示すことでしょう。

お断りする際に気をつける点とは

婚活で男性からのアプローチをお断りするのに気を付ける点としては、直接的に断らないという事です。

あなたが嫌いだから、あなたの容姿が気に入らないから、年収が少なすぎるから…などという理由で断ると、相手を傷つけるばかりか、あなた自身が「心の狭い人間だ」という印象で見られてしまいます。 それは、今後の婚活に悪い影響を与えることでしょう。

ですので、なるべく相手の気持ちに配慮し、相手の気持ちを大切にしながらお断りするようにすることが大事です。 更に大事なのは、お断りするにしても常に笑顔を心掛けることです。 笑顔は相手にいいイメージを与え、断られるマイナスイメージを払拭します。

それでも上手にお断りできない、女性読者へアドバイス

なぜ上手にお断りできないのでしょうか? 断るのが苦手な女性というのは、心の中で葛藤があるからです。 断りたいけど、断ったらこの人がかわいそう…などと考えてしまっているのです。

上手にお断りするには、きちんと自分の中で「この人は生理的に受け付けないから絶対に断る」と決め、一度決めたら揺らがずに、相手を傷つけないように断り続けます。

きちんと自分で決めて行動する癖をつければ、段々と断るのが上手になっていくはずです。 肝心なのは、周りに流されない事です。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

タイプじゃない男性からのお誘いの対処法(電話やメール編)

合コンやパーティのように複数または大勢の男女が集まるシーンで、すべての男女がカップリング成立することはとても稀で、片思いはつきものです。

特に男性慣れしていない女性の場合はタイプじゃない男性からアプローチされると困ってしまいますよね。 男性あしらいの上手さは性格的なものもありますが、大抵は「慣れ」です。 では、慣れてない女性がタイプじゃない男性のお誘いをかわすにはどうしたらいいのでしょうか?そのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にされてくださいね。

直接または電話で食事やデートに誘われたら

面と向かって誘われると、はっきり「NO」とはいいづらいですよね。

そんなとき、 1回目なら、「機会があれば」とかわし、 2回目には、「ちょっと時間がなくて」とはぐらかし、 それでも3回目誘われたら、「お友だち、紹介してください」と、相手に興味がないことを暗に伝えるというのがテッパンでしょう。

つい相手のペースに流されて、「はあ」「そうですね」など肯定的な相槌を打ってしまうと、それ以降なかなかこちらのペースに持って行きにくくなってしまいますので要注意です。タイプじゃない人にはバリアを張って、自分のペースを崩さないことが重要です。

しつこいメールへの対処

好意を持たれていると勘違いしているのか可能性があると信じているのか、空気が読めず頻繁にメールしてくる男性も中にはいます。

付き合ってもいないのに頻繁にメールをよこすのは

○直接電話等で連絡する勇気はないけれど、脈があるか確かめたい ○単にメールが好き

が大半です。

しつこいメールへの対処はズバリ、「ひたすら無視」です。そうすればたいていの場合、相手は飽きて相手をしてくれそうな次の女性に行こうとします。 真面目に断りの返信をすると「じゃあいつならいいの?」とエンドレスになってしまいます。

無視が一番の自己防衛なのです。

角が立たない断り方を会得したい!

婚活を有利に進めるにはやはり出会い(チャンス)の数がモノを言います。なぜなら多くの男性と出会うことで、必然的に好みの男性と出会える可能性は格段に高くなるからです。

しかし出会いの数が増えれば増えるほど、ちょっとご遠慮いただきたい男性とも出会ってしまうのは仕方がないことです。無用なトラブルは避け、自分の身を守る術として、タイプではない男性に対して角が立たないようにやんわりとお断りする方法を身につけておきましょう。

どっちつかずは相手に失礼

もしも婚活中に「この人はちょっと…」という男性に出会ったら、やんわりとしかしきっぱりと断るようにしましょう。どっちつかずのあいまいな態度でズルズルと引き延ばしてしまうと、相手に気を持たせてしまうことになり、失礼です。相手も婚活中なら尚更早めに対処する必要があります。

気がないのなら気がないと、きちんと早めに伝えることで余計なトラブルは防ぎまましょう。

相手のプライドを傷つけない

お断りする際に気を付けていただきたいことがあります。それは、決して相手のプライドを傷つけるようなことを言わないということです。 こちらに気がないのにしつこくされたりすると感情的になることもありますが、きつい口調で男性の欠点を指摘するなどということは絶対にしないでください。逆恨みされ、ストーカー行為でもされてしまっては婚活どころではありません!

相手の気に入らないところをあげつらったところで何の解決にもならないということを、しっかりと心に留めておいてくださいね。

誠実に、丁寧に伝えましょう

数多くの女性の中からあなたに興味を持ち好意を示してくれたのですから、まずは相手の男性に対して感謝の気持ちを表現しましょう。その上で、気持ちに応えることはできないという自分の気持ちを誠実に伝えましょう。

うまく表現できなくても、あなた自身の言葉で丁寧に伝えることができたらきっと上手に断れるはずです。

忘れてはいけないこと

常に念頭に置いておいてほしいのは「自分がされて嫌なことは相手も嫌」ということです。これは婚活中でなくても言えることですよね。

お断りする際に、「自分がされたら(言われたら)どうだろう?」と冷静に考えることができたら、おのずと答えは見えてくるでしょう。

誠実にお断りすることができれば、あなたにはまた新しい出会いが待っています。 次こそぴったりのお相手がみつかるといいですね。

より確実な婚活のために!難あり男性と距離を置くための言葉4選

婚活中にはたくさんの男性に出会いますよね。 プロフィールには書かれていない困った過去があったり、実は仕事をしていなかったり、束縛癖があったり…色々と難ありの男性だったということもあるかと思います。

そんな彼に対して丁寧にお付き合いしていては、はっきり言って時間がもったいないだけですよね。しかし、きっぱりきつい言い方をして、ストーカーになったり逆上などされたりしてしまっては大変!

今回はそんな困った男性と距離を置くための魔法の言葉をお伝えします。どれもとっても簡単なものばかりなので、 あとで困ったトラブルになることを防ぐためにも早めの対策をしていきましょうね!

たったこの4ワードで撃退!

1.「ケータイの調子が悪いの」

これは、とっても便利で使いやすい言い訳です。 「ケータイの調子が悪いから、着信があっても気付けないかも。ごめんね?」「家にいると電波が悪くって…。メールの返信が遅くなっちゃっても許してね?」などとあらかじめ言っておけばその後電話がかかってきてもメールがきても少し安心ですね。

2.「飼っているペットがちょっと病気で…」

夜のお仕事をしている方がよく使うワードなのだそうです。 「薬あげないといけないから夕方には帰らないとだめなの」「休日は外出できないの」など、とても使いやすいです。

3.「お兄ちゃんと一緒に住むことになって」

男性を自宅に呼ぶことを避けることができる上、「あんまり帰りが遅いと心配するから…」と言って早く帰ることができます。 なかには、本命の彼と同棲していてもこの言い訳は使えそうですね。

4.「来週ちょっと忙しくって…」

具体的に何に忙しいのかなどと言わず、「ちょっとバタバタしてて…」などと言うと彼もいつなら空いているのかわからず誘いにくくなるのです。


以上の4点が黄金キーワードです。 少し心苦しい嘘もありますが、すべては自分の明るい幸せな未来のため! 心を鬼にしてでも、難がありそうな男性とはこのようにして離れていきましょう。

自分の婚活方法に限界を感じたら…

もし自分のやり方に限界を感じたら、新しい出会いのシチュエーションを検討されてみるのもいいかもしれません。

年齢別モテやすい婚活方法

年齢によってモテやすい、ということがままありえます。 こちらではその目安をご紹介します。

もちろん、年齢を感じさせないほど魅力的な方であればこの限りではありませんので、あくまでご参考程度にご覧ください。

年代 婚活アプリ 婚活パーティー 結婚相談所
20代前半
20代後半
30代前半 ×
30代後半 × ×
40代前半 × ×
40代後半 × ×

3ヶ月以内に素敵な人と出会いたいなら結婚相談所がおすすめ

3ヶ月以内に素敵な男性と出会って結婚したい、と思う方には結婚相談所がおすすめです。

周囲に内緒で婚活でき、気軽に始められるリーズナブルなプランも多くあります。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

結婚相談所選び、最初の一歩に迷ったら一括資料請求

どの結婚紹介所を選んだらいいのかわかないという方は、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。

資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料