もしかして俺、利用されてる!? ~男性が「無理」と感じる女性像~

男性は、容姿が好みでどストライクの女性を、一生に一度は口説いてみたいと思う生き物だったりします。

もし彼女と別れてしまったとして、無意識的に次に付き合った女性も似たような容姿をしていた、なんて事が多々あるようです。恋愛経験のない男性であれば、好みのアイドルや女優さんに風貌が似ている女性を求めてしまいます。

もしかして、俺利用されているのかも…

しかし、いくら好みであっても仲が近づくにつれて「ちょっと無理かも」と男性が思ってしまうパターンが存在します。その「無理」な女性とは、いったいどんな人物像なのでしょうか?

女性に「利用価値がある」と思われているのに気づくと、男性は「無理」と思ってしまうでしょう。すぐ挙げられる例に金銭面など様々なものがありますが、なかには体目的なんてドライな女性もいるようです。

では、特にわかりやすい例を抜粋していきます。

焼肉と言えば「徐々苑」がスタンダード

デートの定番に、夕飯は焼肉!という風潮があるでしょう。しかし、高級店をチョイスしてくる(断れない雰囲気にする)女性は嫌われてしまいます。もはや游玄亭ともなると会席料理…焼肉に限らずミシュランガイドで三ツ星店ともなるキツいですね。

バブル景気の頃ならあるかもしれませんが、このご時世ともなってくると難しいでしょう。ランチタイムであれば特別感を気軽に味わえる範疇ですが、ディナータイムとなると話が違います。極めつけにお酒をボトルで頼んだ日には…当分ランチは、スーパーで特売のカップ麺の日々が続きそうです。

とにかくお金がかかる…

こういった食事の面でお金がかかる女性は、他のことでも同様な事が起こり得ると言っても過言ではありません。「食事にお金がかかる」「記念日でもないのに物を欲しがるなど」などの、金銭に関わる=直接生活の負担になると、そう長続きはしません。最初のうちは見栄を張ったり、相当の下心でなんとかカバーできていても、そのうちサヨナラなんてことになります。

「運転士としてこき使われる」「ただの荷物持ち」「良い男性を引き合わせる仲介役」など、便利屋(ならぬ雑用係)として扱われる=労力の負担であれば、まだ可愛い部類かもしれませんね。

欲求の解消のみを目的としている

あらゆる男性を転々としてばかりいる女性は、気軽に誘いやすいという反面、真剣に結婚を考えて交際を求める男性にとっては印象が悪く映るでしょう。お互いに割り切った性格ならば良いでしょうが、結婚に発展する要素は皆無です。

こういった肉体関係は恋愛なのか遊びなのかの線引きが非常に難しく、片方が不安を抱いてしまう場合があり、対人関係のトラブルに発展する原因にもなります。

「無理」と感じるどころか、傷つきやすくナイーブな男性だと一生のトラウマものになりかねません。もしあなたが心当たりがあり、婚活を機に不埒な振る舞いを改める気であれば、悟られないよう墓場まで持っていくようにしましょう…。

男性が求めるのは「平凡」な女性像

男性は、一度は典型的な「良い女」といった女性に憧れを抱き、付き合ってみたいと感じる生き物ですが、人によっては繋ぎとめておける範疇を上回り、断念してしまうケースが多いようです。やはり結婚となれば、自分と対等で価値観が近い女性を求めます。

記念日であれば高級料理店も良いかもしれません。しかし、本当に愛し合っているならば、どんな料理でも美味しく感じるものです。双方若いうちは浮かれがちになってしまいますが、この先の結婚生活はとても長いものになります。関係を無理なく破綻させずに持続させるには、平凡が一番でしょう。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断