婚活疲れを撃退!楽しみながらモチベーション高く婚活を続ける方法

なかなか婚活が上手くいかない…もしかして「婚活疲れ」では?

最初はあんなに張り切っていたのに、最近疲れを感じてしまって思うようにいかない。段々「幸せな結婚」から遠ざかっている。そんなふうに感じることはありませんか?そんな「婚活疲れ」は誰もが経験するものです。

結婚紹介所に登録したり、精力的に婚活パーティーに参加してもなかなか未来の旦那さまと出会うことができなかったり…婚活のモチベーションを高く維持できるのは、最初の1年ほどかもしれません。

「このまま婚活を続けていても、結婚できないかもしれない」「次々と友達は結婚していくのに…」結婚を急ぐあまり、自分の心と身体のメンテナンスを怠っている可能性があります。

あなたは大丈夫?婚活疲れに陥りやすいのはこんな人!

「落ち込んだときは休むし、つらいことは考えないようにしてるから大丈夫。疲れがたまったらパーッと遊んで発散すればいいんでしょ?」 そうなんです。ストレスがたまったらきちんと発散できていれば問題ないですよね。

でも、ちょっと待ってください! 遊んだからといってストレスが発散されているとは限らないのです。つらいことと向き合わなかったり、私は大丈夫だと思い込んでいると、気が付いた時には回復が難しいぐらい心が傷ついてしまっているかもしれません。

自分なりの方法では、最初は対処できてもストレスが増えていくにつれ限界がきます。今回は、自分の思考パターンを知ることで、婚活疲れに強くなる方法をお伝えします。

自分の心を守るための機能とは?

今まで、イヤなことがあった時に、どのように対処してきましたか? カラオケや映画鑑賞などの行動というよりは、傷ついた心への折り合いの付け方です。

人間は、誰でも無意識に自分の心を守るための働きである“防衛機制”を持っています。大きなストレスが降りかかった時に、この機能がうまく働かないと、精神的に追い込まれてしまいます。防衛機制には、つらいことを考えないでおこうとする“抑圧”タイプ、自分を正当化しようとする“合理化”タイプなど、さまざまなタイプがあります。

それでは、あなたの防衛機制と思考パターンをチェックしてみましょう。

こんな人は気を付けて!あなたの思考タイプは?

もしあなたが失恋したらどう感じますか?

  • 「相手の見る目がなかった」
  • 「よく考えたらそんなに好きじゃなかった」
  • 「相手は結婚後に豹変するタイプだからこれで良かった」
  • 「他のことに打ち込んで早く忘れよう」
  • 「タイミングが合わなかっただけ、次がんばろう」
  • 「私のあの言動が悪かったのかも」
  • 「私に魅力がなかったのかな」

最後の2つを選んだ人は、防衛機制が働いていない可能性があります。 うまくいかない時の思考パターンが全てこのタイプの人は自分に非があると捉えられる謙虚な人ですが、自分を責めてしまいがちですので、さまざまなストレスにも弱くなります。

自分のパターンを知って不安になった人も、ある能力を鍛えれば大丈夫です!

その能力って?

それは、自分で自分の感情をコントロールする能力です。

婚活に疲れてしまう原因はさまざまですが、最も深刻なのは自分を責め続けてしまうタイプの人です。うまくいかなかった場合、相手のせいにすることが良いわけではないですが、結婚に結びつかない原因を全て自分の責任だと捉えてしまうと、自己嫌悪に陥り、自信喪失や無気力にもつながりかねません。

出逢いや結婚は運やタイミングの影響もあります。今回はご縁がなかったのだと切り替えられる強さも大切です。切り替えられる能力、つまり自分で自分の感情をコントロールする能力です。

自分の心は自分で守ろう

自分の感情をコントロールする能力を鍛えるためには、次の2つを重点的に実施します。

①自分の力で変えられないこと(他人の意思、過去の失敗など)には執着しない

つまり、自分の力で変えられること(自分の意思、思考パターン、未来など)に力を注ぐということです。後悔や反省も大切ですが、そこにとらわれすぎずに経験をチャンスと捉えて、未来に目を向けるようにしましょう。

②元気で嬉しい気持ちを体で表現する

楽しくなくても笑顔になれば不思議と気持ちが和らいできますよね。 声を出しながらガッツポーズ、バンザイなどの一番うれしかった時のポーズをやってみます。バカバカしくても意外と効果があります。楽しかった記憶は体が一番覚えているのかもしれませんね。特に寝る前に行うと、悪夢を見ないで良い気持ちのまま眠りに入れるのでオススメです。

リラクゼーションも忘れずに

もう一つの心のケアとして瞑想も効果的です。頭や心を空っぽにすることで、さまざまなストレスから解放されます。

まず、1人になれる落ち着く環境を作ります。部屋を暗めに設定し、楽な服装で疲れない姿勢で座ります。目を閉じ腹式呼吸で深呼吸をします。最初はつらかったことを俯瞰的に認識します。自分の感情をしっかり認識したら、今度は完全に頭の中から消去します。思い浮かんでもスッと外に流していくイメージです。何も浮かばなくなるまで続けたら、目を開けると心が少し軽くなっているのを感じることでしょう。

ストレスにもリラックスにも効果的な方法の代表は大笑いすることです。オーバーなくらい笑ってみましょう。


いかがでしたか? 慣れるまでは時間はかかるかもしれませんが、自分が心地よいと思う方法で少しずつ元気を取り戻し、婚活に疲れにくく回復しやすい心を目指しましょう。

婚活を忘れてリフレッシュするのはアリ!

「婚活」は頑張り過ぎないことです。あなたが疲れた顔をしていたら、相手の男性にはどのように映るでしょうか。そんな自分は見て欲しくないですよね。生き生きとした自分を見てもらうためには、心に栄養が必要なのです。思い切って、一旦婚活を休止してみてはどうでしょうか。不安を抱えたまま続けていたら、思い通りにはいかないかもしれません。

買物をする、友人と出かける、エステや美容院に行くなどの日常的なものから、思い切って海外旅行に出かけてみるなど方法は様々。または舞台を観劇したり、美術館に足を運んだり、芸術に触れることで教養も身につくかもしれません。自宅で映画鑑賞をする、ほんの些細なことでも構わないのです。

それでもモチベーションがあがらないときには?

リフレッシュしても、モチベーションが上がらない。それは結婚の想像図が、漠然としているせいかもしれません。理想の結婚像を思い浮かべて、明確にしてみましょう。あなたにとって結婚とは、理想の旦那さまとは、何でしょうか。どんな家庭を築きたいのでしょうか。

身長は何センチで、どんな性格で容姿なのか。家族構成や学歴、勤めている企業や職種、年収は何百万以上なのか。旦那さまの設定を考えるように、書き出していきます。すべてを書き出し、何度も読み返しているうちに、イメージがハッキリしてくるはずです。

相手の条件を見直すなどこれまでと違う視点をもつのもおすすめ

書き出したその中に、背伸びをした設定はありませんか?はたしてその理想の相手と、あなたは幸せになれるのでしょうか。完全に一致した人物と出会えるとは限りません。

理想の最低収入が800万円。650万円では妥協出来ませんか?たとえ好みな相手でも、年収100万円の男性との結婚は想像しにくいものです。しかし650万円あれば、普通の生活はできます。共働きであれば金銭には余裕があるでしょう。そこで、差額の150万円を譲れない理由は何か…考えてみてください。

結婚に求める条件を少し緩めてみてはどうでしょうか。条件の見直しをすることで、心にゆとりができるはずです。それはモチベーションにもつながります。

どうしたら婚活中のモチベーションダウンから回復できるの?

「さあ婚活を始めるぞ!」と最初は意気込んでいたのに、自分が望む理想の男性になかなか出会えないまま、あまりにも長く婚活を続けていると、途中で息切れして婚活へのモチベーションが下がってしまうことってありませんか?

素敵な旦那さまに巡り合うまで、楽しんで婚活を頑張りたいですよね。負のスパイラルから抜け出して、モチベーションを回復させましょう!

婚活の負のスパイラルから脱却しましょう!

婚活が長引くと負のスパイラルに陥ってしまいます。一生懸命合コンに参加したり、友人からも良い人を紹介してもらったのに…気がついたら月日が経っていた。そういう状況になると、精神的にもかなり苦しくなってしまいがちです。ですが、自分にはピッタリの相手なんていないんだなんて、思って塞ぎ込んではいけません。

自分より友人が先に結婚してしまったとき、つい羨んだり妬んだりすることはなかったでしょうか?ですが、その感情を逆手に取ることで、開ける道がきっとあるでしょう。

友人達の結婚や成功を祝福して、それにあやかるつもりで頑張ってみてください。身近な人にいいことがあると、連鎖反応的に自分にも良いことが巡ってくることだってあるのです。

どうやってモチベーションをあげれば良いの?

婚活を始めたばかりのころはまだ婚活に慣れていないため、良い人が現れないと極端にガッカリしてしまう傾向にあります。しかし、たくさんの男性の中からたった一人の自分の伴侶を探すわけですから、時間がかかってしまうのは当然のことなのです。

婚活を始める時は、まずいつからいつまでという期間を決めると良いでしょう。そうすることにより頑張りが続きやすくなります。もし、その目標の期間までに相手が見つからなかったとしても気に病むことはありません。闇雲に続けていては、必ず途中で息切れしてしまいますし、途中で投げ出してしまう原因に繋がります。

最初はいろんな男性と出会うことが大切です。その中でフィーリングがあう人がいれば、待っていないで自分から積極的にアプローチしましょう。婚活なのですから、女性からデートに誘っても不自然ではありません。

婚活そのものを嫌いにならないで! ~婚活を理解し価値観を広げよう~

婚活は理想的な結婚相手と出会いさえすれば終わり、という簡単なものではありません。出会いのあとの道筋をしっかり考える必要があります。"婚活"という言葉の響きに踊らされないよう意識しましょう。

正しい婚活を知り、相手の内面も知る

当然のことですが、出会ったその場で結婚が決まるわけではありません。出会いはそんな形であれ、結婚するまでに一定の「恋愛期間」が存在します。婚活はきっかけに過ぎず、通過点でしかないのです。正しい婚活というものを知っていきましょう。

正しい婚活とは、正しい恋愛です。テレビや雑誌で婚活婚活と煽られて、まわりも頑張っているから私も!と流されてるようでは意思が薄弱で、長続きしません。そうしているとうまくいかず、次第に嫌になってしまい、恋愛に面倒くささを感じてしまうかもしれません。

出会いの場数を踏めばそれだけ結婚できる確率が上がる…なんて思うのは危険です。数撃てば当たる。あなたはそんな伴侶の見つけ方では納得できませんよね。じっくり相手と向き合い、その人の内面を知っていきましょう。第一印象にピンとこなくても、話をする中で印象が変わっていくこともあります。

婚活の先にある結婚を考えて

婚活をしているんだからなるべく多くの人とあわなきゃ!と自分を追い込まないようにしましょう。強迫観念にかられた気持ちのまま、合コンやパーティーに出席しても、心から楽しめないかもしれません。

せっかく良い人がいたのに、次の人次の人と気持ちが急いていると、その人との時間をないがしろにしがちです。薄っぺらな出会いに、チャンスはなかなかやってきませんし、交際を申し込んでも相手は良い気がしないかもしれません。

婚活に参加する人は、女性も男性も真剣に結婚相手を探しているのは間違いないところです。ただの出会いの場と捉えているならば一度立ち止まり、男性側の気持ちを汲み取って、少しでも近づけるように心がけましょう。

疲れないためには理想を追いすぎないこと

理想ばかり追って、現実から逃げている…なんてことになっていませんか?理想はあくまで理想です。こうであったら良いなという気持ちで捉えておくと良いでしょう。収入、性格、容姿などなど、結婚相手にさまざまな理想を持っているかと思いますが、それらを全て満たす方が一体何人いるでしょうか。

たいていの場合、相手に求める理想が高ければ高いほど、相手の理想も高くなっていく傾向にあります。あなたのこだわりを少しでも緩めるだけで、出会いのチャンスはもっと広がっていくはずです。そのために物の見方に対する価値観を磨き、相手の良いところを見つけていく努力をすることが大切です。

そうすることでいつしか自然と、あなたの前に未来の旦那さまが現れることでしょう。

婚活疲れに陥らないようにする方法と陥ったときの対処法

婚活は「幸せな結婚へ進むための有意義な手段」ですが、取り組み方によってはさまざまな壁にぶつかり、逆に結婚から離れてしまうことがあります。人生の伴侶を見つけ出す過程で、自分を励ましながら続けていても、ふとした時に疲れを感じて急に無気力になってしまう恐れがあります。

婚活疲れをいかに癒し、脱却するか。前向きな気持ちを維持するにはどうしたら良いのか、婚活疲れの対処法を考えていきましょう。

根を詰めない目標設定をする

婚活を始める時に、「いついつまで」という目標を決めると良いでしょう。その期間中は婚活を頑張り、それ以降はちょっと休憩をはさむなどメリハリをつけることで、婚活がもし長引いたとしても心にゆとりをもって続けることができます。

「結婚したい!」という気持ちばかりが強くなってしまうと、生活が会社と家の往復と婚活だけになってしまいがちです。そうすると途中で息切れしてしまい、仲の良い友人とも疎遠になってしまうかもしれません。

婚活も大事ですが、時には友人との時間を楽しんだり、趣味に没頭する時間を作ったりなど、婚活前に今まで自分が大切にしていたものに戻ってみると良いかもしれません。

休憩という名の自分磨きの時間を作る

常に結婚や恋愛に対して意識を高めている状況が続くと、次第に息切れしてしまいます。休憩するといっても、サボっているような気がしてなんだか嫌だ…なんて、意識の高いあなたは思ってしまうかもしれません。

では、休憩の時間を自分磨きの時間に置き換えてみてはどうでしょうか。まずは自分のしたいことをノートに書き出し、婚活をしている間はできなかったことをひとつずつ実行していく。あえて控えていたことでも良いです。

習い事をすればアピールポイントの幅が広がりますし、自分へのご褒美にエステや温泉に行ってぞんぶんに甘やかすのも良いですね。磨きで自信をつけ、心身ともにリフレッシュすることで「次も頑張ろう!」と婚活スイッチが自然とオンになるはずです。

運次第なのだと考える

婚活をしていると、いろいろな人と出会う機会が増え、その中から特定の人と交際に発展することがあるでしょう。婚活への期待が高まっていたとしても、なかなか交際が思い通りに進んでいかない…そんなケースが結構多いのです。

こちらが好感を持っていた相手から交際を断られれば、かなり落胆してしまうでしょうし、逆にこちらがあまり好感を持てない相手から交際を申し込まれると、返事に困ってしまいます。こうしたすれ違いが重なると、次第に婚活に対して悲観的になってしまいがちになります。

たまたまその相手とは縁がなかっただけであり、上手くいかないのは自分のせいだ…なんて自分を全否定しないであげてください。逆にポジティブに捉えて、今後自分に適したお相手が現れる、それまでの通過点なんだと思ってください。

失敗の中から「気付き」を探して勉強する

婚活をしていると、何度も出会いと別れを繰り返すことは珍しいことではありません。そこで心が沈むのは人として当然の感情です。もし、落ち込んだ状態から復活できる兆しを感じたら、何故失敗したのか振り返り、その中から「気付き」を探しましょう。

自分の言動に落ち度があったのか振り返るとともに、相手についても再検討します。「収入が高いところに惹かれた」「だけど少し言動が横柄だった」「故に、私もムッとしてしまった」…などなど、その時気づけなかったことが次々に出てくることでしょう。

そのように感じたことを改めて意識すると、今回の失敗はやむを得ない当然なことなのです。そして、自分が相手に求める資質などがハッキリとしてくるでしょう。それを今後の婚活に生かしてください。

ハッキリとした成婚期日を設ける

結婚には最終期限が設けられていません。仕事の納期は支払いの納付期限のように「何月何日までに結婚しなければならない」という決まりはありません。それはじっくりと結婚相手を探せることにつながります。

しかし、相手に求めるものが高過ぎて選り好みばかりをしていると、気づかぬ間に年齢を重ねてしまう原因になってしまいます。婚活期間が長引いてしまうほど、婚活疲れに陥るリスクが高まり、家族や友人に急かされるのではないかと不安に思っていると、さらに婚活疲れへ拍車がかかってしまいます。

無理に結婚を急ぐことはありませんが、ある程度のメリハリを持って、婚活に臨むと良いでしょう。半年後には、一年後には…その頃になっても納得がいかなければ、また目標を設定してリスタートすればいいのです。

思い切って別のやり方を試してみる

合コン、街コン、マッチングアプリ、婚活パーティー、いろんな婚活を手当たり次第に試してみて、うまくいかないのは自分に問題があるから?婚活に向かない性格をしているから?と思いつめてしまうのが婚活疲れのよくある原因。

けれどもしかしたら、あなた自身に問題があるのではなく、やり方に問題があるだけかもしれません。

思い切って結婚相談所など、お金が多少かかる本気の婚活を始めてみるのも手ですよ。

それでもモテるのは容姿が良い人、若い人だけでしょ?と思われるかもしれませんが、婚活に大苦戦していた40代直前のごく普通の女性でも、入会したとたんに1ヶ月で100人以上の男性からお申込みされたというケースもあります。

自分に見切りをつける前に試してみてはいかがでしょうか?

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

婚活で疲れきった心を癒す方法

婚活に疲れたあなたを癒すベストパートナーは自分自身

婚活に疲れ切ったあなたを癒せる相手は1人しかいません。

あなたのことを誰よりも理解し、あなたのことを一番に考えている唯一無二のベストパートナー「あなた自身」。

「自分のことを全て理解できていたら苦労しないわよ」という声が聞こえてきそうですが、全て理解していなくていいんです。あなたが普段やっているある方法を自分にしてあげるだけでいいんです。

あなたの大切な人が落ち込んでいたらどうしますか?

あなたの大切な人が傷つき落ち込んでいたら、あなたはどうしますか?励ましたり一緒に悩んだり、大切な人が癒されることを探しますよね?あなたの大切な人にしてあげたい方法は、つまりあなた自身が落ち込んだ時にしてほしい行動なのです。

相手によって励ます内容は変えるでしょうが、自分がされたらイヤなことを相手にはまずしませんよね?自分を励ますことは苦手な人でも、誰かを励ますことは大切な人ならなおさらできるものです。

まずは、あなたの大切な人が落ち込んでいたら自分がどうするかを想像してみてください。 イメージが湧いてきましたか?では、具体的な方法を2つご紹介します。

その1:感情を出して、気分転換しよう

大切な人がつらい時に、「一緒にいるから思いっきり泣いてスッキリしちゃおう。」と声をかけたことはありませんか?

つらい時は、思いっきり泣くとスッキリします。感情的な状態で流された涙から、ストレス反応であるホルモンが検出されたという研究もあります。また、泣くことは脳内で気持ちを落ち着かせる物質を出させる効果があるので、本当のリラックスにつながると言えます。

大切な人が自分の感情を思いっきり出して泣くことができたら、 「おいしいケーキ屋さんがあるから、気分転換に行かない?」と誘いたくなります。

癒せる場所でマイナスイオンを浴びたり、いつもと違う景色を見てもらったりすることで元気になってもらいたいですよね。今までと違う景色を見ることで、自分を見つめ直す機会になり、新たな発見ができることもあります。

その2: 良いところをいっぱい教えてあげよう

いくら相手が「どうせ私はダメだから…。」と嘆いても、「イヤイヤ、あなたにはこんなステキなところがあるじゃない!」と励ましますよね。あなたと同じ性格の人がいたら、どう誉めるか考えてみましょう。

まずは自分の好みのものをたくさん挙げてみましょう。手帳や携帯に少しずつ書いていくのもおススメです。自分の好きな色、服、本、季節、芸能人、作家などに囲まれて過ごしていると、自分の本当に好きなものや傾向が見えてくるかもしれません。

特に寝る前は、“自分に花丸をつけましょう”。 今日がんばったこと、誉めたいこと、ポジティブなことを見つけましょう。1日1個でも良いので続けていくと、少しずつ自信や元気が湧いてくると思います。

あなたを元気づける一番のパートナーはあなた自身です。毎日のポジティブな積み重ねにより、本来のあなたらしさが取り戻せてくるはずです。

婚活疲れ知らず!モチベーションを高く維持する秘訣

「そろそろ年齢的に結婚を前提にお付き合いしたい」「結婚した友人が幸せそうで羨ましい」そんな風に感じて、婚活を頑張り始めた人は多いと思います。しかし、がむしゃらに出会いを求めて婚活に励んでいても、どうしても上手くいかないなんてことがあると、気持ちが落ちていってしまいますよね。

そんなマイナス思考に陥ってしまったときは、ちょっと立ち止まって深呼吸してみてください。婚活している中で、ポジティブな気持ちを失ってしまうと、なんのために婚活パーティーやお見合いにたくさん参加しているのか、目的を見失ってしまう恐れがあります。「毎週末の私の時間って、無意味なのかも…」そんな風に思ってしまっては本末転倒です。

婚活を楽しんでいますか?

昔ながらのお見合いだと、安心できる相手を探すことができる反面、両親や親戚などのしがらみが絡んで複雑なところがあります。ですが現在のような、婚活パーティーはそれほどハードルは高くありません。気軽に参加する事ができ、フィーリングが合う相手を探すことができるでしょう。

今まで頑張ってきたあなたは、こういった企画にたくさん参加されてきたことと思います。最初は緊張したと思いますが、何度か参加しているうちに大体の流れをつかめてきていることでしょう。

今までを振り返り、あなたは婚活を楽しく過ごせていましたか?もし楽しくなかった…と感じているならば、それは問題かもしれません。企画があなたに合わなかったか、理想の男性が見つからなかった、なんて感じているのではないでしょうか。

時には割り切ることも大事!

「なかなか選んでもらえない…」そう思っているうちに自信をなくしてしまいがちです。ですが、一度「婚活」であることを忘れて、「パーティー」なのだと割り切って楽しんでしまえば良いのです!

婚活パ^ティーに参加するメリットは「適齢期で結婚相手を真剣に探している同士が一堂に会する点」です。普段であればお話をすることもないような相手と、たくさん会話をすることで見識を広げることができます。

もし、気合をいれて参加した婚活パーティーで上手くいかなかったとしても「そんな時もある」「今日という日は無駄じゃなかった」と前向きに捉えるようおにしましょう。ドライな考え方かもしれませんが、固執しすぎるよりも良いでしょう。

毎日を楽しく過ごしてください!

楽しくないと人は頑張れないし続けていくことは難しいでしょう。しかし、婚活は「すぐにうまくいくものではない」と念頭において、焦らずマイペースに取り組んでみてください。焦っているままでいると、求めていたものを逃してしまうかもしれません。

婚活に人生の全てを捧げなくていいのです。仕事でもプライベートでも、自分の好きなことをして日々生き生きと過ごしているあなたは素敵です。自分を磨き、オシャレをして、毎日を楽しく大切に過ごしてください。チャンスはきっと到来します。その時、しっかりと幸せを掴んでくださいね。

婚活に疲れたら一度で二度おいしい気分転換

婚活に少し疲れたら休んで気分転換をするのもアリですが、ただ休んでいる期間は何となくもったいない気もします。もちろん、心がヘトヘトになりそうな場合にはしっかり休んだ方が良いのですが、どうせ休むなら婚活成功に近づける気分転換だと一石二鳥でお得ですよね。

まずは美容室へ!

最も簡単な気分転換はヘアチェンジです。大胆なイメチェンは挑戦しづらくても、ヘアチェンジ後は自然と髪型に合った服装やメイクに挑戦したくなります。美容室でのトリートメントやヘッドスパ体験だけでも、心がスッキリしプリンセス気分が味わえます。

ネイルもおススメです。男性に誉めてもらわなくても、お気に入りのネイルが自分の視界に入るだけでテンションが上がります。周囲の女性から誉められたら一日ハッピーですよね。仕事上ネイルが難しい人は、休日だけネイル、ペディキュア、爪を磨くだけでも十分です。

お気に入りの髪型やファッションで過ごす女性はイキイキして見えますし、自信が持てるので笑顔が増えます。自分への美の投資は、気分転換+注目度アップです。

ただ、抜群にオシャレな髪型やファッションは平均を好む日本人は敬遠しがちですので、女性の友人と会う時だけにしておいた方が無難です。

新たな場所へ出かけよう

比較的に簡単に実施できるのが、好きな場所へ出かけることです。以前から興味があったけど、面倒くさいし一人で行くのには抵抗があると感じていた場所にチャレンジしてみましょう。

お芝居、スポーツ観戦、ライブなど、興味があることならOKです。できれば、マニアックなものや今話題のもの、両方を体験できるのがベターです。注目度の高いイベントは、婚活での話題作りにもなりますし、マニアックなものはあなたが好きであればあるほど、その趣味が共通な人と出会いやすくなります。意外な趣味であれば、お互いに共感しあえるので好印象になり、心の距離が一気に近づきやすくなります。 こんな趣味の人は少ないだろうなーと思っている相手ほど、その貴重な1人=あなたに出逢えた時の運命感は大きくなりますから。

朝活のススメ

“朝活”という言葉が流行りましたよね。

朝、早起きをして運動したり料理をしたりすることは、夜間に活動するのに比べて美容・健康にも良く、安全でもあります。夜遅くに酔った状態で出会う人よりも、朝スッキリとした状態で同じ趣味の人と出会う方が結婚へのゴールは近いでしょう。

朝の時間が増えれば、夜遅くの食事や飲酒も減りますので、ダイエット効果も期待できます。また、手作りのお弁当やお菓子、パンを会社へ持参することで、周囲からも自然に家庭的な女性だと思われるでしょう。


婚活成功に近づく3つの気分転換をお伝えしましたがいかがでしたか? まずは初級編から始めてみて、リフレッシュしながらコッソリ婚活への道を開いてしまいましょう。

がんばりすぎて疲れていませんか?~婚活疲れの特効薬~

「婚活を始めて、毎回それなりにドキドキするし楽しいこともあるけれど、何となく最近疲れてきた気がする…。」 といったことを婚活経験者なら一度は感じたことがあるのではないでしょうか。何となく疲れた気がする、というあなたはちょっと注意が必要です。

「婚活はいろんな人に出逢えて自分のためにもなるし、それなりに楽しんでいるから自分には関係ない」と思ったあなたも、気を付けた方が良い時期かもしれません。

婚活を始めたばかりの人も、少し疲れてきた人も対処法を知っておくだけで婚活疲れを早めにやっつけることができます。今回はその効果的な方法をご紹介します。

何となく疲れたなって思ったら…

それは、心と体に休憩が必要なサインでしょう。仕事も友人関係も順調な場合はスルーしやすいですが、最初のサインを見逃さないことが大切です。

婚活疲れの対処法は、特別なことではなく心と体を休めた上で、自分に合うストレス解消法を実践するだけです。そのために、まずは婚活自体を一休みしてみましょう。1ヶ月休んだからといって何も変わりません。疲れている時は心の判断も鈍ります。そんな状態で選んだ人とはうまくいかない可能性がありますよ。相手もいつもよりおとなしいあなたや、普段よりがんばっているあなたを見て好きになるので、本来の元気なあなたを見たら気持ちが変わるかもしれません。

婚活のために努力して通っているお稽古事なども一緒にお休みすることをおススメします。 本当に楽しくて通っているものだけ続けてください。

体を休めましょう

婚活をお休みしたら、次は体を休める番です。

睡眠不足や体調不良など体が疲れていると心も疲れてしまいます。睡眠不足は自律神経にも影響しますし、免疫力が下がると体調も崩しやすくなります。

仕事がお休みの日は、しっかり体を休めて、ゆっくりお風呂につかり、ぐっすり眠ることです。なかなか寝れなくても、携帯電話やパソコンなどを触っていては気が休まりません。携帯電話からは少し離れてのんびり過ごしましょう。

お付き合いでの遊びの予定が入っていたら思い切って断ることも大切です。数回断ったところで関係が悪くなるようなものは、長いお付き合いにはならない関係でしょう。疲れている時には、本当に会いたい人とだけ会うことをおススメします。

心を休めましょう

婚活疲れの原因の一つは周囲からの言葉です。 「結婚はまだ?婚活うまくいってる?」などの言葉は悪気はないですが、婚活をがんばっている本人からすると傷つくこともありますよね。特に知り合いの結婚や出産報告を聞くと焦ってしまう気持ちも当然です。

疲れている時には、そういう話題が出る場所にはいかないことも大切です。情報社会ですので、しばらくはSNSをしない!見ない!のもアリですよ。自分を大切にすることが心を休めるカギとなります。

人に合わずに携帯からも離れると、意外に時間が長く感じられます。その時こそ、好きなことを楽しむチャンスです。お気に入りの映画、大好きなアーティストやお笑い芸人のライブ映像、読みたかった本や大笑いできるマンガなど、自分の大好きなものからパワーをもらいましょう。

心に余裕が出てきたら…

大好きなものから元気をもらい、心に余裕が出てきたら回復への最後の特効薬です。 それは“自分へのご褒美タイム”を作ることです!

興味があったけどできなかった、お菓子作りや手芸、乗馬をする、なんていう趣味を始めても良いですし、ライブに行ったりプチ贅沢な食事やスイーツを食べに行くのもおススメです。

自分一人の時間を楽しむことで自分らしさを見つめ直せるので、次回の婚活で本当の自分に合った人がどういう人なのか見えてくることもあります。

以前から欲しかったものを自分にプレゼントしても良いでしょう。それが次回への活力にもなりますよ。

もう婚活疲れとはお別れ!

婚活が長くなるほど、婚活疲れは起きてしまいます。結婚相手を見つけることは大切ですが、すぐに見つかる人も入ればすぐには見つからない人もいます。しかし、人と比べて焦る必要はありません。焦っていては、何も掴めないままかもしれませんよ。

婚活だけに焦点をあてただけの人生にしないで、ありのままの自分でいられる楽しみを同時進行しながら婚活をしたほうが、上手くいくでしょう。生き生きとしているあなたに、惹かれる男性はきっといます。

疲れる前に休憩してください。疲れたときは自分を甘やかして英気を養ってください。その充電期間があれば、あなたは次のステップへ進めます。婚活スイッチが入ったら、また再開しましょう!

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

婚活疲れ解消!心理学を利用してストレス軽減!

どうにかして早めに婚活を卒業し、たまりつつあるストレスを解消したいという場合に使える恋愛心理学テクニックをご紹介します。

別れを乗り切るコツは「ランチョン・テクニック」

ちょっとお友だちになっただけで終わりそう、あるいはセッティングはしてもらったけどどうにもお断りの訪れを察知しているという場合なら、「連合の原理」を利用した「ランチョン・テクニック」で切り抜けましょう。

連合の原理とは、良いものを提供してくれる人には好感を持つなど、「2つの対象がお互いに結びついていると錯覚する」という脳の働きを指します。また、ランチョン・テクニックとは人はおいしいものを食べるときには争いを避け、一緒に食べている人に好感を持つというものです。

つまり、軽い気持ちでご飯に誘って楽しい会話がはずめば、自然にあなたの好感度が上がっていくということなのです。

強調をアピールして好感度UP!

簡単に言うと「似ていることが多いと好感度が上がる」というもので、アメリカの心理学者バーンの研究によってわかりました。 そうなる理由は、相手からの同意を得やすいことや無用な衝突が避けられることなどが挙げられます。

ですから、要所要所で相手に同調し好感を得ておきましょう。結果成就しなくても相手に合わせていただけですから、ダメージもあまりありません。

ゴールインのチャンスは「ロミオとジュリエット効果」

いわゆる「禁断の恋」というものです。アメリカの心理学者ドリスコールの研究ではカップル間に何らかの障害がある方が互いの結びつきが強い傾向にあることが分かったそうです。

両親の反対などこのロミオとジュリエット効果が使える場合は、逆にゴールインのチャンスかもしれません。

凸凹カップルがうまくいく

性格が相反する者同士はお互いを補うことが可能で、それを相補性があるといいます。こちらもアメリカの心理学者ウィンチの研究によれば、亭主関白に従順な妻というような支配性の差があるとカップルとしてうまくいくという結果が見られたということです。

逆もまた然り、あなたがカカア天下タイプなら草食系男子が狙い目と言えるでしょう。

恋愛心理テクを利用すれば、婚活成功で婚活疲れとはおさらば!?

婚活は期待が大きい分だけ、思うように進まないとガックリ感も大きいですよね。時間もお金もかさむと、不安と焦りで婚活自体がストレスになる“婚活疲れ”に陥りやすいです。

昔は出逢いから少しずつ距離が近づくのを楽しめていましたが、大人になるにつれ、誰かと出会って一から関係性を築くのは正直大変ですし、面倒くさいので省いてしまいたいと思う人は多いでしょう。

長期戦は心・お金・パワー全てを消費しますので、できれば短期戦に持ち込みたいのが本音でしょう。恋愛心理テクニックの力を借りれば、婚活疲れにサヨナラし最短でゴールを決める日も近づくかもしれません。

最短コースでゴールしたいなら…

“好きな人の真正面ではなく左側に座る”などの恋愛テクニックを聞いたことがありますよね?テクニックを駆使しすぎて行動が不自然だと怪しまれてしまいますが、自然にプラスできたら相手との距離はググッと近づくでしょう。

最も効果があるのは、“ここぞ!という相手にここぞ!というタイミングでそれとなく使うこと”です。誰にでも使うのではなく、その人にだけという特別感が相手に伝われば婚活のゴールは見えてきます。

一番効果的な恋愛心理テクを知りたい!!

どんなテクニックを選べばいいのでしょうか?答えはとてもシンプル。 “万人が成功するテクニックなどない”ということです。しかし、これで終わりではありません。

まずはいくつかのテクニックを知ることが基本です。次に、その中で自分に近いものを探します。過去の恋愛で自分が近いことをやっていた、とか普段の行動にワンステップ加えるだけでできそうなものを選ぶことがポイントです。テクニックは、いかにも感がするのは裏工作に見えてしまいます。あくまでも“自然の中で出てくるしぐさ”が理想です。自分が背伸びをしすぎなくても自然にできるぐらいのテクニックを使うことが大切です。

人それぞれ個性やキャラがあります。そのキャラとあまりにも違うテクニックを組み込んでも違和感しか残らないですし、お付き合いしたら相手はアレ?と感じてしまいます。

相手との距離をググッと近づけるテクニック 【その1】

相手の恋愛対象になるためには、距離を近づけることが先決です。恋愛に発展するかどうかが決まる重要ポイントなので身構えてしまいがちですが、順番を守ればそんなに難しいことではないのです。

①顔を合わせる回数を増やす 「それだけ?」と思いますよね。相手の印象に残るために、めったに起こらないドラマのようなハプニングを待たなくても大丈夫です。特別なことをしなくても、毎日顔を合わせるだけで相手の中であなたの占める割合が徐々に大きくなっていきます。

注意点は、不自然な出会いや会うたびに不快な思いをさせるのは逆効果だということです。会社が同じでもない限り毎日会うのは難しいですが、相手と過ごす時間を増やすことが大切です。あなたに合った方法は、例えば会うたびに笑顔で挨拶するのはどうでしょうか。

相手との距離をググッと近づけるテクニック  【その2】

②相手に好意を示す 次のステップは、それとなく相手に好意を示します。できれば、親しい共通の知人からそれとなく伝わるのがベストです。悪い気はしませんし、相手が好意を寄せているかもと知った時点で、意識してしまいます。告白されてから気になって好きになるのは恋愛ではよくあることです。告白していなくても、周囲から伝わることで自然とその法則が始まるかもしれません。 

③相手との共通点を示す 趣味が同じ、出身が同じなどの共通点は、親近感がわきますよね。相手の趣味に無理やり合わせる必要はないですが、相手が好きなお店が良さそうだと感じたら、自分も足しげく通うのもアリですよね。価値観が似ていることは結婚につながりやすい要素です。 しぐさや行動のタイミングを合わせるのも効果的ですが、うまくできないと怪しまれることも…。 自分に合った方法を考えてみてくださいね。

相手との距離をググッと近づけるテクニック  【応用編】

応用編は、要望を伝える順番です。 これは、プロポーズ待ちの人や両親への挨拶を考えている人には効果的かもしれません。お願いごとをする際、一番の希望条件より高めのお願いをすることで相手が断ります。 その後、本来のお願いをすると、断った罪悪感や依頼のハードルが下がった気がするので、人は自然と2つ目のお願いを聞き入れてしまうという方法です。

セールスマンが使うような高度のテクニックなので、最終手段ぐらいに考えておいてくださいね。


実践できそうなテクニックは見つかりましたか? 自分に合ったものをチョイスして、最短ゴール決めたいですね。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

婚活上級者向け?婚活ダメージには心理学の法則がおススメ

婚活は最初から結婚を視野に行動する分、消耗するパワーが大きいですよね。時間やお金などの負担はもちろん、婚活に疲れてしまう大きな原因の一つに“お断りに伴うダメージ”があります。

婚活が長期化するとお断りの回数が増えることになります。断られるダメージは甚大ですが、断る方もかなりのパワーを消費します。お互いに真剣だからこそ、断られるダメージも断るダメージも大きいでしょう。いざ恋愛が始まると長続きさせるためにも多大なエネルギーを使います。

ダメージを受けたら婚活から距離を置き、しっかり休むことが大切です。そして次の婚活に臨む時には、さまざまな心理学の法則をマスターし心構えを学んでいきましょう。

やる気をアップさせる法則

いろいろなつらいことがあるとやる気はなくなっていきますよね?

「ストレスの原因が全くなくなればやる気は出るんだけど…。」こう思う人は多いでしょう。 確かにストレスがあるとモチベーションは下がりがちですが、ストレスが全くなくなるとそれはそれでモチベーションが下がってしまいます。ストレスは人生のスパイスとして、適度な負荷があった方が人はがんばれるものです。これは、『ヤーキーズ・ドットソンの法則』と呼ばれ、やる気アップには欠かせないものです。

毎日忙しく仕事や家事に追われているからこそ、休日は楽しくありがたいと感じますよね。毎日自由で遊んで暮らせたら、最初は楽しいかもしれませんが、徐々に楽しくなくなり何もしたくなくなっていきます。

婚活のモチベーションをアップさせるには、ある程度の期限を決めたり、求めるものを明確化したりする働きかけも必要かもしれません。

パッと見の判断に人は左右されやすい?

人間の脳は複雑なことを長く考えるより、簡単に短時間で判断できることを選びやすいものです。これは、『ヒューリスティックの法則』と呼ばれるもので、「直感的に大体こっちが正解だろうな」という思考で単純に判断してしまうという脳の処理の仕方なのです。

つまり、相手に好印象を与えるためにはパッと見た時の雰囲気で判断されることが多いので、自分の好みのタイプの人からなかなか声をかけられない時は、イメチェンも効果的ということですね。

自分自身も、ふくよか=優しい、ヒゲ=男らしい、メガネ=真面目な人のような固定概念にとらわれないことが大切です。外見からの判断だけでは見えてこないことも多いのが現実です。自分が判断される時のために、イメチェンや雰囲気づくりは大切な要素ですが、選ぶ側の視点では外見や雰囲気に惑わされずに、じっくり相手を観察することが必要です。

応用編:遠距離恋愛にまつわる法則

最後に恋愛を長続きさせるために、遠距離恋愛にまつわる法則をお伝えします。 すぐに会える距離にいるカップルの方が、恋愛成就率が高いというもので、『ボッサードの法則』と呼ばれています。距離が近いことで関係性も深まりやすく、距離が離れるほど会いたい気持ちは強まるでしょうが、すぐに会えないもどかしさからケンカにつながりやすく、関係がこじれると遠くまで会いに行った時間やお金が重荷になってしまうのです。

身近な人との恋愛はうまくいきやすいことを示していますが、物理的な距離の近さと関係性の近さは比例するかというと必ずしもそうはいかないのが現実です。

気持ちが離れそうになる前に物理的距離を近づけること、物理的距離が近いからと言って結婚に結びつくとは限らないことを頭の片隅に置いておくと、恋愛を長続きさせるコツが見えてくるかもしれません。距離を置いた方が恋愛のモチベーションが上がる場合もありますから。


上級者向けの法則、いかがでしたか? 婚活は毎回ここで決めるものとは捉えずに、スキルアップの一つぐらいに考えておくと、ダメージを受けにくくなります。

婚活ダメージには、休息と小さな改革が必要です。小さな改革には心理学などのさまざまな法則の中から自分に合うものをチョイスして、実践することをオススメします。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

婚活に疲れた時こそチャンス!あなたの魅力をプレゼンしましょう

婚活で立ち止まったら、方向転換のチャンスかもしれません。 婚活が長期に及ぶと心身ともに消耗していきます。どんなに努力して頑張っても、結婚に近づいている気がしない時、先が見えない不安で押潰されそうになりますよね。

うまくいかなかった時こそ、次への作戦を練ることができるチャンスだと捉えましょう。反省すべきところや見直すべきところはきちんと振り返り、必要以上に悲しみの中に留まらず、次への一歩を踏み出すことが大切です。

まずは自分を苦しめている課題から解放してあげましょう。そして自分を責めすぎずに、本来のあなたにほんの少しアピールする力を加えて相手にプレゼンできれば、結婚への道はすんなり開けてくるでしょう。

完璧な人を目指すのはやめにしましょう

人は誰しも認められたいと願っています。その思いが強いと、本来の自分を抑えて誰からも認められる人になろうとします。真面目で努力家の人ほど、完璧な良妻賢母を目指してしまいます。相手が違えば理想とする夫婦の形も違うものですが、相手にとって本来のあなたが理想の人かもしれないのに一般的な理想の人になろうと必死になってしまうのです。

良かれと思っても、相手の理想と違うので結局はうまくいきません。たとえうまくいっても、無理をし続ける結果、破綻していく危険性もあります。そうなると自分を責め、もっと完璧な人を目指そうとするため自分を苦しめてしまうのです。

うまくいかなかった時はご縁がなかったということです。お互いに問題があるのではなく、今回はタイミングなどが合わなかっただけで、自分の努力が足りなかったと思うのは今日からやめにしましょう。

あなたの本当の魅力を知りましょう

ステキだなと思える人に出逢えても発展しなければ意味がありませんよね。まずは相手の恋愛対象にならなければ始まりません。

そのためには、自分の良さを自分でプレゼンできなければいけません。 好きな色と似合う色は必ずしも同じではありませんよね。家族や友人に自分の良いところや似合う服装など、本来のあなたの良いところを教えてもらいましょう。周囲の人の方があなたを客観的に見ているので、自分では意外に思えるようなアドバイスをもらえるかもしれません。

本来のあなたに合った服装やアピールポイントを正確に把握できれば、次はプレゼンするだけです。プレゼンなんて難しそうと思いがちですが、実はとても簡単です。

あなたの魅力をプレゼンしましょう

肩書や外見の印象だけでその人の評価が変わってしまうという現象(ハロー効果)を活用しましょう。特に日本人は影響を受けやすいと言われています。

質の良いスーツなどのきちんとした格好や社長などの肩書はポジティブなハロー効果を、みすぼらしい格好や無職だったりするとネガティブなハロー効果を生みがちです。

シンプルな服装が好みでも、周りから「プライベートはカワイイ系」と言われたら、婚活に出向く際はハンカチやポーチなどの小物をカワイイものにチェンジしましょう。普段のあなたの魅力が十分に引き立つ服装を心掛けてみてください。まずはワンポイントから。元々のあなたの魅力なので不自然さはなく、そういうあなたを理想としてくれる男性の目にもとまりやすくなりますよ。

あなたが一歩踏み出し、勇気を出して新たな窓を開けることができたら、結婚への道のりが近づいていることでしょう。

力を入れすぎは禁物!肩の力を抜いて婚活を楽しもう

気持ちが急いてばかりいると、その気持ちが相手に伝わってしまいます。ちょっとでも意識して肩の力を抜いて参加するようにしましょう。

結婚している友人宅を訪問して刺激をもらう

婚活したくても、周りが独身女子ばかりだと自分もまだ良いか…と甘えを正当化しがちです。のんびり構えて油断しているうちに、仲間が一人減り、一人減り…なんてことになってしまうと辛いですよね。

独身仲間と付き合うのが悪いというわけではありませんが、時に彼女達と情報を交換しながらも、あえて結婚している友人宅に遊びに行き、その環境に身を置いてみると良いでしょう。幸せな結婚生活をおくる友人に刺激をもらうことで、自分はどんな結婚をしたいのだろうかとハッキリとイメージが湧いてくるかもしれません。

結婚生活のグチばかりを言う友人だと逆効果になりかねないので、できれば新婚家庭の「毎日楽しくてたまらない」といった友人を選ぶと良いでしょう。たくさんノロケ話を聞かされてうんざりするかもしれませんが、そこは勉強料ということで。

自分のオシャレを楽しみ、女を磨く

ストレス解消のために、甘いものを食べたり、買物をしまくるなど色々方法はありますが、欲望のままに行動してはいけません。それよりも自分自身を美しく保ち、磨き上げる方が良いでしょう。満足感を得られ、それがストレス解消に繋がります。

エステに行ったりネイルサロンに行ったり…総合的に自分を磨こうとすると、女性は男性に比べて大変お金がかかりますが、鏡に映る自分を日々眺めていくことで、美しさに磨きをかける楽しさをひときわ感じることができるでしょう。

グルメにお金をたくさんかけると、太ってしまったり肌荒れを引き起こす原因になりかねません。美容ならば婚活にも役に立ち、ストレス解消と兼ねられて一石二鳥です。また、自信にも繋がり、堂々とした振る舞いができるでしょう。そうなれば男性を惹きつけること間違いなしです。

大切なのは婚活を楽しんでしまうこと

「婚活」という活動ではなくても、新しく何かを始めることで、男女問わず新しい出会いが訪れるかもしれません。そこから人と人とが繋がっていき、たまたま素敵な人と巡りあえるかもしれませんし、くっつけたがる世話焼きな人間もいるかもしれません。

出会い目的ということを一旦忘れて、純粋に活動を楽しんでみてはいかがでしょうか?時々、気合スイッチをいれるなどして、婚活を再開させればいいのです。婚活にかかりきりにならないことが、ハッピーな婚活ライフを継続する秘訣と言えます。

結婚力を身に付け、"理想の奥さま"になる!

あなたが理想の旦那さま像を持っているように、相手の男性も理想のお嫁さん像を持っています。あなたは婚活中の男性から選ばれるような「結婚力」があるでしょうか。

いくら綺麗で容姿が良い女性でも、家事や掃除が苦手、子供も苦手で望まない…といった女性は、男性にとって家庭の未来図を描きにくいかもしれません。

まずは自分を磨き、理想の旦那さまを射止める準備をしましょう。

意識して"理想の奥さま"に近づく

苦手なことが多ければ、その中でも比較的できそうなものをから始めていきます。料理を食べるのが好きであれば、家族で食卓を囲んでいる未来を想像してみて下さい。テーブルにはどんな料理が並んでいますか?

いきなり凝った料理にチャレンジしても、上手にできる人はそういません。まずは彩りを考えて、野菜を増やしてみたり。隠し味といってたくさんの調味料を使うのではなく、シンプルな味付けにしたり、簡単なことからで良いのです。

今はインターネットに料理のレシピサイトや、整理整頓のアイデアなど、情報が溢れています。大いに活用して、未来の練習をしましょう。

子どもの目線になってみる

子どもが苦手であれば、子どもの目線になって一度自分でも楽しんでみるのはどうでしょうか。 夕方に放送されている子ども向けアニメを録画して見たり、天気の良い休日は、外でボール遊びやバドミントンを楽しんでみても良いかもしれません。体を動かすことは気分転換にもなります。

相手の目線になってみる

自分を客観的に分析できる人はなかなかいません。苦手なことをしっかり把握して、少しずつ改善していけば、自分のアピールポイントがハッキリしてくるでしょう。あなたが自信を持って接すれば、相手にプラスの印象を与えることができるでしょう。容姿に自信がなくても、臆することはありません。男性は容姿だけでは結婚相手を選ばないからです。

休日に、子どもと遊んでいる自分を想像してください。そこに、一緒に楽しんでくれる旦那さまもいたら素敵ですよね。育児に前向きな男性は理想的と言えます。ここで一旦、相手に求める条件を思い出して考えてみれば、あなたは収入だけで結婚相手を選ばないはずです。

婚活疲れの後、次の出会いを求めるタイミングはいつ?

婚活をはじめたばかりの方に、知っておいていただきたいのは、ちまたで取り上げられる“婚活疲れ”。

いろいろな男性と顔を合わせる機会が増えるのは望ましいことですが、スムーズに事が運ばないこともしばしば…。そうして段々と人と会うのが疲れてきてしまうのが“婚活疲れ”というものです。

そこで今回は、めぐり会ってはみたもののなかなか前進しない相手の思いや、次の出会いを求める際のタイミングについてご紹介します。

望んでいるのは恋愛?それとも結婚?

出会った相手がとても気になる。何度か会ううちにその思いはどんどん強くなり、いつの間にか相手が自分のことをどう思っているのか不安になって…。

というのは、女性なら誰しも一度は思うもの。恋愛の初期段階の時ほどその気持ちは強く、「私のこと、好きなのかな?」と気にならずにはいられなくなります。

出会った相手と恋愛をしたいのであればかなり重要なポイントになりますが、あなたが望んでいるのが結婚であるならばあまり気にすべきではありません。

結婚生活は長いのです。恋愛モードは結婚してからでも全く遅くはありません。

男性が常に感じているもの

そもそも、女性が「好き」だといってもらいたいのはどうしてなのでしょう? 男性は言葉巧みじゃなくとも、女性に「好き」だと言わないのはなぜなのでしょう?

女性が気になる相手との距離を感じているときは、気持ちを言葉で表現してもらえないと、とても不安になります。簡単な「好き」という、ひとことだけでもいいから相手に言って欲しいと思うのです。

反面、男性にとって「好き」という言葉は決して簡単なものではなく、いろいろな意味がその言葉のなかに込められているため、とても軽々しく口にできるものではないと思っているのです。

男性は女性よりも、ある意味で責任感が強いところがあります。仕事での自分の責任を常に感じている人も多く、結婚の適齢期を迎えているような男性なら、なおのこと“プレッシャー”を感じるのです。

そのため、「好き」という気持ちを伝えるのは責任重大と言えるのです。

心にゆとりを持ちましょう

出会った相手がすごく理想のタイプで、ほかにはいないと思える人でもなければ、いつまでも相手の気持ちを聞きだすことに時間をかけるのはやめましょう。

あなたとの結婚を望んでいる人であれば、自分の気持ちは早々に伝えてくるでしょうから、待つことはあまりないハズです。

たとえ待ってみたいと思ったとしても、なかなか気持ちを伝えてこないようであれば、次の相手を求めたほうが懸命です。時間には限りがあります。焦ることなく心にゆとりを持ちつつ、あなたを待つ運命の相手との出会いに向けてみてはいかがでしょうか?

「自分は愛されないのでは?」とそれでも不安な方へ

婚活が長い間うまく行かないと、「自分は結婚できない」「誰にも選んでもらえない」という不安に陥り、自信を喪失しがちです。特に容姿に自信がない人は、異性と付き合うことすら怖く感じているでしょう。ですが、何度も言うように結婚に容姿は関係ありません。いつか、あなたを愛して妻として迎え入れてくれる、運命の男性に出会えます。

落ち込んでネガティブな気分になってしまった時は、男性のお友達に自分の良いところを挙げてもらったり、女性のお友達と楽しく遊びに行ったりして、ポジティブな気分を充填しましょう。

人間は誰しも不完全で未熟です。自分に自信のない部分をみんな何かしら抱えています。自分の存在を、自分で認めてあげること。決して、否定しないであげてください。あなたを必要としている人はいます。あなたは愛されないのではなく、愛してくれる未来の旦那さまにまだ出会えていないだけなのです。

結婚とはゴールではなく、これから何十年も続いていく関係を2人で築いていくものです。不完全な部分を互いに補える相手ならば、きっと理想の家庭を築いていけるでしょう。

その出会いがいつ来るかはわかりません。しかし、周りを見て焦ってしまうのは禁物です。自分を追い込まず、マイペースで婚活を続けていきましょう。頑張った自分を認め、信じてあげれば、きっと幸せな未来が見えてきます。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断