絶対やってはいけない!破局・失恋につながるNG行動

男性の恋心が一瞬で冷める!女性が気をつけたい3つのポイント

一目惚れや恋に落ちた男性の多くは、その瞬間に相手への恋心が最大になっています。その女性に対する恋心を減らさないポイントや男女で違う恋の採点方式についてご紹介します。

男性は減点式、女性は加点式

恋愛において男性は満点から点数を引いていく減点式、女性はゼロから点数を加えていく加点式を無意識でしています。男性から見て女性のどんな箇所が減点になるのか学んでいきましょう。

【1】遅刻が多い

世の中には時間にきっちりしている人と時間にルーズな人がいます。

待ち合わせした男性が、時間を守れない人場合、女性が待つ形になるため大体丸くおさまります。しかし、男性が時間厳守する人ですと数分遅れただけでもイライラし始めます。二人だけのデートで遅れるなんて大切な時間を過ごしたくないんじゃないか…などと被害妄想したりもします。

初めて待ち合わせする前にどちらのタイプか把握し、時間に厳しい人の場合は遅刻が多いのはNGですので、早めの行動を心がけましょう。

【2】体を許さない

男性は「一回目のデートでキス」「三回目のデートで体を許してほしい」など、デートの回数で二人の進展具合を期待しています。

一方、女性の場合は、まだ本当の私を知ってもらえていないからキスできない…等、心の距離で体を許すかどうかを決める傾向にあります。相手から迫られてどうしても答えられない場合は「ダメ」と一言で伝えるのではなく、「好きだけどまだ心の準備が…」等と相手を想っているけどできない理由を言いましょう。

むやみに断られてしまった時点で大抵の男性は耐えられず、あなたへの想いが薄くなる人が多いので気をつけましょう。

【3】過去の恋愛話

男性は女性が過去に付き合っていた人について、あまり深く知りたいと思わないようです。

どちらかというと、過去の恋人とあなたがどのように関係を深めていったのかは気になるようです。ですから、昔の恋愛話を振られてもむやみに話をしない方が無難でしょう。

男心をつかむには…

恋愛において減点方式を採用している男性と加点方式を使っている女性という違いを知っているだけでも理解し合えるのではないでしょうか。三つのポイントに気をつけ、後はお互いを思いやる心をもってお付き合いしていきましょう。

こんな女性は嫌!相手に面倒くさがられる女性の特徴とは

恋人に冷たい態度をとられたり、浮気されたりした経験ありませんか?

ドキッとしたあなた、自分でも気づかない間に「面倒くさい女子」になっている可能性が大きいです。 まずは下の項目に当てはまるかチェックをしてみてください。

  • 彼氏が最近『めんどくさい』態度を出してくる
  • 溜め息をつかれることがある
  • 別れ話をふってもあまり引き止めなくなった
  • 飲みに行きたがる(または友達と遊びたがる)
  • SNSまたは携帯ゲームをやっている

いくつ当てはまりましたか? 1つ~2つなら『予備軍』、3つ以上ならすでに『面倒くさい女性化』しているかもしれません。 では、 一体どんな行動が彼に嫌がられているのでしょうか。

疑問形女子はNG

「なんで?」「どうして?」という言葉を連呼していませんか?

今日忙しくて会えない、と連絡してきた彼に「なんで?」「どうして?」 メールをなかなか返してこない彼に「なんで返事くれないの?」

この「なんで?」や「どうして?」は理由を求めるというよりも不安からくる相手を責めるための負のセリフでもあります。

小さい頃によく言っていた「なんで?」とはわけが違います。 あまり言われ続けていると、そのセリフを聞く度に、彼の心からあなたは離れていくので「お仕事がんばってね!」くらいの思いやりとゆとりを持てるようになりましょう。

知りたがり女子はNG

好きな人の事は何でも知っていたい!

そんな風に思う女性も少なくないのでは?ですが、何でもかんでも捜索されるのは正直苦しいです。 例えば彼が飲み会に参加した時など、場所やメンバー、話の内容まで細かく聞き出していませんか? これでは、まるで監視されているようではありませんか。こんな監視された毎日を過ごすことに抵抗のない男性はめったにいないでしょう。

「そもそもなんでそんなに疑われているのか。」 「こんな状況で結婚したら…」 と不安から離れていく男性も少なくないはず。 彼が出かける時には気持ちよく送り出し、『楽しめた?』と彼から話すのを待ちましょう。

しつこい女性はNG

「しつこい」というより「根に持つ」と言った方がいいのでしょうか。 彼との喧嘩の中で、過去にあった彼の失態の話を蒸し返していませんか?

ただでさえ今現在責められているのに、一度終わった話をまた引っ張ってきて、過去のことについてももう一度責められる男性側からしてみればまたその話?とうんざりしてくるというもの。

あなたが一度許したことなら、あなたもいつまでも引きずらないで、きっぱり清算すべきです。 嫌がることを何度も言ってくる女性はやはり嫌がられますよね。

器の広さは女性にも必要

一度面倒くさいと感じてしまうと、もう何をしても面倒と思われてしまいます。

面倒くさいものから逃げたくなってしまうのが男心。

彼のことが本当に好きならば、彼に「あなたしかいない」と思わせることが大切です。 そのためには、外から疲れて帰った時に質問攻めにするのではなく、知りたい気持ちをぐっとこらえて相手が話すのを待ちましょう。

まるで母親?男性に相手にされない原因はココ!

自分の中ではよく気が付いて気が回って、甲斐甲斐しく男性に尽くしている『つもり』になっていませんか?

そしてその結果「母親みたいだよね」と言われてしまい相手にされない、なんてこともあったのではないでしょうか? 「よく気が付く」のと「おせっかい」は似て非なるもの。

あなたがなりたいのは「母親」それとも「恋人」? そんな「母親」にならないための注意点を見ていきましょう。

食べ物のおせっかい

「女子力高いね。」と言われるお皿への取り分け。

上手に盛り付けできる姿は、家庭的な雰囲気さえ醸し出します。ところが、この後の一言があなたを「母親」か「恋人候補」かを分ける大きな分岐点になるのです。

「体にいいから、これも食べた方が良いよ。」

おいしいものを進めるのは悪くないと思います。「これおいしいから食べてみて?」と声を掛けられたら、多少苦手な物でも食べてくれる男性もいるでしょう。

しかし、食べてほしい理由が「体にいいから」って。 男性陣の個々の叫びは間違いなく「母親かっ!」でしょう。

お金の心配なんて大きなお世話

結婚を前提としたお付き合いの最中なら、お金に関する情報の共有も当然のことかもしれませんが、初対面の席などでこの話題はNG。

「何があるか分からないから貯金はしておいた方が良いよ。」と言っている本人は親切心からかもしりませんが、言われた方は、余計なお世話だと思っているかもしれません。そんなことを言ってくるのは今まで「母親」くらいだったのに、まさかその言葉を初対面の女性に言われるとは…と衝撃を受けているはずです。

お金にまつわる問題はとってもデリケートな問題。 あなたが貯金をしているという程度の話であれば、「しっかりしている女性だな。」と思ってもらえるかもしれませんが、それを相手にいうのだけはやめた方が良いでしょう。

日常のやり取りが分岐点

少し親しくなってメールをするようになると、ごく普通のなんでもない日常会話が始まりますよね。 ここからがあなたの勝負どころなわけですが、あまり気負いすぎると一気に「母親」の烙印を押されかねないので注意が必要です。

例えば、天気予報。 「今日雨降るみたいだよー。」なんてメールする文にはいいのですが、 「今日雨降るみたいだから傘持って行ってね。」や 「雨が降って、少し寒くなるみたいだから上着持って行った方がいいよ。」 というところまで行くと、持ち物の心配する「母親」認定されかねないので気を付けて。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

悪い印象を与えてしまうNG質問5つ

男性が女性に聞かれたくない質問があることを知っていますか?

特に、結婚がしたい女性は、男性に対して結婚相手としてどうなのかを基準に、見ているので、男性が聞いて欲しくない質問がしがちです。

では、男性が嫌う質問とはどんな質問なのでしょうか。

一つ目は、「収入」についてです。

婚活女子なら、結婚相手の収入がどれぐらいか気になりますよね?しかし、出会いの場である婚活パーティーの場では収入の話はタブーです。何故なら、「お金で人を判断している女性」として見られてしまいます。男性の存在そのものよりも経済的な安定を約束してくれる存在を探していることと捉えられてしまい、敬遠されがちです。

二つ目は、「過去の恋愛歴」についてです。

結婚を意識している女性は、結婚相手として見ている男性の前の恋愛歴は気になります。しかし、男性は目の前の女性との関係性を見ているので、過去の恋愛を思い出すことが苦痛に感じる場合があります。特に、婚活パーティーで出会いを求めている場になるとなおさらです。交際中もなるべく聞かないでほしいというのが男性の本音のようです。

そして三つ目は、「出身大学」についてです。

「出身大学」については一番目の「収入」と同じで、男性ががっかりする質問です。男性からすると、「目の前にいる自分を見てほしい」と考えていますから、学歴や収入で判断されることは「自分じゃなくてもいいのではないか」と思ってしまいます。会話の流れでさりげなく聞く分にはいいのですが、あからさまに聞くことは止めておきましょう。

四つ目は、「年齢」についてです。

女性はいつまでも若く見られたいものです。しかし、男性にこの質問をするのはNGです。特に初対面の相手に質問しがちですが、必ず男性は困ってしまいます。一気に男性にプレッシャーを与えてしまう質問になってしまいます。そして、男性自身好意を持っている女性の年齢はさほど気にしていません。年齢よりも、自分自身に自信を持てる女性になりましょう。

五つ目は、「S派?M派?」という質問です。

この質問は、「年齢」と同じく男性が困ってしまう質問になります。仲間内での飲み会などで雑談として出てくる質問ですが、婚活パーティーなどでは控えておきましょう。初対面の場合などは、相手の性格などは断定できませんよね。答えにくい質問は避けておいた方が懸命です。

やってはいけない、『重い女』の行動ベスト5

1.電話・メール・LINEなどの強制 2.行動を全て聞きだす 3.休みの日は24時間一緒にいたがる 4.『ねえ、私のこと好き?』と何度も聞く 5.異性との連絡を一切断たされる

どうでしょうか?結構あてはまる部分があってドキッとした方もいるのでは?

まず、1番2番は絶対に避けましょう。強制や監視をすると、一気に相手の気持ちが冷めてしまいます。いくら好きだからといっても相手を束縛しすぎるのはNG。束縛する前に、まず一呼吸おくことが大事ですよ。

『しつこい女』と思われたらアウト!

それから3番。気持はとてもわかります。 お休みの日にはお相手とずっと一緒にいたいですよね。1ヶ月に数回程度なら許されますが、これが休みの度にずっと一緒となるとうんざりされることでしょう。

男性もたまには1人の時間を満喫したいもの。男友達と遊んだり、趣味に時間を費やしたり、自由に過ごしたいものなのです。相手が自由な時間は、あなたもぜひ自分磨きを!適度な距離感を持って付き合いましょう。

不安や独占欲をおさえよう

4番と5番は両方とも自分の不安からくる行動ですね。相手の気持ちを確認したくなるのは当然ですが、何事も限度があります。 「俺のこと、信用していないのかよ」なんて思われたらあとは冷めていく一方。さらに相手の交友関係をシャットアウトしてしまうなんて論外です。相手を信頼しなければいけませんね。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

男性に呆れられないために ~意識しておきたい危険なアピール~

男性に好かれようと必死になるあまり、婚活や合コンなどで、男ウケを狙った行動に出てしまうことはありませんか?もしかすると男性は、こちらが必死になればなるだけ、あなたに対して関心が薄れていってしまうかもしれません。

そうならないためにも、男性を飽き飽きさせない注意点を押さえていきましょう。

「私、少食なんだ」「ダイエット中なの」

正直、そんなこと他人からしてみれば"どうでも良い"です。集まった皆さんで「美味しいね」と盛り上がっている場面で料理を勧められた時を想像してみてください。しらけてしまうとは思いませんか?自分から「美味しいよ」と料理を勧め、取り分けてあげるぐらいの心意気でいきましょう!

"ダイエット"という便利な単語を口にすることで、美意識が高いワタシを演出していませんか?それは逆効果。単純に食べる量を減らして痩せるよりも、美容に効く優良な食事の献立を考え、運動に励む女性の方が快活な印象を受けることでしょう。

それに男性は、料理を美味しく幸せそうに食べる女性を好む傾向にあります。デートに誘って食事を奢った際、気分よく支払いができるでしょう。「いただきます」「ごちそうさま」という気持ちを常に大切にしてください。

「カタくて開かない!」「頼もしい男性って好きだな」

ワインや焼酎のボトルを開けようとして「カタくて開かない!」など言っていませんか?それ、あなた飲まないでしょう…?もしそのお酒を注いで男性に勧めようものなら、良い迷惑です。

多少の"女性らしさ"や"男女の差"をアピールするのは有効な手段かもしれません。しかし実践するにはそれなりの知恵が求められますし、頭の悪さがバレると男性に舐められます。これらが許されるのは、とても容姿が可愛らしい女性だけ。鏡と向き合いましょう。

「飼ってるペットが可愛いの」「かわいそうで食べられない」

我が家のペット自慢をすることで、単純に動物愛護=優しい人間であることをアピールできると勘違いしていませんか?本当の動物愛護とは、そんな薄っぺらなものではありません。

それから、都市伝説だと信じたいですが「ニワトリさんが可愛くて卵食べられない」「牛さん豚さんかわいそう」などと本当に思っていますか?宗教上の都合などの理由があるならまだしも(ほぼ無いと思いますが…)可愛こぶるのはやめましょう。実に痛々しいです。

心当たりのないことを願います

男性目線で考えるまでもなく、そんな面倒な女性は存在して欲しくないです。もしあなたがそのような女性を見かけたらイライラしてしまうかもしれませんが、触れるでもなく愚痴を言うでもなく生暖かい目で見守ってあげてください。

男性が本当に見たいと思う姿は「素直なあなた」です。アイドルのような容姿で表面だけ美しい女性は、目の保養にはなりますが必ず絶対に飽きがきます。そんな薄っぺらな人間にはなりたくないですね。

ありのままのあなたをアピールして、男性から好かれるあなたを作っていきましょう。そうすれば、長く密度のある付き合いを続けていけるかもしれません。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断