婚活支援金プレゼント!当サイト経由で3ヶ月以内に入会した方全員に30,000円

2024.04.11 更新

シニア再婚を成功させるには?ありがちなトラブルや実際の体験談も紹介!

この記事はプロモーションを含む場合があります。
シニア再婚を成功させるには?ありがちなトラブルや実際の体験談も紹介!

シニア再婚は、人生の新たなステージへの一歩として多くの方にとって魅力的な選択です。しかし、再婚の道は必ずしも平坦ではありません。この記事では、シニア再婚を成功させるためのヒントと、実際の体験談を交えながら、再婚における一般的な問題点とその解決策を探ります。シニア世代の皆さんが再婚に向けて前向きな一歩を踏み出せるよう、実用的なアドバイスを提供します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

シニア世代の再婚事情

晩婚化が進行し、生涯未婚率が上がっているなか、結婚を選ばない人が増えています。特に20代から40代までは「結婚相手を探す」という目的で活動する人が多いのに対し、50代以上では状況が異なります。この年代になると「パートナーを探す」という目的で活動する人が目立ちます。

その理由は、50代になると多くの人が感じる「一人の寂しさ」を解消したいという願望からです。しかし、再婚という選択肢には資産分配や子どもの問題など、さまざまな複雑な事情が絡んできます。そのため、多くのシニア世代は、まずは一緒にいて楽しい時間を共有できる、気の合うパートナーを見つけたいと考えています。このような背景から、シニア世代における「パートナー探し」のニーズは増加傾向にあります。

シニア再婚でありがちなトラブル

続いて、シニア世代の再婚でありがちなトラブルについて説明します。今回は主な3つのトラブルについてまとめてみました。

財産の相続トラブル

相続に関する問題は、再婚家庭において大きな課題となり得ます。例えば、再婚した夫が亡くなった場合、法律上の相続権は新しい妻にも存在します。しかし、夫が前の結婚から子どもを持っている場合、その子どもたちにも相続権が発生します、たとえ親権がなかったとしてもです。さらに、再婚相手が持つ子どもと法的な養子縁組をしていない場合、たとえ一緒に生活していたとしても、その子には相続権が認められません。

パートナーが亡くなったあとに生じるこうした問題は、大きなトラブルの原因となることがあります。相続が複雑な状況になると、法的なアドバイスを提供できる弁護士に相談することが必要になる場合があります。

連れ子との関係性

50代以降に再婚する際は、子どもがいる状況に遭遇することも珍しくありません。子どもが既に自立している場合は、義理の親子関係を超えて、親の新しいパートナーとして適度な距離感を持った関係を築くことが可能です。

しかし、まだ学校に通っている子どもがいる場合、特に思春期や受験が控えているなどの敏感な時期には、慎重な対応が求められます。連れ子との間で感情的な衝突が起こると、その影響が長期にわたって残る可能性も考えられます。

過去のパートナーと比較される

相手が再婚相手の場合、時には過去のパートナーと比較されていると感じることがあります。例えば、以前の配偶者が経済的に豊かな人であったり、前の妻が上品で知的だったりすると、これらの事実が心理的なプレッシャーになり得ます。これは、パートナーとの関係に悪影響を及ぼし、時には重大なトラブルの原因となることがあります。

シニア再婚を成功させるためのポイント

シニア再婚を成功させるためのポイントありがちなトラブルを確認したところで、シニア世代の再婚を成功させるためのポイントを見ていきましょう。

資産の残し方を明確にしておく

相続に関しては、民法で法定相続人の受け取れる相続分の割合が定められています。しかし、再婚した側の連れ子や、離婚した元パートナーの子どもが権利を主張し、複雑な問題が生じることも珍しくありません。トラブルを防ぐためには、遺言書を作成し、財産を誰にどのように分けるかを専門家の助けを借りて明確にしておくのがおすすめです。

ただし、法定相続人には「遺留分」と呼ばれる最低限受け取るべき遺産の権利が保障されています。遺言でこの遺留分を無視した配分を行った場合、その部分については無効となる可能性があるため、遺言を作成する際には遺留分を考慮することが重要です。

連れ子との関係はゆっくり構築する

相手の連れ子とすぐに良好な関係を築くことは、思ったより難しいかもしれません。人間関係を構築するには時間が必要であると理解し、関係を深めるための長期的な視点を持つことが大切です。子どもにとっては、自分の親が新しいパートナーに「取られる」と感じることもあります。そのため、信頼される味方であることを示すためにも、関係を慎重に、そして時間をかけて築いていくことが重要です。

特に、子どもが思春期や受験期といったデリケートな時期にある場合は、パートナーとよく話し合い、結婚のタイミングを調整することも検討する価値があるでしょう。

過去の失敗を活かす

過去の結婚での失敗が心の重荷となり、新たなパートナーとの関係構築に影響を及ぼすことがあります。しかし、過去に何かしらの失敗を経験していたとしても、次の結婚生活で同じ過ちを繰り返さなければ問題ありません。

過去の失敗を受け入れ、それにどのように対処していくかをパートナーと共に考えることができれば、相互理解に基づいた強固な関係を築くことができます。

シニア再婚した人の体験談

続いて、実際にシニア世代で再婚した人の体験談を紹介していきます。

熟年離婚から3ヶ月で再婚

Sさんは23歳で元パートナーの男性と結婚し、30年以上の結婚生活を送ったのち、熟年離婚を経験しました。相手の自己中心的な行動やモラハラな態度が原因で、Sさんは体を壊し、最終的に離婚を決意しました。

離婚後、Sさんは一時的に娘さんと2人で暮らし、その後、結婚相談所を通じて再婚を考え始めました。相談所でのアドバイスと自己改善を経て、現在のパートナーであるMさんと出会い、再婚しました。Mさんとの関係は、前夫とは異なり、相互の意見を尊重し合う健全なものです。Sさんは、Mさんとの再婚生活で安心感と共に、将来の不安がなくなったと感じています。

定年退職前に家庭的な女性と再婚

東京都に住む63歳の男性Cさんは、2年前に離婚しました。Cさんには子どもがおらず、両親も既に亡くなっています。大学を卒業してからずっと勤めている会社で役員として働いており、年収は1900万円。

定年を迎える前に再婚を望んで活動を始め、5ヶ月後にはパートナーを見つけて成婚しました。Cさんは食材をデパートや専門店で選ぶなど、生活において質を重視する価値観を持っており、家庭的な女性を求めていたそうです。

シニア再婚するための婚活方法

シニア再婚するための婚活方法最後に、シニア再婚するためにおすすめの婚活方法をまとめていきます。

友人・知人からの紹介

友人や知人からの紹介は、シニア再婚を考える際にも効果的な出会いの手段となります。子どもがいることや慰謝料の支払いなど、シニア再婚におけるネガティブな側面も、紹介を通じてポジティブな情報を受けることができるでしょう。例えば、紹介者から「子どもはとてもいい子」「慰謝料の問題も誠実に取り組んでいる」といったサポートを得られることがあります。

さらに、紹介者を通して相手の背景や性格をあらかじめ知ることができるのは、大きなメリットです。共通の知人がいるという事実は、安心感をもたらす要素にもなります。

結婚相談所

シニア再婚を真剣に考えている方には、結婚相談所の利用がおすすめです。結婚相談所では、経験豊富なアドバイザーが婚活をサポートし、個々の条件や希望に合わせたマッチングを提供してくれます。これにより、シニア再婚特有のさまざまな条件を理解し、受け入れてくれる相手と出会うことが可能です。

特に、再婚に特化したサービスを提供する結婚相談所では、バツイチや子持ちでも理解のある相手を紹介してもらえるため、再婚活の際に直面する難しいポイントを軽減できます。例えば、「オーネット」では約20%の成婚退会カップルが再婚者であり、希望条件にマッチした相手を見つけやすいです。また、「パートナーエージェント」ではバツイチ向けのリーズナブルなプランを提供しており、これらのサービスを利用することで、再婚への道がよりスムーズに進むでしょう。

\ 無料 /

オーネットのパンフはこちら

\ 無料 /

パートナーエージェントのパンフはこちら

婚活パーティー

婚活パーティーは、「50代以上」「離婚経験あり」「子どもあり」など、参加者の年齢や婚姻歴、家庭状況に応じたテーマに基づいて開催されるため、同じような生活経験や事情を持つ人と出会いやすくなっています。参加者は互いの状況を理解し合えるため、ミスマッチを防ぎつつ、意味のある交流を期待できます。

婚活パーティーの魅力は、マッチングアプリとは異なり、実際に直接顔を合わせて会話を交わすことができる点にあります。この直接的なコミュニケーションは、その後の関係構築をスムーズに進める助けとなるでしょう。多くの場合、男性が女性の周りを順に回り、全員と会話をする形式が取られ、軽食や飲み物を楽しみながらリラックスした雰囲気のなかで交流できるため、婚活初心者でも参加しやすい環境が整っています。

シニア再婚についてまとめ

シニア再婚は、人生の新たな章を開く機会として、多くの熟年層にとって魅力的な選択肢と言えます。生活経験が豊富で、それぞれが異なる事情や背景を持つなかで、再婚相手を見つけることは、共感や理解を深める素晴らしいプロセスです。

シニア再婚の鍵は、お互いの理解と尊重にあります。過去の経験を踏まえつつ、新しい関係を築くことで、人生の後半をより豊かで満足のいくものにすることができるでしょう。再婚を通じて、新たな家族関係を築き、生活を共にするパートナーとの絆を深めることは、シニア期の人生に新たな色彩を加え、精神的な充実をもたらします。

シニア再婚についての関連記事

シニア再婚を考えている方向けの関連記事はこちらです。

2024年春の最新キャンペーン

ノッツェ

お得なペア割

入会金20,000円OFF!

2人で入会すると入会金が安くなる割引制度です。
友人や親子、同僚、同性、異性同士など、どのような組み合わせでも入会可能。
1人で入会した後でも、入会後に紹介した方が入会された場合、紹介した方と紹介された方両方に商品券2万円をプレゼントしています。

★入会金20,000円OFF★

お得なペア割入会金活動初期費用月会費情報提供料
ベーシックコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
4,950円~
(通常4,950円~)
85,800円
(通常99,000円)
お見合いアシストコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
21,450円
(通常21,450円)
-

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコース・お見合いアシストコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

他社から乗りかえ料金プラン

入会金0円 活動初期費用0円!

お得に他社からの乗り換えができる婚活プランです。
入会金と活動初期費用が0円のため、費用面での負担なく入会できます。

★入会金0円★
★活動初期費用0円★

費用他社からの乗りかえプラン
入会金0円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費4,950円~
(通常4,950円~)
情報提供料85,800円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
他社乗換のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

シングルマザー限定料金プラン

活動初期費用0円 月会費1,650円OFFなど!

再婚を考えているシングルマザーの婚活を応援するプランです。
活動初期費用や月会費、情報提供料の割引により、費用の負担を抑えて婚活を始められます。

★活動初期費用0円★
★月会費1,650円OFF★
★情報提供料56,100円OFF★

費用シングルマザー限定料金プラン
入会金33,000円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費3,300円~
(通常4,950円~)
情報提供料42,900円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※20歳未満の学生のお子さんをお持ちの独身女性(再婚・未婚を問わず)が対象。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す