年収350万円以上の男性と結婚したい!定職がある人と出会う方法

結婚したら将来を共にし、生活を一緒にしていきます。

その際、節約したとしても最低限の生活費はかかるものです。

そこで気になるのは相手の年収ですよね?

年収350万以上の男性を選べばある程度生活に支障なく暮らす事ができるのではないかと考える女性も多いはず。

ここではどのような男性がいるのかまとめています。早速見てみましょう。

年代別にみる年収350万円以上の男性の割合

はじめに、既婚者を含む一般的な会社員に限定して、年収350万円の男性がそれぞれの年代でどれくらいの割合いるかを確認してみましょう。

年齢 年収350万円の割合
20代 約39%
30代 約22%
40代 約11%
50代 約7%

このグラフから分かるように20代、30代の年齢層が高い割合を締めています。

20代、30代の平均年収が近い事から、350万以上の年収の方は非常に多いです。

結婚する方や意識する年齢でもある事から350万以上の年収の相手を探すのは比較的多いように思えます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

年収350万円以上を稼ぐ男性の職業

業種 年収350万円の割合
小売・外食 35%
商社・流通 33%
メディア 29%
サービス 29%
建築・不動産 28%
IT・通信・インターネット 23%
メーカー 21%
金融 20%
メディカル 13%

このグラフから分かるように比較的どの業種も割合が高く、年収350万円の男性とは出会いやすいといえます。

メディカルが少ないのは、年収350万円よりさらに高い層の方が多いためです。

(参照:転職サービスDODA 2014年)

年収350万円以上の男性と結婚する方法

年収350万円の独身男性と出会うには

いわゆる結婚適齢期の20~30代の男性の平均が年収350万円ほどですから、年収350万円以上の男性と出会うのはそう難しくないでしょう。

しかし、日常生活では男性との出会いがないという方も少なくありません。

合コンに参加したりマッチングアプリを使ってみたりしたけど、結婚したいと思える男性と出会えないまま1年経ってしまった…というケースも多く、ごく平均的な年収の独身男性を探すのにも苦労する方があとをたちません。

そこで、早く理想の男性と出会いたい方へは結婚相談所へ相談することをおすすめします。

下の表で各婚活方法の特徴を比べてみたものです。

こちらを見てわかるように、結婚相談所がもっとも質が高く、結婚までの近道と呼ばれています。

婚活方法 おすすめ度 年収確認 独身証明 効率よく出会えるか
結婚相談所
婚活パーティー ×
合コン × × × ×
街コン × × × ×
マッチングアプリ × × ×
婚活サイト × × ×

年収350万円以上の男性と出会うのに結婚相談所がおすすめな理由

結婚相談所のメリットに下記などがあげられます。

  • 入会時に身元証明の他、独身証明や収入の確認などが行われるため、プロフィールの詐称がない
  • 会員プロフィールで年収は把握できるので、相手に探りを入れる必要はない
  • 年収350万円以上の男性のみを紹介してもらうこともできる
  • 年収350万円以上の男性に仲人を通じて自分をアピールすることもできる
  • 条件にあてはまる男性を写真検索するサービスなどもある

いずれも理想的な男性と効率よく出会いたいと考える女性にとって重要なポイントです。

実際に結婚相談所で年収350万円以上の男性と出会えた方の婚活体験談

一目見た写真が手放せず…気づけば結婚できていました(26歳/愛知県)

お相手は年収350万円以上の30代男性会社員

近所の同級生はみな結婚し、私は結婚するよりも、まずは自分の天職を探す事にやっきになっていました。 仕事から帰ると毎日のように「結婚して」「将来どうするの」と涙ながらに訴える母。 何度かご近所の方の紹介でお見合いもしましたが、みなさんとても良い方ばかりなんですが、線が細く頼りになるように思えずお断りすること数回ありました。 その日も仕事から帰ると、母から「早く結婚して。今度は紹介場に行きましょう」と言われ、内心「うるさいなぁ」と思いつつもこの場を丸く治めるために、「はい、いいよ」と空返事をしてやり過ごしました。

» つづきを読む

事実は小説より奇なりとはよく言ったものです。(30歳/奈良県)

お相手は年収350万円以上の20代男性会社員

3ヶ月入会してダメならやめようと腹を決めて申し込んだ結婚相談所へ予約して訪問すると、お話好きそうなマダムが担当者として現れました。名前を確認するなり、ちゃん付けで呼んでくるあたりがかなり手慣れた感じがあり、信頼できました。 初めてお会いしたのに、軽く経歴や訪問した経緯を語った後すぐに、あなたは3ヶ月くらいですぐにお相手が見つかるわ。と言われかなり驚きました。訪問したその日に 結婚相談所に入会しました。安くはなかったですが、きちんと身分証明書や年収確認、学歴確認等の書類の提出が義務化されていて、事件に巻き込まれることも防げることも安心感につながりました。 あとは 合う相手に出会うだけでした。これでダメなら結婚に縁がないと思い、老後のことも考え働いていこうと再決意しました。

» つづきを読む

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」…など、さまざまな理由で婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの方法をご紹介します。

20代なら迷わず大手の割引プラン!

仕事を始めたばかりで、まだ貯蓄が少ない20代にとって心強いのが「20代割」のプランです。 20代は積極的に相手を探したい男女も多いですし、20代女性と出会いたい男性も一定数いるため、大手の結婚相談所ではそうした利用者をターゲットに割引プランを用意しているところもあります。 ただし、サービス内容は各社大きく異なるため、じっくり検討する必要はあります。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所選び、最初の一歩に迷ったら一括資料請求

ここまで読んでみて、

  • 年収350万円の男性はけっして多くないが、探せば出会えること。
  • 結婚相談所を通じて、実際に高年収の男性と結婚できた方がいること。
  • 20代だけでなく30代以上の独身女性にもチャンスはあること。

──は、ご理解いただけたでしょうか。

無理だからと諦める前に、一度周囲にも内緒で本気の婚活を始めてみましょう。

どの結婚紹介所を選んだらいいのかわかないという方は、まずはあなたに合った結婚相談所の資料をまとめてお取り寄せください。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料