結婚したいアパレル職の男性へ

結婚できないアパレル職の男性が増えている

男性の生涯未婚率が30年前より約8倍に増えている!

国立社会保障・人口問題研究所の「第14回出生動向基本調査(独身者調査) 」(2011年)によると、
「いずれは結婚するつもり」 と答えたのは男女ともに約9割で、結婚したいという意識は20年ほど前から変わらないみたいです。

反対に「一生結婚するつもりはない」 と答えた独身者は第9回調査以降、男女ともに緩やかな増加傾向にあるようです。
この結果を見るとそれほど結婚意識に大きな変化はないようです。

1990年頃から生涯未婚率が上昇

「子ども・子育て白書」によると、2010年時点で50歳までに一度も結婚したことのない「生涯未婚率」は男性は2割、女性は1割と、いずれも過去最高となりました。
これは30年前より男性が約8倍、女性が2倍以上に増えたことになります。

結婚したい気持ちはあるけれども結婚ができない、という現実が浮き彫りに!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

アパレル業界の男性が結婚できないのは、なぜ?

理由1:恋愛対象ではなく、あくまでも仕事仲間

店頭での販売員の場合はそれぞれの販売ノルマがあります。
商品についての知識を広げる勉強や自分なりの着こなしの工夫をするために、日々移り変わっていくファッション情報にアンテナを張り巡らしている事でしょう。
接客スキルやコミュニケーション能力も必要になってきます。
本社勤務でもデザイナーやバイヤー、企画など様々な職種がありますが、それぞれ男性も女性も同等に仕事をこなしています。

実力がモノを言う世界ですから、体力的にも精神的にも厳しい世界のようです。
そんなことからも女性に対しても仕事仲間という意識の方が先になるのかもしれません。

理由2:時間が不規則でお互いの生活のリズムが合わない

アパレル業界に限った事ではありませんが、やはりお互いの時間が合わないというのは大きなネックになります。

夜が毎日遅く土日の出勤も当たり前、年末年始は特に忙しくなりますから連休はなかなか取れません。本人は大好きな仕事で誇りをやりがいを持っていますから、それも当たり前と思って苦痛に感じてはいないでしょう。

ただ、お相手の女性の立場から結婚後の生活を想定してみると、2人で生活をエンジョイできないのではないかという不安が生まれてきます。
良い出会いがあってせっかく交際がスタートしたのに、1、2回食事をして自然消滅となってしまっては先には進めませんね。

理由3:経済的、将来的不安から結婚に消極的

収入面を見ると特に低いという事ではないのですが、洋服代にかける費用が多くなりますから、それだけ自由になるお金が少なくなります。

また、若い頃は大好きな洋服に囲まれた仕事で楽しい職場に違いないのですが、体力的にも精神的にもハードなので将来的にどのようにキャリアアップしていくかが課題となります。 自分の将来の仕事の事を考えると、どうしても結婚に対しては慎重になってしまうようです。

アパレル業界といってもブランドや職種によって状況は大きく違いますので一概には言えませんが、あくまでも全体的なイメージとしてそのように見られているようです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

アパレル系の男性職員が結婚するならどんな女性がいい?

仕事を理解して生活リズムを合わせられる人

お互いが一緒にいる時間が少ないと、すれ違いが生じてきます。周りに素敵な女性が多い環境なので、あらぬ疑いをかけられることも。

お相手が仕事を持っているならば、シフト制で休みを自由に決められる職場だとよいかもしれませんね。

いつも休みを合わせたり、無理に一緒にいる時間を作ったりする必要はないと思いますが、お互いに歩み寄って時間を都合する努力も必要でしょう。

アパレル業界で働く男性には「結婚相談所」おすすめ

結婚相談所が主催するパーティーなどのイベントに参加をする

パーティーなどの参加は、出会いが少なくて女性との会話にもあまり慣れていない男性にとっては、結構ハードルが高いのです。大勢の女性と話すわけですから、会話の準備も必要になってきます。

ところが、普段から仕事などで女性と接する機会が多いアパレル業界の男性は、流行にも敏感ですから今のトレンドは何かなど、女性の興味がある会話のネタに困ることはないでしょう。

一度に多くの女性と会えるので、忙しくて時間がない人にオススメのシステムです。 合コンと違うのは全ての女性が結婚を考えており、そのために活動をしている人達です。
お互いに話が合えば結婚への道が近くなります。

周囲の人に知られることなく自分のペースで婚活ができる

正直なところ、結婚相談所というとまだ抵抗がある人もいらっしゃいます。
システムがよくわからなかったり、どんな人が会員に登録しているのか、個人情報はどうなのだろうかと不安になったり等、心配な点が多い人も多いでしょう。
内容がわかってしまえば実に合理的で素晴らしいシステムなのですが、やはりはじめはとっつきにくいと思われがちです。

友人や会社の人に見つかったら恥ずかしい。本当はそんなことを思う必要はまったくないありません。
とはいえ、今の時代は個人情報が心配です。
ですが結婚相談所も会社として業務を行っているわけですから、一般企業と同じように個人情報の取り扱いには細心の注意を払っています。
そのため安心して利用ができますね。

モテナイから!相手が見つからないから!結婚ができなくて困っているから!
だから結婚相談所を利用する時代ではありません。
そんな話はずーっと前の事です。

今は自然のままでは結婚ができない時代になっているのです。本人のせいではなく、社会構造がそのようになってきているのです。

そうしたことを踏まえて、合理的に結婚相談所のシステムを利用するのは、賢い選択肢だと思いませんか?

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

男性アパレル系との婚活体験談

自分の職業一覧に戻る