結婚したい調理師・シェフさんへ

調理師は不人気?結婚率はたったの39%

未婚率6割!という事実。

とある企業の調査によると、料理人100人(平均年齢31.2歳)の結婚率はなんとたったの39%でした。
厚生労働省の平成21年発表のデータによると、一般男性の結婚平均年齢は30.4歳ですので、料理の世界にいる男性は平均的な男性よりも晩婚傾向にあるともいえるでしょう。

10年くらい修行を積んでから、次のステップとして婚活・結婚を考えるという人が多い業界かもしれませんね。

調理師・シェフが結婚できない理由

理由1:サービス業ならではの悩み 土日やイベント時は稼ぎ時。

調理師さんに限らず、サービス業ならではの悩みとして、土・日曜日や、お正月、バレンタインデー、クリスマスなどのイベント時は稼ぎ時なので、よっぽどの理由がなければ休みを取ることは難しいでしょう。

そのため、土日休みのお相手にとっては、休日やイベント時に一緒に過ごすのは難しいという理由だけで結婚相手候補にはなりにくい場合が多いです。

理由2:拘束時間が長く、勤務日はほとんど1日仕事場に。

平日の仕事終わりにちょっと会おうなんていうのはほぼ難しいです。

お店のオーナー、雇われシェフに関わらず、調理師という職業はお客様を迎える前の時間、送り出した後の時間にも仕事が多くあり、全体として拘束時間が長くなりがちな職業と言えるでしょう。

例えば11時オープン23時クローズのお店でも、朝7時頃から仕込みを始めて、23時過ぎにお客様を送り出した後店の片づけをすると、気づけば0時回っていたという事も当たり前。ランチタイムの後に2~3時間の休憩時間があっても、その間も昼食と最低限の休憩だけ取り、夜の営業へ向けての仕込みをすることが多いもの。
仕事がある日はまる一日職場にいるだけ…という人も少なくないのではないでしょうか?また、忘年会や歓送迎会などの繁忙期には、休憩すら取れないという状況になる場合もあるのでは?

そのため、婚活をしようと思っても、なかなか合コンや婚活パーティが開かれる時間帯に休みが取れず、出会いのチャンスを逃している場合が多いのではないかと思います。

理由3:食べることが好きだから!趣味が仕事になったあなたの場合…

食べることが好きだから、いろんな人に美味しい料理を食べさせてあげたいからという理由で調理師を目指した人もいるでしょう。つまり、趣味が仕事になっった場合です。
そもそも趣味の延長なので、拘束時間が長いことは全然苦になりません。そして、貴重な休日も常に新しいメニューの事を考えたり、美味しいと評判のお店に食べに行ったりする人が多いでしょう。仕事の日も休みの日も毎日が料理のことばかり。

最前線で活躍する人たちは「24時間365日料理のことばかり考えても、全然つらくない」と思うことも多いそうです。もしお付き合いしたてでこんな態度を取り続けてしまったら、「私より仕事の方が大切なのね!」と言われてしまいそうです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚までが遠い! 調理師の婚活体験談

社長の奥さんの勧めで(29歳/東京都)

職場と寮の行き来だけの毎日

普段から仕事が終わるのが遅く、週に6回は職場と寮の行き来だけで1日が終わり、休日も昼まで寝て夕方ごろからやっと外出するような生活をしていたため、なかなか出会いがないまま来てしまいました。 職場の社長の奥さんがそんな自分に対して心配をしてくれるようになり、知人を紹介してくれることもあったのですが、なかなか発展はしませんでした。それを見かねてか、その後、また奥さんの勧めでサンマリエのことを知り、一緒に話を聞きに行ったのが入会のきっかけでした。

» つづきを読む

4人家族から一気に7人家族へ!(42歳/青森県)

娘からの一言で再婚を決めました

私が前妻と離婚したのは6年ほど前の話になります。とても真面目でしっかりした女性だと思っていたのですが、実際は不貞を働いておりました。本人たちの強い希望もあり、3人の子どもはすべて私が引き取りました。まだ中学生だった長女がいろいろと頑張ってくれ、何とかやってこれていたようなものです。 そんな長女が何気なく「お父さん再婚しないの?」と言ってくれたのです。もう長女は18歳になりますので、「今度はちゃんとしたお嫁さん見つけたら?」なんて言ってくれたのです。

» つづきを読む

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

調理師が結婚するならどんな女性が理想?

相手に望むことはいろいろあると思いますが、今回は休日を合わせたいかどうかで分けました。また、独立したいと考えているなら、それを望む女性が良いですね。

どのような相手を選ぶにしろ、ある程度の料理人になるまでは経験を積むための仕事ととらえた方がよさそうな労働環境なので、共働きをしてくれる女性を選ばれると良いかもしれませんね。

あえて土日休みの女性を選ぶなら…

自分が土日に休めないことを承知で、あえて土日休みの女性を選ぶなら(なぜなら、土日休みの会社勤めの女性が圧倒的に多いのが事実なので)、お互いの休日は干渉し合わずにそれぞれで過ごせるタイプの女性が良いでしょう。

結婚生活を営みつつも、お互いに仕事をもって独立し、プライベートもそれぞれで充実させる方法を持っている相手なら、上手にお付き合いができるはずです。そして、たまには休みを合わせて夫婦で旅行へ行くなんていうスタイルが良いですね。

もし、土日休みの女性を選ぶなら、平日に自分が休みの時くらいは家事を分担すると奥さんからの評価が上がると思いますよ。

土日休みではない職業の女性を選べば休日一緒に過ごせるかも?

自分が土日に休めないなら、いっそ相手も土日が休みでなく休日を合わせやすい相手を選ぶのも良いですね。同じサービス業なら、お互いに仕事の苦労も理解し合えそうです。
独立を目指しているなら・・・
雇われ調理師ではなく、独立を考えているなら、一緒にお店を手伝ってくれそうな女性を探さないといけませんね。
具体的には、仕事を辞めて、新たに自分と歩んでくれる人、接客の経験があったり、経理に役立ちそうなスキルを持っている人が良いでしょう。とても現実的な条件ですが、開業するとなるとどうしても結婚相手の理解とサポートが必要になってきます。
実は女性に人気の職業ですよ!
調理師免許という手に職を持っている場合が多い調理師さん。今は「手に職を!」という時代です。また、衣食住は人間にとって欠かすことのできないもののため、結婚相手として女性に人気のある職業です。
相手女性が「調理師」という仕事の重労働さを十分に理解しているかと言われると相手によりますが、分かり合える可能性はもちろんあります。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

曜日も時間も関係なく婚活をしたいと思うなら、結婚相談所がオススメです。

早朝から仕込み作業で、気づけば終業時間が午前様という調理師さんやシェフの方にとって婚活に使える時間は、普通の会社員に比べて圧倒的に不利である場合が多いです。
そんなあなたが理想の相手と出会うには、どんな方法が適しているでしょう?実は結婚相談所を使えば、時間的なハンデを感じることなく婚活を進めることができます。

調理師・シェフに結婚相談所がおすすめな理由

自分と相手のプロフィールを事前に知ることができ、少ない回数で相手を理解できます 一般男性と比べて晩婚傾向にある調理師さん。できたら結婚に確実に結びつく相手と早く出会いたいですね。友人からの紹介や合コンで出会う相手の場合、いきなり根掘り葉掘り情報を聞くことは失礼ですし、引かれてしまいます。しかも、まだすぐには結婚は考えていないという相手がいるかも知れません。

しかし、結婚相談所を使えば、自分も相手もお互いのプロフィールを事前にかなり深く知ることができます。もちろん結婚には前向きな方ばかりです。
また、相手に求める条件も事前にわかるため、調理師という拘束時間の長い仕事に対して理解ある相手を見つけやすくなりますよ。

相手検索は、Web環境があればできる場合が多いです
自分の時間が取れるのは、深夜か早朝、もしくは昼間の休憩時間だけという調理師さん。普通でしたら、出会いのチャンスはないような時間帯でも、結婚相談所を使えば婚活をすることができます。 今では、相手検索の機能もweb環境が整っていればできる場合が多いため、時間や場所を選ばずに探すことができますよ。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

調理師との婚活体験談

公務員から熱烈なアピールを受けた理由は?

23歳
職業OL
年収~200万
20代後半
職業男性公務員
年収〜350万

早目の婚活が肝心です

私は社会人になってすぐに婚活を意識するようになりました。 というのも、年が離れている姉は30過ぎてから婚活を始めたのですが、かなり苦戦が続いていたからです。「あんたも早い内に婚活しておいた方が良いよ!」というのが口癖だったのですが、実際に婚活に参加してみると男性陣は圧倒的に若い子を狙っています。 私自身よく声をかけて頂いていたのですが、これが年齢が30過ぎていたらまた結果は違っていたと思います。 もちろん若い方が良い条件の方から声をかけて頂ける可能性も高くなりますし、純粋に婚活の時間も長く用意されていますよね。

続きを読む


婚活料理教室の男性は結構厳しい?

27歳
職業会社員
年収~400万
20代後半
職業旅行会社
年収〜400万

気になっていた婚活×料理教室へ

私の初めての婚活は料理教室でした。 以前テレビで特集されているのを見たのですが、一緒に料理をする事によって共通の課題をクリアするための意識が生まれ、それが恋をスタートさせるとか。あまりおしゃべりが得意ではない私にとってはピッタリだと思いました。 ただし婚活料理教室は特に女性からの人気が高いらしくなかなか予約は取れず。結局申し込みできたのは入会してから三ヶ月後くらいの事でした。しかし、待たされた分期待も高まっていました。

続きを読む


社長の奥さんの勧めで

29歳
職業調理師・シェフ
年収~450万
20代後半
職業調理師・シェフ
年収〜450万

職場と寮の行き来だけの毎日

普段から仕事が終わるのが遅く、週に6回は職場と寮の行き来だけで1日が終わり、休日も昼まで寝て夕方ごろからやっと外出するような生活をしていたため、なかなか出会いがないまま来てしまいました。 職場の社長の奥さんがそんな自分に対して心配をしてくれるようになり、知人を紹介してくれることもあったのですが、なかなか発展はしませんでした。それを見かねてか、その後、また奥さんの勧めでサンマリエのことを知り、一緒に話を聞きに行ったのが入会のきっかけでした。

続きを読む


自分の職業一覧に戻る