結婚したいデザイナーさんへ

デザイナーは結婚が遅い!?

一概には言えませんが、アパレル業界にお勤めの女性は、比較的結婚が遅い傾向にあるようです。

業界特有の理由。男性とでも張り合えるくらい強くなる!

全員が当てはまるというわけではありませんが、アパレル業界に勤めている女性は比較的晩婚傾向にあると言われています。 それは、アパレル業界は女性が活躍する場でありながら、男性と張り合えるくらい強くならなくてはやっていけないと言われているからです。特に小さな会社であればあるほど、一人で多くの仕事を抱えるためトラブル対応など強い意志をもって行わなければなりません。

女性が強くなりすぎると、お相手に求めるハードルも上がってしまいがちなんですね。

仕事が日々楽しく…気づけばアラサー?!

仕事が楽しく充実していると、あっという間に年数が経ち、気づけばアラサー、アラフォーという場合が多いそうです。
仕事が充実しているなんてとってもうらやましいことですが、仕事一筋になってしまい、プライベートがおろそかになりがちなんですね。

忙しいから、結婚子育てなんて無理!

ファッションデザイナーは、常に季節や情報を先取りしていかなくてはならない職業です。仕事中はもちろん、休日でも各方面からの情報収集は常に欠かせません。
そんな仕事をしながら、結婚して子育てをするのはとっても大変。仕事を続けるために結婚をあきらめるか、結婚前のレベルを維持できないから仕事を辞めるか…というジレンマを抱えている人も多いようです。

デザイナーが結婚できない理由

理由1:大好きな趣味を仕事に。だから、残業&休日出勤も嫌じゃない!

ファッションデザイナーを仕事にする女性は、洋服が好きで、洋服に興味があるという人が多いでしょう。つまり、趣味を仕事にできた人たちです。
そんなあなたは、残業で帰宅時間が遅くなろうとも、休日出勤の日が続こうとも頑張れてしまうんですね。毎日の仕事が充実していて、仕事してることが楽しいと思える事はとても幸せなことです。

しかし、仕事に打ち込むあまりにそれ以外の事がおろそかになってしまうという落とし穴があります。

理由2:休みの日もファッションセンサー稼動中

せっかくとれた休日も、せっせと家で服を作ってみたり、街へ出て最新のファッションを見たり、次に来る新しいブームの情報収集常をしたりと、ファッションに関するセンサーは動いています。
休みの日も自身のスキルアップのために使っていて、なかなか婚活どころではないといった様子です。

理由3:男性と出会う機会が少ない

ファッションデザイナーには男性も当然いますが、どちらかというと女性が多い職場だそうです。さらに仕事が忙しすぎるため、同業種同士でもなかなか恋愛関係に発展しないことが多いようです。

また、休日も少ないため婚活パーティや合コンへ行く時間もなかなか作れません。友人に紹介してもらおうにも、休日が分からないとなるとなかなか紹介してもらいにくいものです。そのため、交際相手になりうる男性に出会える機会は、一般的なOLさんなどに比べて低くなります。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

デザイナーと相性がいい結婚相手とはどんな男性?

性別を超えて、1人の人間としてとらえてくれる人

結婚してもこのまま仕事は続けたいと思うなら、やっぱり家の事を手伝ってくれる男性を探さなければいけません。「早く帰ってきた方が家事をすればいいよ」と、男性だから女性だからと性別にこだわらずに家事をこなせる男性がピッタリですね。

企業にお勤めの場合、育児休暇など子育て支援制度が整備されている会社でしたら、お子さんを持つことも不可能ではありません。育児休暇が取れるうちは子育てに専念し、保育園へ預けられるようになったら仕事復帰ということになるでしょう。

お子さんを望むなら、結婚相手や双方の実家に援助をどれくらい頼めるのか、事前によく話し合っておくことが大切です。また、復職時に情報から乗り遅れていないよう、休業中にも情報収集を続けるなど、会社へ行ってなくてもファッション業界とのつながりは保ち続けないといけませんね。

お互いに仕事も家事もやって年を取れたら最高!

お子さんを持たないと決めたなら、お互いに仕事をもって家事も分担して休みもそれぞれ自由の時間を持とう、でもたまには一緒に旅行とかもいいよねと、「個」を大切にしたDINKS(子どもなし・夫婦共働き)の生活を満喫できる相手が理想的です。

独特の感性をアリだと思ってくれる人

洋服が大好きでこの業界に飛び込んだあなたなら、自分のこだわりのスタイルがあることでしょう。その独特の感性を「良いね!」と理解してくれる男性がオススメです。例えそれが他の人から見たら「独特の感性だなぁ」と思うものであっても!です。
洋服に限らず、家具やファブリックなど、独自のこだわりを理解してくれる男性、共感してくれる男性がいいですね。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

仕事に夢中!だけど婚期も逃したくないデザイナーさんには結婚相談所がピッタリ!

好きなことを仕事にした、だから仕事を一生懸命やっていきたいとお考えのあなたには、結婚相談所がおすすめです。

自分磨きに邁進されているあなたは、男性の目から見てもとても魅力的にうつることでしょう。しかし、どんなに素敵なあなたでも、出会いがなければ結婚まで辿りつくことはできません。

ですので、日々忙しく、とことん仕事を突き詰めていきたいとお考えのあなたに、結婚相談所をおすすめしたい理由があるのです。

デザイナーさんに「結婚相談所」がおすすめな理由

スキ間時間を有効に使って婚活時間を増やしましょう

休日が少ないうえに、貴重な休日もファッションの勉強のために使いたいと思っている筋金入りのファッション大好きなあなた。そんなあなたでも、いつでもどこでも婚活できるのが結婚相談所です。

最近の結婚相談所では、お相手を検索するのにWeb環境が整っているところが多いです。そのため、忙しいあなたの休憩時間にあわせて、いつでもどこでも相手探しをすることができます。つまり、あなたさえその気になれば、いつでもその場が「婚活時間」になるのです。

お互いのプロフィールを知ったうえで会うことができます

結婚相談所では、お互いにプロフィールを交換したあとにお見合いするスタイルが多いです。相手の情報や、結婚相手に望むことを先に知ったうえで会うことができるため、自分の希望にあてはまる人と出会える可能性が高くなります。

合コンや友達の紹介で知り合った相手に比べて、自分の希望する条件に近い人と出会える可能性が高いため、お付き合いするまでの期間が短くなる傾向があります。休みの日を毎回デートに費やすのはちょっと…と考えるあなたにはピッタリだと思います。
また、お互いに相手に望む条件をクリアした人同士が会うことが多いため、結婚相手に出会える確率がより高くなります。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」…など、さまざまな理由で婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの方法をご紹介します。

20代なら迷わず大手の割引プラン!

仕事を始めたばかりで、まだ貯蓄が少ない20代にとって心強いのが「20代割」のプランです。 20代は積極的に相手を探したい男女も多いですし、20代女性と出会いたい男性も一定数いるため、大手の結婚相談所ではそうした利用者をターゲットに割引プランを用意しているところもあります。 ただし、サービス内容は各社大きく異なるため、じっくり検討する必要はあります。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

デザイナーとの婚活体験談

私の出会ったイケメン結婚詐欺師

37歳
職業その他
年収~400万
30代後半
職業その他
年収〜400万

婚活パーティで目立っていた優しいイケメン

私は婚活パーティが苦手なのですが、なかなかステキな恋人が見つからず出会いを求めていた頃に友人から婚活クッキングパーティへの誘いがありました。 料理も苦手なのですが、「先生がうまく教えてくれるし少人数だから楽しいよ」という友人の言葉を信じて参加してみることにしました。4対4の男女で2人ずつペアを組んでお料理をし、最後に試食会というスタイル。クッキングが始まる前に全員で自己紹介をしましたが、なかでもダントツは背の高いがっちりとした温和な感じのイケメンくんでした。 クッキングのペアの組み合わせはジャンケンで決めるので、イケメン君と組めることを祈りながら…ジャンケン!そこでうまく組み合わせがあたり、彼と一緒にクッキングをすることができました。

続きを読む