結婚したい男性実業家さんへ

結婚したい職業としても人気の男性実業家

合コンでも女性に人気の実業家。現在の実業家のイメージは所謂「社長さん」なので、景気が良いとか羽振りが良いと思われがちです。
その為、女性にはモテる職業なのですが、モテるがゆえの苦労も多数。それが原因で未婚率が上がっています。

また、パートナーエージェントが2013年に25~49歳の男性4,800名を対象に「職業別男性の既婚率・平均初婚年齢」というアンケートを行っていますが、その結果では「経営者」という枠では既婚率がとても高く、71%となっています。

ですが、これだと何の経営かが分かりません。

なんと、未婚率が高かったのは実業家のうちで最近増えている「制作・クリエイティブ関連(65.3%)」と、昔から多い「自営(55.4%)」という結果になっており、過半数を超えています。 何故人気があるのに結婚に結びつかないのでしょう?その理由を下記でご説明いたします。

実業家さんが結婚できない理由3つ

理由1:恋愛が続かない

合コンでも人気で、よりどりみどりの実業家さん。ですが、そのせいでかえって恋愛が続かないのです。
そう言った場で積極的に来る女性が実は実業者さんの懐具合を確認しているような人だった…なんて話は良く聞きます。
そんな事を繰り返していたら、「この女性は本当に大丈夫だろうか?」と疑心暗鬼になってしまい、結局破局してしまいます。

また、仕事内容が同業でない場合、女性側の理解が足りず「仕事と私どっちが大切なの!?」なんて言われてうんざりしてしまうなどの話もあります。

理由2:結婚に結びつく恋愛にならない

前述したような理由もあって、恋愛にはなるけれどそれ以上は…と考えている実業家さんは多いです。
恋人としては良くても、この人を妻にして良いのだろうか?そんな気持ちから、それ以上に進めず結局は別れてしまう事が多いのです。

そういった経緯から、合コンを繰り返す実業家さんは少なくありません。合コンの度に恋人になっても、結婚までは行かずにずっと恋人止まり。
恋人止まり、を何度も繰り返している為、どうしても結婚には結びつき難くなっています。

理由3:時間は比較的作れるのに出会いがない

これは事業内容次第でかなり変わって来るのですが、それでも実業家さんは一般的なサラリーマンや公務員に比べて自分の時間を作りやすいです。
ですが、まず出会いがなければいくら時間を作っても意味がありません。

業種によるのですが、IT系ですと労働人口が男性>女性で出会いが殆どありませんし、販売系でも販売物の内容によっては女性と出会えたとしても既婚者だけだったり…などとなかなか難しかったりします。

そういった業種別による、出会いのチャンスのばらつきから、前述したアンケートのような「経営者」には既婚率が高い、という結果が出てしまっているのです。

各業種に細分化したら逆に未婚率がとても高いという結果になっていますし、各業種の「実業家」の未婚率はやはり高いと言えるでしょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ですが、こんな女性と出会えたら必ず幸せになれます

実業家という職業は誰かに雇われていない代わりに、全ての責任を負う立場です。 そのため、一般的なサラリーマンの比ではないくらいにストレスやプレッシャーにも襲われています。

そんな実業家さんが幸せになるには、まず仕事に理解のある女性と出会うことが重要です。 実業家さんの仕事のことを理解して、尊重できるような女性が理想的です。家庭できちんと実業家さんを癒やしてくれる、優しくて包容力のある女性が実業家さんには最適のお相手だと言えます。

ただ、そう言った女性は合コンなどでグイグイ迫ってくるタイプではありませんので、実際に合コンや婚活パーティで出会うのはかなり難しいと言えます。

実業家さんが自分を支えてくれる女性と出会うなら、結婚相談所がおすすめです!

結婚相談所って何だかすごく堅苦しい、費用もものすごく掛かるんじゃないの…? なんて思って今まで結婚相談所を避けて来ていませんでしたか?でもそれはとてももったいないことなのです。

今まで結婚相談所の利用を検討したことがない方や結婚相談所の存在を知らなかった方は、この機会にぜひ結婚相談所の利用をご検討下さい。

結婚相談所を利用するとこんなメリットがあります。

実業家さんに「結婚相談所」がオススメな理由

事前に相手の情報が分かる

異性とお付き合いすることを前提に会った場合、一番気になるのは相手の情報です。友達からの紹介や合コンでは、普通出会ってすぐには深い情報は知ることができません。最初に会った時は自己紹介をするくらいなので普通は名前や職業くらいしか知ることが出来ないのが大半です。

友人や知人などの身近な人からの紹介ですと紹介者に遠慮してしまってなかなか聞きたいことを聞き出せない、なんてこともあります…。また婚活パーティだと時間制限がある為、時間内に細かいことまでは聞き出すことができません。もし聞くことが出来たとしてもデリカシーがない人だと思われがちで、デメリットしかありません。

その点結婚相談所ですと、最初からお互いに望む条件を提示出来ます。その為、無駄なやり取りをする必要がありません。

また、お互いの両親との同居をするかどうか、介護をどうするかなどのデリケートな問題も会う前に分かります。そういった大切な点が合わない方とは会う必要がありません。

婚活に積極的になれなくても大丈夫

合コンだと積極的な女性に迫られる事が多い実業家さんが理想的な相手に出会うには、結婚相談所が大変おすすめです。

その理由としては、次の点が挙げられます。 紹介システムを採用している結婚相談所が多いので、合コンのように積極的に動かなくても結婚相談所の担当者がマッチングしてくれるます。そのため、恋愛に対して消極的な女性も利用しやすくなっています。

また、男性の方が恋愛に積極的ではない大人しめの方であったとしても、結婚相談所の担当者がマッチングしてくれます。登録したのに誰とも会うことができない、と言う事はほとんどありません。

出会いがないのを解決できる

比較的時間を作りやすい実業家さんですが、なかなか出会いがないという人がとても多いです。そのため、出会いをまず作る事が重要になります。

プランによって紹介人数は変わってきますが、大手の結婚相談所ですと登録会員数も多いため、大抵の結婚相談所では紹介人数もある程度は保証されています。そのため、まずは結婚への取っ掛かりとなる「出会い」を間違いなく作る事が可能です。

例えば、大手結婚相談所の一つ「ノッツェ」では、登録会員数が約4万人でそのうち4割が女性です。
その上、紹介人数は最大毎月10名で13,500円となっていますので、合コンや婚活パーティで出会うよりもかなりお得です。
このコースはたくさんの方と会って早めに決めてしまいたい方にとてもおすすめです。

時間の都合がつかず、そんなにたくさんの人とは会えない…そんな場合は毎月2名紹介コースというものもありますので、多忙な実業家さんのスケジュールに合わせて便利に利用することが可能です。

また、結婚相談所は手厚いサポートが売りなので、担当者にきちんと自分の意向を伝えることでより理想の女性と出会う可能性がアップします。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

実業家との婚活体験談