結婚したい研究職の男性へ

恋愛・婚活のスタートラインに立つまでが大変です。

理系研究者の場合、大学院を卒業して就職という場合が多いでしょう。そうすると、修士号の場合は大学で4年間、大学院で2年間の計6年間、博士号の場合、それからさらに3年間追加の9年間を過ごしてからやっと社会に出てくるわけです。そうすると、ストレートに行って24歳や27歳でやっと社会人一年生となります。

社会人一年生でいきなり結婚という人は少ないでしょう。社会に出て、ある程度会社にも慣れてからおつきあいして、2年後くらいに結婚と考えると、あっという間に30代になってしまいます。

奥手なので、女性と知り合うだけでも一苦労

あまり女性と接さずに恋愛適齢期になってしまったあなた。社会に出て結婚相手を探そうにも、どう探していいか分からないという場合がありませんか? 周りにはたくさん女性がいても、どう声をかけていいか分からない、婚活パーティへ参加しても、どうその後につながればいいのか分からない…。結局お金や時間をかけても効果が見込めず、婚活を諦めてしまってはいませんか?

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

研究職の男性が結婚できない3つの理由

理由1:見た目をおろそかにすることも…

毎日が研究で忙しいあなた。自分の外見にも気を配っていますか?仕事上白衣を着ることが多いため、洋服や髪形は周りの迷惑にならなければいいくらいに思っていませんか?

人間の見た目の印象は8割が視覚から入ってくる情報だそうです。最新の流行を追いかけろとは言いませんが、ある程度の身だしなみは整えた方が女性からの印象が良いでしょう。

理由2:研究室は男性中心

理系大学や研究職の職場は、まだまだ男性の方が多いところです。そのため、女性という存在があまり身近ではなく、どう接したらいいか分からないという奥手の男性もいるでしょう。せっかく女性と知り合う機会を作ってもらっても、失敗に終わってしまうケースがありそうです。

理由3:結論を急く性格の人もいる

研究論文を何本も書いている理系研究職にありがちなのは、ついつい話の結論を急いでしまうという事です。女性はただ話を聞いてほしいだけなのに、「つまりこういうことだよね」と結論を急いでしまったり、「こうした方が良かったんじゃないか」などと女性にとっては要らぬアドバイスをしたりしてしまいます。

また、話す内容を自分が研究している事に例えて説明することもあるため、素人にはまったく理解できず…ということもあるのではないでしょうか。相手の気持ち、立場にたって話をするということは、特に女性に対してはとても大切なことです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

研究職の男性が結婚するならどんな女性が理想?

家事を任せられる女性

研究職は多忙ではありますが、その代わり収入面では割と恵まれているようです。それならば、いっそ専業主婦を望む女性を探し、家の事はお任せしてはいかがでしょうか?JAXAで働く研究職の男性は多忙すぎるため、既婚者でなければ勤まらないと言われるほどです。

一途さを理解してくれる女性

話す内容が学術的で難しい言い回しだったり、やたらと理論的だったり。デートの行先を決める場合も、まずデータ収集から始まって、何度も道順を確認したり最新の渋滞情報を確認したり。

何事もデータ主義な研究職。そんなめんどくさいことを!と思ってしまう女性とは合いません。大好きな女性のために、ただ一途に一生懸命なだけなのに、その表現がストレートではなく分かりにくいため、誤解されやすいのです。そのため、数回のデートだけではあなたの良さはなかなか理解されません。

長い間お付き合いすることで、だんだん良さが分かってくるのがあなたのような研究職の男性だと言えるでしょう。

男性研究者が婚活するなら結婚相談所がおすすめな理由

「効率的に」出会いたいなら、結婚相談所が最適です。

仕事上では常に「効率的に」、「費用対効果」を求められる研究職。そんなあなただから、婚活にもついつい同じように効率を求めがち。でも、友人からの紹介や、合コンでは必ずしも使ったお金の分だけ効果が現れるかは疑問です。高収入の男性に美味しいご飯をごちそうしてもらいたいだけで、恋愛を楽しみたいだけでまだ結婚を考えてない人や、別の相手が既にいる人という場合も…。

その点、結婚相談所ならば結婚に前向きであなたが希望した条件のお相手に出会う事ができます。しかも、あらかじめお互いのプロフィールや結婚相手に求める条件を理解したうえで会うことで、当日も効率よく話を進める事ができるでしょう。

今まで身近にいなかったようなお相手とも出会うことが可能です。

周りに結婚相手と思えるような女性がいなかったというあなたには結婚相談所は最適です。結婚相談所には多くの女性が登録しています。これまで身近にいなかったような相手も、結婚相談所を通せば気軽に出会えることも可能です。 自分は女性に縁がないから…などと考えず、気軽な気持ちで参加してみてはいかがですか?

どう接したら女性に好かれるか、アドバイスもいたします。

これまで女性とお付き合いすることがなかった、そもそも周りに女性が少なかったという方も多いのがこの職業の特徴です。ですから、どのような接し方をすれば女性から好感をもたれるか、どういう態度をとったら女性から敬遠されるかという事が分からない方もいらっしゃいます。せっかく良いなと思った相手でも、自分の行動一つで敬遠されてしまうかもしれません。

結婚相談所では、女性とのお付き合いの仕方からサポートします。マナー講座やセミナーなどを行っている結婚相談所もありますので、自分の魅力を再発見するためにも参加してみるのも良いかもしれません。 また女性側へもどういった感じの男性かという事をあらかじめ説明することで、お互いに理解しあえるようお手伝いすることができます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

男性研究職との婚活体験談

自分の職業一覧に戻る