結婚したい薬剤師さんへ

結婚したい職業として人気が高い薬剤師

晩婚、非婚化が進む日本。現在では、「安定した生活」の優先順位が高く、3高が絶対条件と言われた時代は今や昔となっています。
「手に職があり、安定している」「社会的評価が高い」「収入も良い」といったイメージを持たれやすい薬剤師でもその傾向は同じといえます。

しかし、ある調査によると、未婚女性の結婚したい男性の職業は公務員と同率一位で医療関係者(医者/薬剤師)という結果もあり、女性には人気の職業であるといえます。
世間的に良いイメージを持たれやすい薬剤師ですが、「薬剤師は結婚できない」といった反対の意見があるのも実情です。

薬剤向けコミュニティサイト『ココヤク』が実施しアンケート結果によると、男性薬剤師の平均年収は571.5万円(平成23年度調査)と比較的高めであると同時に独身薬剤師の64%が結婚相手に求める年収は301万円~600万円であり、結婚相手にも自分と同程度の収入を求めているといえます。

『自分と似た人』や『同じレベルで生活できる人』を求めるため、結婚から遠ざかっている傾向があるといえます。

世間一般に言われる、『安定した職業』にも関わらず、未婚率も高い理由とは一体??

理由1:理系男子のイメージが強い

薬剤師といえば典型的な理系男子。 世間一般に言われている理系男子のイメージとは、「こだわりが強すぎる」「趣味が偏っている」「女心を察知できない」といったように、あまり良いイメージとはいえません。

しかしながら、裏を返せば「男性率が高い境遇で生きてきたので、おつきあいした女性を大事にしてくれる。」「女性のことをあまり知らないので浮気の心配が少ない。」とも言えます。 ある結婚相談所が行ったアンケートによると、女性の約60%が理系男子との結婚を希望しているのだとか。
生涯年収を比べると文系よりも年収が高いことや、実態がマンガ化されたりしていることもあるとのことですので、今この理系男子ブームに便乗しない手はありません!

理由2:結婚相手に求める条件が高い

独身薬剤師は結婚相手に自分と同じような人を求めている傾向があります。 独身薬剤師の92%が同業者との結婚はアリというアンケート結果にもあるように、自分と同程度の年収を求めているのだそう。
また、結婚に求めるものとして「安心」「安定」を挙げていることからも安定志向であるといえます。
結婚に安定を求めすぎているため、結婚から遠ざかっているといえるのではないでしょうか。

理由3:異性との出会いがない?

厚生労働省のウェブサイトによると、薬剤師の男女比は男性の割合が33%であるのに比べ女性は67%で圧倒的に女性の比率が高いことがわかります。
世代別の構成割合でも全ての年代で女性の割合の方が高いので女性との出会いはたくさんあるのでは?と思われる方も少なくないかと思います。

しかしながら、同業者との結婚はアリ!とは言っていても実際、薬剤師同士の夫婦は少ないのが実情です。
つまり、職場にいくら女性がいても必ずしも結婚に繋がるとは限らないのです。
29歳以下の薬剤師の割合は17.5%であり、女性が多いとはいっても年配の方が多いため、交際や結婚には至らないというのも理由の一つではないかといえます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相手に「安心」「安定」を求める男性薬剤師、それはつまり…

国家資格を取得している薬剤師は、どちらかというと勉強一筋で国家資格のためにコツコツと努力をしてきたタイプが多いようです。
そのため、いかにもキャリアのありそうな気の強い女性よりも、優しい雰囲気の方が結婚相手としてはおすすめです。
周りにテキパキしていて知的、なおかつ気の強い(?)女性に日々囲まれていることも理由の一つなのかもしてませんね。

聞き上手な女性もおすすめ!

理系男子の特徴として「自分の話に興味を持っている」ことが分かるととても嬉しいという特徴があります。
論理的に話を展開したり、業務上の話をすることが多いようで正直ちょっと話についていけない…と思う人もいるかもしれませんが、自分の話に対して相づちをうったり素直に関心するかわいらしさがある女性だと、結婚生活がイメージしやすいですよね。

職場には女性が多い…でも運命の女性には巡り合えない!という男性薬剤師の方には、結婚相談所がオススメです。

職場の周りは女性ばかり…でも結婚相手には周りの女性にはないタイプの人を探している!という方には結婚相談所がぴったりです。
結婚相談所では、様々なタイプの女性と出会うことができる上、自己啓発にも役立てることができるイベント・サービス内容もあります。
ここでは、結婚相談所『オーネット』のサービス内容を例に挙げてご紹介します。

男性薬剤師さんに「結婚相談所」がオススメな理由

いつでも 好きなときに利用可能

先の文章でも記載したように、薬剤師といえども週末が休みの職業とは限りません。 そのため、いつでも時間があるときに自分の好みとマッチする相手を検索するサービス、「データマッチング」や「イントロG」はぴったりです。
そもそも、理系男子は検索力には長けている人が多いので効率よくお相手探しができ、オススメです!

出会った時のフィーリング重視

雰囲気は重要!という方にオススメしたいサービスがあります。
写真で気になるお相手を探すことができる写真検索「オーネットパス」は、わざわざ結婚相談所に足を運ばなくても相手の見た目や雰囲気を知ることができます。
また、定期的に開催される「パーティー・イベント」では多彩な企画に参加することでお相手を探すことができます。
ご自分の趣向やスタイルに合わせて参加できるので、共通の趣味や嗜好を持つ方と出会う機会があります。ありのままの自分を見せることができるお相手とどこかできっと出会えるはずです!

見た目に自信がない方もOK

国家資格や知識力はあるけれど、見た目や恋愛力には自信がない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
オーネットでもですが、結婚相談所のプランなどによっては担当アドバイザーがファッションやコミュニケーションに関してのアドバイスをしてくれるところもあります。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

薬剤師との婚活体験談

初めてにして、お見合い2連続!

28歳
職業会社員
年収~250万
20代後半
職業男性薬剤師
年収〜550万

1日で2回のお見合い

1回目のお見合いが決まる前に、私から1人お見合い希望を出している方がいました。私が申し込みした方はお断りだろうと思っていたので、その方の返事が来る前に別の方からのお見合い希望があったので承諾しました。 しかし、まさかのオッケーの返事!初めてのお見合いにして、2回連続になってしまいました。お見合い希望を出した方は場所の指定ができないので、場所も柏店と銀座店と別々になってしまいました。バタバタな1日だったと記憶しております。

続きを読む


まさかの10歳年下の男性とカップルに

43歳
職業女性薬剤師
年収~550万
30代前半
職業会社員
年収〜500万

大規模婚活パーティーに参加してみました

先日利用した婚活パーティーはかなり大規模なもので、若い方から年配の方まで、年齢層もかなり幅広い会員さんが集まっていました。といってもメインはやっぱり若い方々。中には若い女の子に積極的に声をかけている男性もいましたが、大体は同じくらいの年齢層で集まっていました。 そんな中、私に声をかけてくれたのは明らかに若い男性。年齢を聞いてみるとちょうど10歳年下という事で私も驚いてしまいました。

続きを読む


4人家族から一気に7人家族へ!

42歳
職業調理師・シェフ
年収~800万
40代後半
職業女性薬剤師
年収〜500万

娘からの一言で再婚を決めました

私が前妻と離婚したのは6年ほど前の話になります。とても真面目でしっかりした女性だと思っていたのですが、実際は不貞を働いておりました。本人たちの強い希望もあり、3人の子どもはすべて私が引き取りました。まだ中学生だった長女がいろいろと頑張ってくれ、何とかやってこれていたようなものです。 そんな長女が何気なく「お父さん再婚しないの?」と言ってくれたのです。もう長女は18歳になりますので、「今度はちゃんとしたお嫁さん見つけたら?」なんて言ってくれたのです。

続きを読む


婚活パーティーの経験があったからこそ

21歳
職業その他
年収~200万
30代前半
職業看護師
年収〜550万

婚活パーティーとはどういうものか

私が行った婚活パーティーでは、名札を配られ名前を書いて、並べてある席に好きなように座りました。 次々と現れる男性。同じように好きな席に座り目の前、隣に男性が座ります。 まだ何も始まってはいないので軽く頭を下げ挨拶をするくらいで一緒に行った先輩と話しをしていました。 次々とやって来る男性は私より年齢が上の方が多かったので、隣や前に座っている男性は見ず、入り口ばかり見ていました。性格重視と言いながらも人間ってやっぱり初めは顔なんだとその時、実感しました(笑)

続きを読む


失恋のショックから立ち直ろうと参加した婚活パーティでの出会い!

25歳
職業歯科衛生士
年収~350万
30代前半
職業銀行員
年収〜600万

大好きだった彼に振られ大失恋。ショックから立ち直り、恋活を始めるまで。

23才のときに職場の人がセッティングしてくれた合コンで12才年上の男性と知り合いお付き合いすることに! しかし、仕事が忙しい彼とはほとんど会えず、連絡もあまり取れず…遊ばれているのか、もしかしたら彼は既婚者なのか…と悩んでいました。 そして訪れた彼との別れ。 「もう男なんて一生信用しない!私なんて誰からも必要とされてないんだ…」と落ち込み、あっという間に体重5㎏減でした。 そんな別れから1年ほど経ち、このままじゃいけない!男性と接する練習をしなきゃ!と婚活(恋活)パーティに行ってみることにしました。

続きを読む