結婚したいパイロットさんへ

モテモテなはずなのに結婚に結びつかないパイロット

昔から女性の憧れの旦那様として頻繁に名前の出てくるパイロット。パイロットと結婚したいからキャビンアテンダントになる!という女性もいますよね。

一般的なサラリーマンの平均生涯年収の2億円の約2倍、4億円という高額な賃金のため、2014年「女性が選ぶ結婚したい男性の職業」で、1位公務員、2位医師、3位商社系、4位弁護士に次いで5位の人気を誇っています。

30代パイロットの平均年収はなんと900万円台です。(旅客機のパイロット、自衛隊、民間の飛行機のパイロットではまた違ってきます)
なぜ結婚相手として人気の高いパイロットなのに未婚なのでしょうか?
職場にはキャビンアテンダントという同僚の女性はたくさん居ます。ですが、実はキャビンアテンダントと結婚するパイロットは恐ろしく少なく、割合でいうと一桁程度。職場結婚自体は10%程度なのですが、そのほとんどがキャビンアテンダントではなく、「グランドホステス」という地上勤務の女性になります。

グランドホステスとは各空港での発券業務、チェックイン業務、ゲートでの案内誘導などの地上での乗客サービスを担当する職業です。高い英語力が必要で、空港利用者が快適に過ごせるよう心配りができないと勤まらない仕事な上、変則勤務が多いところから同様に変則勤務の多いパイロットとの社内恋愛が多いようです。

20代後半~30代中盤のパイロットが独身が多いのは、航空大学校を出てから試験の連続であることが一番の理由だそうです。
また、試験が終わってからも変則勤務の為に出会いがなく、気付いたら周りの人はほとんど結婚していたという事が多いのです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

パイロットさんが結婚できない3つの理由

理由1:出会いがない

パイロットという職業で一番困るのが変則勤務です。それが女性との出会いを妨げているのです。 確かに職場にキャビンアテンダントという女性は居ますが、パイロットは基本的にずっとコックピットの中です。
これでは、恋愛感情を持てというのが無理な話。
仕事中はずっとコックピット、変則勤務の為休みも同僚とはなかなか合わない…そんな環境では、女性との素敵な出会いなんて夢のまた夢です。

理由2:会いに行きたくても時間が合わない

前述した「出会いがない」を頑張ってクリアして、恋人を作ったとしましょう。 その際に問題になるのがやはり「変則勤務」です。
恋人と休みが合わない為、どんなに会いたいと思っていても会いに行くことがままなりません。

国内線でもそんな状態ではありますが、国際線になった場合はもっと大変です。国内線は1回のフライトが約1日ですが、国際線ですと約5日にもなります。その為、休みは不定期にならざるを得ません。

また、パイロットと言っても、旅客機と自衛隊機、民間の飛行機とでは事情はかなり異なります。
ですが、旅客機や自衛隊は基本的に変則勤務の方が多いようです。民間はその限りではありません。

理由3:恋愛が長続きしない

理由2に書いたとおり、パイロットのほとんどが基本的には変則勤務なので、せっかく恋人を作ったとしてもなかなか会う事ができません。
恋人にその事を理由にされて、破局してしまうことがとても多いのです。

そうして、恋愛が長続きしない為、その先にある「結婚」へはどうしても結びつき難くなっています。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

しかし、こんな女性と出会えばきっと幸せに…!

そんな訳で、女性に大変人気のある職業のパイロットでも、結婚までに乗り越えなければならない問題がたくさんあります。

ですが、こんな女性と出会えれば、きっと幸せになれます!

それは、「変則勤務に理解のある女性」です。 パイロットには変則勤務があり、一般的なサラリーマン男性のように毎日一緒に暮らすことができません。 その事をきちんと理解してくれる女性と出会える事ができれば、必ず幸せな結婚ができます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

パイロットさんが自分の職業を理解してくれる女性と出会うなら、結婚相談所がおすすめです!

結婚相談所っていきなりハードルが高いような気がする…。なんて思っていませんか? 実は最近の結婚相談所は昔とは変わってきているので、今までのイメージで結婚相談所を避けてしまうのは実に勿体ないのです。

変則勤務のために今まで出会いを求めることができなかった、出会っても長続きしないというパイロットさんはぜひ、結婚相談所の利用をご検討下さい。

結婚相談所を利用すると、実に素晴らしい点がいくつもあるのです。

パイロットに結婚相談所がおすすめな理由

費用と安全性の面で合コンや婚活パーティより優れている

結婚相談所はお金がとても掛かる!と思っている方が多いのですが、実際は合コンや婚活パーティーなどと比べてコストパフォーマンスがとても高いのです。

たとえば、結婚相談所では1~3ヶ月で素敵な出会いがあり、半年たつ頃には真剣交際が始まっている…というケースが多いのですが、大手結婚相談所の半年間の活動費は約15~25万円ほど。 合コンや婚活パーティーの参加費を1回5000円と仮定すると、30回以下で交際相手をみつけなければ結婚相談所より高くついている計算になります。

しかし、合コンは10回に1回、婚活パーティーなら5回に1回、素敵な出会いがあるかどうかわからない婚活方法です。 30回以下で真剣交際にたどり着けるか微妙なところでしょう。

また、時間も体力も必要になってきます。 忙しい方の場合は効率を優先して結婚相談所を利用するのがおすすめです。

控えめな女性とも出会うことができる

合コンだと比較的積極的な、所謂「肉食女子」に迫られる事が多いパイロットさんが、「最適な相手」に出会うのにはやはり結婚相談所がとてもおすすめなのです。
その理由としては、結婚相談所は「紹介システム」を採用しているところが殆どなので、恋愛に関して控えめな女性でも利用ができるのです。
合コンのように自分からグイグイ行かなくても結婚相談所の担当者がマッチングしてくれるため、奥手な女性も数多く利用しています。

また同様に男性の方が恋愛に積極的ではない「草食男子」であったとしても、結婚相談所の担当者がマッチングしてくれますのでお金を払っているのに誰とも会うことができない、と言う事はありません。

事前に相手の情報が分かる

やはり、お付き合いをする上で一番気になるのは相手の情報です。
友達からの紹介や合コンでは、普通は出会ってすぐに深い情報は知ることができません。
名前や勤務先くらいしか最初に会った時は知ることができない事が大半です。身近な人からの紹介ですと、どうしても紹介者に遠慮してしまいなかなか聞きたいことを聞き出せない、なんてこともあります。
また、婚活パーティですと一人一人話す時間が決められているので、時間内に細かいことまでは聞き出すことができません。

ですが、結婚相談所ですと最初からお互いに望む条件を提示できますので、無駄なやり取りをする必要がありません。
また、お互いの両親との同居が可能かどうかなどのデリケートな問題も事前に分かるため、合わない方とは会う必要がありません。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

パイロットとの婚活体験談

パイロット?と期待したお見合い

28歳
職業会社員
年収~250万
20代後半
職業パイロット
年収〜500万

紹介書の時期だなぁ…

ツヴァイの活動も数か月も経つと、紹介書が来ることへのワクワク感が薄れていきます。 今回もダメだろうなぁ…と思っていたところ、「アドレス交換しませんか?」とサイト内のメールで言われました。 どなたともお付き合いまでいっていなかったので、オッケーしました。

続きを読む


自分の職業一覧に戻る