結婚したい大学教授さんへ

人気があるのに、何故か結婚できない大学教授

いろいろな人から尊敬されることも多い大学教授は、その収入の多さからも女性に人気のある職業です。
国立大学の教授ですと、みなし公務員であるため、生活はとても安定しています。しかも、一般的な公務員とは違って、副業がOKなのも魅力的です。
教授の中には、スケジュールに余裕がある場合は研究費を稼ぐために非常勤講師として他校で働く人もいます。

また、私立大学ですと国立大学以上にその仕事内容は多種多様ではありますが、全般的に国立大学の教授よりも賃金が高い傾向にあります。
中には週休3日の私立大学もあり、一言で「大学教授」と言ってもその全てを一括りにする事はなかなか難しいです。
どうして人気があるのに、結婚できないのでしょう?その理由をご説明いたします。

大学教授さんが結婚できない3つの理由

理由1:出会いがない

一般的には、一番多いのが職場結婚なのですが…大学教授ですと、実にその87%が男性。女性の割合は僅かに13%です。これではなかなか恋愛や結婚には結びつきません。

また、最近では生徒と教授の恋愛を禁止する大学も増えていますので、そう言った意味でも職場である大学では出会いがないと言えます。

世間的にとても評価が高く、社会的に尊敬される職業でありながら結婚ができないのはそういった理由からです。

理由2:時間がない

もちろん個人差はありますが、大学教授の仕事は、3分の1が講義、残りの3分の1が生徒数を増やすことについてといった、大学の運営に関する会議に出席すること、残りの3分の1が自分の研究になります。

大学教授は定期的に論文を発表しなくてはならないため、時間の決まっている講義はともかく、時間の決まっていない会議が長引いたりして自分の研究時間が減ってしまうと、時間の遣り繰りが大変になってしまいます。
結果、徹夜で論文を仕上げたり、休み返上で研究をしたり…となってしまいます。

また、研究や論文の発表の為に海外に出張する事もあり、かなり多忙な日々を過ごすことが多いため、自然と女性との出会いは少なくなりがちです。

学会へ参加することも多いですが、大学教授の殆どが男性であるため、そこでも出会いは見込めないのです。

理由3:恋愛が続かない

前述した2つの理由により、まず恋人を作る事がとても難しい大学教授なのですが、恋人ができたとしても大学教授特有の変則的な勤務形態により自由になる時間がまちまちであるため、どうしても恋人との時間が作りづらくなってしまいます。
また、研究職ですと更に研究に割く時間の割合が増えるので、より一層恋人と過ごす時間が取りづらくなっています。

その事から、なかなか恋愛が長続きせず、結婚に結びつかないのです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ですがこんな女性と出会えたなら、きっと幸せになれます

大学教授という職業は講義に研究に会議にと、とても多忙な職業になります。また、生徒との交流もとても重要になってきます。
その為、時間の遣り繰りがかなり大変で、一般的なサラリーマンと比べると恋人との時間があまりありません。

そんな大学教授さんが幸せになるには、まず仕事に理解のある女性と出会うことがとても大切です。
大学教授さんの仕事の事を理解して尊重できるような女性が理想的です。
出張が多く、とても多忙な大学教授さんを家庭できちんと安らがせてくれる、優しくて落ち着いた女性が大学教授さんには最適のお相手だと言えます。

ただ、そう言った女性は合コンなどで自分からグイグイ迫ってくるタイプではありませんので、実際に合コンや婚活パーティで出会うのは相当難しいと言えます。

大学教授さんが自分を尊重してくれる女性と出会うなら、結婚相談所がおすすめです!

結婚相談所ってすごくお金が掛かるんじゃないか?それに、今時結婚相談所なんて大袈裟過ぎるじゃないか…?

そう思って、今まで結婚相談所を避けていませんでしたか? しかし最近の結婚相談所は若い方の登録も増えていて、登録へのハードルは下がってくるなど以前とは変わってきています。

今まで結婚相談所の利用したことがない方や結婚相談所の存在をこの記事を読むまで知らなかった方はぜひ、結婚相談所の利用をご検討ください。

大学教授に結婚相談所がおすすめな理由

確実に出会える

まず、結婚相談所を利用するメリットとして挙げられるのが、確実に出会うことができる点です。基本的にどの結婚相談所も「紹介システム」を採用しているため、登録したのに出会えない…という事がありません。
アイドルの○○さんみたいな人、というような突拍子もない条件を付けなければ、確実に紹介して貰う事が可能です。(逆に言えば、そういった突拍子もない条件を付けた場合は紹介して貰う事はできませんが、アドバイザーと相談しつつ、その条件に近いものですり合わせることはできます。)

大手の結婚相談所ですと、登録会員数が数万名と多いので(そのうち約4割が女性会員になります)、たくさんの女性と会うことができるのも結婚相談所の魅力の一つです。

また、結婚相談所は登録時に身元の確認や独身証明書の提出が求められるため、きちんとした女性と出会えて安心です。既婚者や身元が怪しい女性に騙される、といった事がないのも結婚相談所を利用するメリットです。

時間がなくても出会うことが可能

論文作成や会議でいつも多忙な大学教授さんでも、結婚相談所なら出会うことが可能です。その理由としては、登録会員数が多いことが挙げられます。様々な職種、業種の女性が登録していますので、休みの合う方は合コンや婚活パーティで出会う女性の数に比べたらはるかに多いのです。そのため、選択の幅もグッと広がります。

平日が休みの方、不定休の方などいろいろな方がいらっしゃるので、自分のスケジュールに合わせて担当者に連絡をしておけば、その日休みの女性で貴方の条件に合う方を紹介して貰えるのです。紹介人数も、結婚相談所とそのプランによって変わってきますが、大手の結婚相談所では2~10名を毎月紹介してくれます。

元々多忙な大学教授さんなので、毎月たくさんの人とは会うことができない…そういった場合にも対応できるよう、結婚相談所では様々なプランを用意しているため、複数の結婚相談所のプランをチェックしてみると良いでしょう。

仕事に理解のある女性と出会える

常に何かしらと多忙で、恋愛が長続きしない大学教授さん。なかなか大学教授という仕事を理解してくれる人と出会えない…そんな悩みを抱えている方も多いです。

ですが、結婚相談所ですと多忙な大学教授という職業に理解のある女性と出会う確率がとても上がるのです。その理由として、事前に相手の情報が分かる点があります。

結婚相談所ではお互いに会う前に相手の情報が分かるため、その職業の相手であると分かった上で会うことになります。 つまり、あなたが大学教授で多忙である事を知った上で、それでも会いたい!と思ってくれた女性だけと会うことが可能なのです。この点だけでも、結婚相談所は事前に相手の情報が分からない合コンや婚活パーティよりも大学教授さん向けだと言えます。

自分だけでなく、相手も同様に貴方の情報を知った上で会うことができるため、お互いの職業に理解のある状態からスタートするので恋愛に繋がる可能性も高いのです。

また、通常の会話ではなかなか聞きにくい義両親との同居の有無、介護や専業主婦希望かどうかなどについても記載がある場合が多いため安心です。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

大学教授との婚活体験談

最初で最後のお見合い

27歳
職業会社員
年収~250万
30代後半
職業男性教諭
年収〜600万

父親の教え子

私の父親は大学教授でした。そして、父のお気に入りの教え子で助教授になった方がいました。 毎年、お中元やお歳暮を届けて下さるとても良い方。気の難しい父でも打ち解けられる方。父的にはそんな方の元へお嫁に行ってもらえれば安心でいいなと考えていたのだと思います。 なので一度会ってみないかと話がありました。 本当なら姉の方が年齢的にはぴったりだったのですが、姉にはそんな気さらさらなかったので、私がしぶしぶお会いすることになったのです。

続きを読む


自分の職業一覧に戻る