結婚したい女性販売員さん(接客業・営業職の女性)へ

接客業・営業職の女性販売員の意外な結婚事情。実は未婚率が高かった?!

販売員の女性と言えば、明るい性格と細やかな心遣いで、同性のみならず男性の心を掴むのも上手そう。
豊かなコミュニケーション能力があるので、恋愛でも不自由していないんじゃないかな…。

そんなイメージがありますよね。
実際に、販売員の方たちはその高いコミュニケーション能力と豊富な専門知識で、プロ意識高くお仕事されている方が多いです。お店や商品も好きだけど、あの店員さんがいるからお買い物に行く、ということもありますよね。
そんな風に人を惹きつける魅力をもつ販売員さんたちの結婚事情を調べてみると、意外にも未婚率が高いことがわかりました。

どうしてでしょうか?
その理由は、販売員の女性を輝かせているお仕事にも深く関わっていました。

接客業の女性・女性販売員が結婚できない理由

理由1: 出会いがない

販売員の方の勤務体系と言えば、土日出勤の平日休み。接客業なのでこれが通常かと思いますが、実はこれが結婚事情に対して大きな影響をもたらしているのです。

一般企業に勤めるいわゆるサラリーマンは、全雇用形態の85%以上を占めると言われており、その勤務形態は平日出勤の土日休み。これでは店頭での出会いはあっても、プライベートで出会える確率や可能性はとても低くなってしまうことがお分かりいただけるでしょう。

販売員の方の魅力を男性の前で発揮する前に、まずはその出会いのチャンスが少ない――これが、販売員の女性を結婚から遠ざけている大きな理由です。

理由2:不規則な勤務体系

土日出勤で平日休みなら、同業者の方と出会えればいいんじゃない…?
と思われるかもしれませんが、職場に男性が少ないというのも大きなネックとなります。

販売などの接客業の場合は、扱う商品に関わらず、女性中心の職場なことが多いです。男性がいたとしても管理責任者など、直接業務で深く関わるのは一部の方だけだったり、短時間しか関わることがなかったりもします。日常生活で一番長く時間を過ごす職場でこそ、出会いがあればいいのですが、こうした職場環境ですとなかなかそうもいきません。

また、販売の職に就く前からお付き合いしていたり、就職後に交際を始めたりしても、お相手がサラリーマンでお休みが合わないとなると、継続したお付き合いをすることは難しいようです。お休みを合わせるのも大変ですし、販売系のお仕事では、出勤時間が遅いため退勤時間も遅く、お互いが仕事の日に会う時間をつくるのは困難なことも多いですよね。お互いを深く知りあう大切な時間をなかなか取れなかったり、気持ちがすれ違ったりして破局してしまうカップルも多いんだとか。

なんとも切ない事情ですが、不規則な勤務体系は恋愛の味方にはなってくれないようです。

理由3: わかってもらえないギャップ

販売員のイメージと言えば、やはり「社交的」でしょうか。
商品の良さだけでなく、店員さんの接客でも、お買い物は左右されますよね。
売上にも関わっている販売員の方のコミュニケーション能力の高さは、プライベートでも活かされているのだと思いがちですが…みんなでワイワイするだけでなく、意外にもインドアの趣味をお持ちの方も多いようです。

「普段は人と接することが多いから、お休みの日はのんびりお家で読書や料理をするのが好き」
「気になっていたカフェに平日の空いている時間に一人で行ってリフレッシュする」という方のほかにも、
「販売の仕事は好きだけど、プライベートでは実は人見知りなので、お仕事モードの私とプライベートの私は全然違うんです」「販売の仕事と言えば、社交的と思われてしまうのが苦手」といった声もありました。

お仕事の顔とは違う一面を持っている彼女たち。それをわかってもらう機会があまりにも少なかったり、イメージが強すぎたりすることが、紹介やパーティなどでネックになったこともあるそうです。

恋愛や結婚生活では、仕事の顔よりもむしろプライベートの時間を長く過ごすので、ギャップを理解してもらえないことには、距離を縮められないですよね。これも、販売員の方が結婚から遠ざかる理由の一つとなっています。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚までが遠かった女性販売員の婚活体験談

一目見た写真が手放せず…気づけば結婚できていました(26歳/県)

親の心配をよそに天職探しの私

近所の同級生はみな結婚し、私は結婚するよりも、まずは自分の天職を探す事にやっきになっていました。 仕事から帰ると毎日のように「結婚して」「将来どうするの」と涙ながらに訴える母。 何度かご近所の方の紹介でお見合いもしましたが、みなさんとても良い方ばかりなんですが、線が細く頼りになるように思えずお断りすること数回ありました。 その日も仕事から帰ると、母から「早く結婚して。今度は紹介場に行きましょう」と言われ、内心「うるさいなぁ」と思いつつもこの場を丸く治めるために、「はい、いいよ」と空返事をしてやり過ごしました。

» つづきを読む

初の結婚相談所へ入会(33歳/東京都)

婚活サイトの次は結婚相談所

20代の頃は合コンのお誘いも多く、それなりに出会いもあり、楽しい毎日を過ごしてきました。 しかし、30代になると周りの環境も一気に変わっていきまして、会社の先輩や同期たちは寿退社も多くなっていき、自分の中で焦りみたいなものが少しだけ出てきました。 30代になってまずやったことは、婚活サイトへの登録でした。とりあえず無料サイトに2ヶ所と有料サイトに1ヶ所の登録をしました。 そこでもそれなりにメッセージ交換をする人に出会いましたが、その後が続かずで、友人の勧めもありまして、結婚相談所にも登録する決意をしました。

» つづきを読む

友人の結婚がきっかけで始めた婚活(30歳/兵庫県)

楽しく過ごしてたら、いつの間にか30歳…

仕事や女友達との遊びが楽しくて、気が付けばもう30歳となっていました。そして気が付くと、一緒に遊んでた友達が、ひとり、またひとりと結婚していきました。 しかし一番仲が良い友人であるY子は、私とおんなじ雰囲気で一緒に遊んでいたこともあり、寂しいとはまったく思っていませんでした。ですがそのY子にある日呼び出され、「急なんだけど、故郷に帰って結婚することになったの、ごめんね」と言われ…正直かなりの衝撃でした。何の前触れもなく突然だったこともあり、驚きと寂しさが急に押し寄せてきました…。

» つづきを読む

SNSで出会いを求めてはみたものの…(24歳/兵庫県)

きっかけはm○x○でした

彼と知り合ったのは、m○x○というSNSサイトでした。私がマイミクの募集をしていたときに、マイミク申請をしてくれたのが彼でした。 当時、私はネットで誰かと知り合って、友達になることに憧れを抱いていました。というのも、それまでもネットでの出会いはありつつも、実際にリアルで会ったり、友達になったりというところまでいかないことばかりだったからです。特に私の友だちが、ネットで知り合った人とリアルでも友だちになっていたので、そういうことに憧れていたんです。 そんな思いから彼との連絡はスタート。もちろん、いきなりメッセージのやりとりをしたわけではありません。お互いの日記にコメントを残す、というようなことから始めました。彼は昔、ひきこもりだったとのこと。色々と苦労をしているようなのに、いつも前向きな様子にだんだんと好感を抱いていくようになりました。

» つづきを読む

都内のホテルで行われた婚活パーティーが出会い。(33歳/埼玉県)

小柄だったので、最初はう~んって感じでしたが!

都内で度々行われている週末の婚活パーティーに参加した時に彼とは出会いました。友人から婚活パーティーへ行くなら女性の参加費が少々高くても、きちんとしているところの企画する婚活パーティーがいいよと言われていたので、本当にちょっとお高めの会費の婚活パーティーに参加。 婚活は少し前にバスツアーに友人と参加してみましたが、友人と一緒に参加した事もあり、二人で話してしまう時間が多く、参加男性が近寄り難い雰囲気を出していたのかな?と、やや反省。今回の婚活パーティーはひとりでの参加です。

» つづきを読む

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

話上手な女性販売員だからこそ結婚相手を探すなら結婚相談所がおすすめ

不規則でも大丈夫。空いた時間に上手に婚活!

「生活リズムも不規則でお休みもバラバラの私が、婚活なんてできるのかしら…?」 そんな不安はいりません。多くの結婚相談所では、ネットでの紹介を導入しています。事前にご希望や将来設計をお伝えしておくと、あなた専門のアドバイザーから、あなたにぴったりのお相手の紹介状をスマホやパソコンが届きます。あなたはそれをお好きな場所でお好きな時間にチェックすればOK。また、そのままお返事することもできるので、紹介のたびにサロンに足を運ぶ必要もありません。婚活するのに、特別な場所や特別な時間はいらないんです。

これなら、生活リズムが不規則な販売員の方も、自分のペースで婚活できますよね。

自分を偽らなくて大丈夫!

結婚相談所では、入会時にあなたのご希望をお聞きするだけでなく、あなた自身のことも詳しくお聞きします。
あなたという人物をよく知ることで、あなたを待っている方により正確な情報をお届けして、双方の誤解をなくすためです。

仕事が不規則なことだけでなく、実はインドアの趣味をお持ちだったり、仕事中はテキパキしてるけど、プライベートはのんびり屋さんだったり…あなたのことを、何でもお聞かせください。お相手もそれを望んでいますし、「本当のあなた」をわかってくれる人と出会うことが、結婚への近道です。

こんなにも最初からあなたをわかってもらって出会えるのは、結婚相談所ならでは。 もちろん、実際にお会いするのは、双方の「会いたい」の気持ちが一致した場合のみですので、ご安心くださいね。お見合い当日も、あなた専門のアドバイザーが立会いますし、あなたが伝えきれない魅力を代わりにお伝えしたり、交際中の相談にものってくれたりと、サポートは万全です。 婚活中から、「素顔」のあなたでいられますよ。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

女性販売員との婚活体験談

自分の職業一覧に戻る