当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2022.06.24 更新

結婚しない女性が「ずるい」といわれる理由|女性に結婚を意識させる方法も

結婚しない女性が「ずるい」といわれる理由|女性に結婚を意識させる方法も

近年、結婚しないことを選択して、生涯独身を貫く女性も増えています。

結婚をするか否かは本人の自由ですが、結婚しない女性を「ずるい」と感じる方も少なくありません。しかし、なぜ結婚しない女性はずるいと言われるのでしょうか。

この記事では、結婚しない女性がずるいと言われる理由や、女性に結婚を意識させる方法などを解説します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

「結婚できない」のではなく「結婚しない」女性が増えている

「結婚できない」のではなく「結婚しない」女性が増えている

以前は「結婚していない女性=結婚できない女性」として見られる風潮がありました。しかし、最近では「結婚しようと思えばできるはずだけど、あえて結婚しない」と、自ら結婚しないことを選択する女性が増えています。

まずは結婚しない女性が増えている現状や、その理由について詳しく解説します。

一生結婚しない女性の数は年々増加している

内閣府の調査によると、1975年には2.1%だった女性の生涯未婚率(※)が、2020年には17.4%にまで上昇しています。

また、国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査によると、「一生結婚するつもりはない」と考えている独身女性の割合は、1987年には4.6%であったのに対し、2015年には8%と倍近くにまで上昇しています。

ちなみに、出生動向基本調査は18歳~34歳までの未婚者を対象に実施しています。そのため、ある程度の年齢になって結婚を諦めたのではなく、年齢に関係なくそもそも結婚する気がない女性が増えていると捉えられます。

これらのデータからも、結婚するつもりがない女性や、実際に一生結婚しないまま過ごす女性の数は年々増えていることがわかりますよね。

※生涯未婚率:50 歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合。2005 年までは「人口統計資料集(2009 年版)」、2010年以降は「日本の世帯数の将来推計」より45 歳~49 歳の未婚率と50 歳~54 歳の未婚率の平均。

結婚しない女性が増えている理由

結婚しない女性が増えているのには、以下のような理由が考えられます。

  • 女性の社会進出が進み、結婚よりも仕事に力を入れて生きていきたい女性が増えた
  • 日本の賃金は上がらず、結婚できるほどの金銭的な余裕がない女性も多い
  • 「結婚こそが人生の幸せ」という風潮が薄れてきており、結婚のプレッシャーを感じなくなっている
  • 誰かと暮らすよりも1人で生活したほうが気楽で楽しいと感じる人が増えている
  • 今や3組に1組は離婚すると言われていたり、実際に離婚した友人を見たりして結婚に対する憧れを抱けない

女性が結婚しない理由は、社会や価値観の変化が大きく関わっていると考えられます。

女性が活躍する職場も増えたことで仕事に対するやりがいを感じやすくなったり、「ある程度の年齢になったら結婚するべき」といった風潮がなくなったりしたことで、結婚しない選択をする女性が増えているのではないでしょうか。

結婚に関する価値観の移り変わりや結婚しないメリット・デメリットはこちら>>

結婚しない女性が「ずるい」と言われる理由

結婚しない女性が「ずるい」と言われる理由

結婚しない女性を見て「ずるい」と感じてしまう方は少なくありません。

「結婚しないからといって、誰かに迷惑をかけているわけではないのに何がずるいの?」と感じてしまいますよね。実は「ずるい」という感情の裏側には、妬みや羨ましさが隠れているケースがほとんどです。

ここでは、どういった部分で妬みや羨ましさを感じさせるのか、結婚しない女性が「ずるい」と言われてしまう理由を解説していきます。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

自由に時間やお金を使える

結婚をすると、どうしても生活費や子どもの養育費などにお金がかかるうえに、家族の事情を考えてお金や時間を使わなければなりません。

なかには専業主婦に憧れていたのに、実際は生活費や養育費のために仕方なく仕事をするという人も……。

また、毎日家族のために時間を使いきってしまい、自分の時間が持てない人もいます。

一方、結婚していない女性は、お金も時間も使い方は自由です。そのため、お金や時間を自由に使えない方が、好きなものを買ったりやりたいことをやったりして楽しんでいる独身の女性を見ると「ずるい」と思ってしまいがちです。

出産や子育てでキャリアがストップしない

出産や子育てによって一時的に仕事を休んだり、辞めたりしなければならない女性は少なくありません。

基本的には夫婦で「子どもがほしい」「子育てをしてみたい」と考えて出産するのですから、一時的に仕事から離れなければならないのは覚悟しているはずです。しかし、実際にキャリアの問題に直面すると「こんなはずではなかった」と感じる方が多いのです。

特に、出産や育児がひと段落していざ仕事に復帰してみたときに、子どもがいなかった頃と比べてキャリアに伸び悩んでしまう方は多いもの。復帰しても子どもの世話で独身のころのように仕事に集中できなかったり、以前は自分よりも立場が下だった人が自分よりも上の立場になっていることで精神的なストレスを感じたりするからです。

そのような方々が順調にキャリアを積み重ねている独身女性を見ると、「結婚していない人はバリバリに働けていいよね」「あんなに活躍するなんてずるい」と思ってしまいます。

家事や育児の手間がない

結婚をすると洗濯物や洗い物は家族の人数分だけ増えます。さらに、子どもが小さければ身の回りのことをしなければならず、大きくなれば子どもの学校関係の付き合いや役員などの仕事までしなければなりません。

夫婦で協力して家事や育児をしている家庭でも、一人暮らしや実家暮らしで自由に生活している独身者と比べると、自分の時間は持ちづらくなります。

もちろん、既婚者には既婚者なりの楽しみもあるはずです。しかし、仕事や趣味など好きなことに全力で打ち込んでいる独身の女性を見て「自分のことだけすればよくて楽そうでいいな」「好きなことだけやれるなんてずるい!」と思ってしまう方がいます。

煩わしい親族付き合いがない

独身の場合は、交際相手がいても家族ぐるみの付き合いをする必要はありません。たまたま仲良くなれば交流をすればいいですし、「結婚しているわけじゃないから交流する必要はない」と考えるならば無理に会うことはないですよね。

しかし、結婚をすると、自分や相手の親・親戚と交流しなければならないシーンが多くなります。会いたくなくても交流しなければならないことにストレスを感じていたり、帰省や冠婚葬祭に行かなければならないことに煩わしさを感じていたりする方は決して少なくありません。

親族付き合いに多少なりともストレスを感じている方からは、「面倒な親戚付き合いがないなんてずるい!気楽でいいよね」と羨まれてしまいがちです。

結婚しない主義の女性に結婚を意識させる3つの方法

結婚しない主義の女性に結婚を意識させる3つの方法

気になる女性や交際中の彼女が結婚しない主義で、「自分は結婚したいから、どうにか結婚を意識させたい!」と悩む男性も少なくないでしょう。とはいえ、結婚願望がない女性にいきなりプロポーズをしても、受け入れてもらうのは難しそうですよね。

そこでここからは、結婚しない主義の女性に結婚を意識させる方法を解説します。

1.将来について話し合う

女性に結婚を意識させたいのであれば、まずは将来について話し合ってみることが大切です。

結婚に興味関心が薄い女性でも、気になる男性や交際相手から「将来的には結婚したいと思っている」と言われれば、考えが変わる可能性があるからです。少なくとも、結婚したい意思を伝えるだけで「結婚」という言葉を意識するようになります。

もし女性側に「結婚しない理由」があるのであれば、話し合いによってその理由がわかったり、理由に対する解決策を考えたりすることも可能です。

また、一口に「結婚しない」といっても「今はその気がない」ケースから、「一生結婚したくない」ケースまであります。「結婚しない」の度合いもさまざまなので、まずは話し合いによって価値観を擦り合わせていくことが大切です。

2.幸せな結婚像を抱かせる

結婚しない主義の女性でも、幸せな結婚像を抱けるようになれば、「結婚したいかも」と感じるようになる場合があります。

特に、結婚に対していいイメージを持っていないことで「結婚したくない」と考えている女性には、結婚したらどのように幸せにしたいと考えているのかを話して、楽しい結婚生活をイメージしてもらいましょう。

結婚して幸せに暮らしている友人に会わせて、結婚に対するポジティブなイメージを抱かせるのも効果的です。

また、結婚することで制限が増えて時間が奪われることが嫌だと考えている女性には、家事や育児に協力的な姿勢を見せたり、結婚後もお互い自由に過ごしたいことをアピールしたりするのがいいでしょう。

結婚したからといって、みんながみんな一般的なイメージの結婚生活を送るわけではないことを伝えてみてくださいね。

3.どうしても難しいなら別の道を歩む

将来について話し合ったり幸せな結婚像を抱かせたりしても、「どうしても結婚したくない」という女性もいます。自分には結婚願望があるのに、お相手はまったくその気がないという場合には、お互いに別々の道を選ぶのも選択肢の一つです。

結婚は素敵なものですが、人によっては結婚しないほうが幸せなこともあります。幸せの価値観は人それぞれなので、自分の価値観を押しつけて無理に結婚しても、幸せな結婚生活が送れるとは限りません。

「どうしてもこの女性しか考えられない!」と思う場合は、結婚しないという彼女の価値観を受け入れて一緒に過ごしていくのも選択肢です。

一緒に過ごすのは彼女でなければいけないのか、ほかにいい人を見つけて自分の家庭を持つほうが幸せなのか、しっかり自分と相手の気持ちに向き合ってみましょう。

ずるいと感じさせないような女性を探すには結婚相談所がおすすめ

ずるいと感じさせないような女性を探すには結婚相談所がおすすめ

結婚しない女性を「ずるい」と感じるのは妬みや羨ましさの感情であるケースがほとんどです。ただ、結婚しない主義の女性と接した際に「結婚するつもりでここまで付き合っていたのに、急に結婚しないと言い出すなんてずるい……」と感じる男性も少なくないはずです。

そんな「ずるい」と感じるような女性に出会った経験を持っていて、「同じように結婚願望のある女性と出会いたい」「新しい出会いを探して結婚したい」と考えている男性には、結婚相談所での婚活をおすすめします。

ここでは、結婚相談所で婚活をするのがおすすめな理由を解説します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚したい女性しかいない

結婚相談所は、その名のとおり「結婚したい男女を結ぶためのサービス」です。ほとんどの結婚相談所では入会する条件として「結婚の意思があること」を定めており、結婚相談所で活動している女性に、結婚しない主義の方はいません。

仕事関係や友人関係、一般的なマッチングアプリで出会ったお相手とは「交際してみてから結婚したくない派だということが発覚した」というケースが少なくありません。

一方、結婚相談所で活動している女性は結婚を前提とした出会いを求めているので、結婚を希望する男性からすると、時間を無駄にすることなく結婚相手を探せます。

価値観の合うお相手を探しやすい

「結婚したい」という気持ちは同じでも、「今すぐ結婚したい」「2~3年以内に結婚したい」「じっくり付き合ってから結婚するかどうかを決断したい」など、結婚したい時期に対する価値観は人それぞれです。

結婚前提のお付き合いを始めても、結婚したいタイミングが合わなければ焦ってしまうこともあるでしょう。

結婚相談所では、アドバイザーがお相手探しをサポートしてくれたり、相性のいいお相手を紹介してくれたり、自分と合うお相手を見つけやすい仕組みがあります。年齢や職業などの基本的な条件はもちろん、結婚を希望する時期や結婚に対する価値観などが自分と合うお相手と出会いやすいですよ。

事前に結婚に関する擦り合せができる

結婚後はどのような生活を送りたいのか、子どもはほしいのか、家事やお金の負担はどうするのか、親戚付き合いはどのくらい必要なのかなど、結婚する前に擦り合わせておきたいことはたくさんあります。

普通に出会ったお相手の場合、そもそもお相手に結婚願望があるかどうかもわかりませんし、出会ってすぐに結婚後の話をすると引かれてしまうかもしれません。かといって、ある程度お付き合いをしてから話をしてみて「自分とは考え方が正反対だった」となると、結婚自体を悩んでしまいますよね。

結婚を前提に出会う結婚相談所であれば、出会ってすぐにでも結婚に関する擦り合わせができるため、効率的に自分にぴったりのお相手と出会えます。

あなたに合う結婚相談所を診断

結婚相談所によってサービス内容や価格帯はさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事ピックアップ

2022年秋の最新キャンペーン

パートナーエージェント

シングルマザー応援プラン

初期費用50%OFF 月会費最大8,000円OFF!

子育てや仕事で忙しいシングルマザー向けのプランです。
いつでも頑張るママを、婚活までひとりで頑張らせたくない、
ママとお子さんにとって素敵なお相手を一緒に見つけたいという願いのもと、
私たちはシングルマザーの方のための料金プランをつくりました。

★初期費用50%OFF★
★月会費最大8,000円OFF★

シングルマザー応援プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース52,250円
(通常104,500円)
9,900円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※お子さんの年齢が20歳までのシングルマザーが対象。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる
パートナーエージェント

U29プラン

初期費用最大約50%OFF 月会費最大3,000円OFF!

20代の婚活を応援するプランです。
安い費用で20代にぴったりの婚活ができます。

★初期費用最大約50%OFF★
★月会費最大3,000円OFF★

U29プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース
(エリアⅠ)
52,250円
(通常104,500円)
16,500円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュコース
(エリアⅡ)
52,250円
(通常104,500円)
13,200円
(通常15,400円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅠ)
33,000円
(通常33,000円)
12,100円
(通常14,300円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅡ)
33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※エリアやプランにより異なります。
※~29歳まで(~29歳にご入会で、満31歳の誕生日を迎えるまで継続可能です。)

エリアⅠ 該当店舗エリアⅡ 該当店舗
東京エリア
新宿店 西新宿店 銀座店 池袋店 上野店 丸の内店
関東エリア
横浜店 大宮店 船橋店
中部エリア
名古屋店 豊田店
関西エリア
大阪店 京都店 神戸店 姫路店
北海道エリア
札幌店
東北エリア
仙台店
関東エリア
高崎店
中部エリア
静岡店 浜松店
中国エリア
広島店
九州エリア
福岡店 北九州店
キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
サンマリエ

ひとり親特別プラン

初期費用が187,000円→55,000円、月会費が17,600円→11,000円に!

おひとりで子育てをされている方向けの割引プランです。

初期費用が55,000円、月会費が11,000円となる割引が適用されます。

費用ひとり親特別プラン
初期費用55,000円
(通常187,000円)
月会費11,000円
(通常17,600円)
成婚料220,000円
(通常220,000円)

※18歳未満のお子さんと同居しているひとり親の方が対象

店舗によってプランを利用できない場合もあります。
詳細はお問い合わせください。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す