彼女と結婚を決めた理由│プロポーズ体験談・プロポーズされるには?

10年越しの彼女との結婚を決めた僕の体験談

長く付き合っているのにいまいち結婚に踏み切れないのは、「結婚に対する意味」が失われているからじゃないでしょうか。その意味が失われているのに、女性の方から結婚をせっつかれても、男はプレッシャーを感じてしまい、結婚に対して余計に臆病になってしまいます。

僕の場合、突然のトラブルにより彼女と結婚する意味を取り戻すことができました。できればトラブルではなく、良い出来事であった方がいいのでしょうが、お互いの結婚に対する意味を再確認できるキッカケが大切だと感じました。僕の体験が誰かのお役に立てばうれしいです。

彼女のお母さんの具合が悪くなり、彼女との距離ができた

付き合って2~3年くらいまでは、ふとした会話で結婚に関することや将来について話すこともありました。しかし5年を過ぎたあたりから、会話の中に「結婚」という言葉が現れることが急速に減り、徐々に興味も失っていきました。

2人の間には「このままでいいかな」という雰囲気が漂い、お互いに結婚する必要性を感じなくなっていました。

そんな中、彼女のお母さんが体調を崩し、彼女は実家に帰ることになりました。最初は喪失感がありましたが次第に慣れ、そのうち「1人の方が楽なのに、なんでみんなこんな面倒な婚活なんてしてるんだ?」とさえ考えるようになりました。

僕にとって人生最大に、結婚の必要性がなくなっていた時期です。

そして起きた、マンションでのトラブル

気楽な独身生活を楽しみ始めたころ、住んでいたマンションで事件が起きました。不審者がオートロックを壊してマンション内に侵入し、各戸のドア鍵が壊されたのです。

幸い自宅は無事でしたが向かいの部屋は被害にあっていました。

事件の後にその向かいのご主人とドアの前で話す機会があり、マンションの防犯や管理について他愛のない話をした後のことです。怯えた表情の奥さんと子どもが部屋から出てきました。僕に会釈しながら家族の手を取って部屋に戻るご主人の姿を見たときに、「自分には守るものもなければ、守ってくれる存在もない」腹の底から湧き上がってくるような、今までに感じたことのない強烈な孤独を感じました。

10年かかったプロポーズは、再会してから1分後

部屋に戻ってすぐ彼女に電話しました。さすがに帰ってきてほしいとは言えませんでしたが、彼女の声を聞いて思いの外安心している自分に少し驚きました。 その日から徐々に彼女との未来について考えることが増えていきました。

彼女が帰ってきた日のことは、今でも覚えています。玄関を開けて彼女の顔を見た瞬間に「ああやっぱりコイツしかいない」と思ったのです。そして荷解きも終わっていない彼女に、僕は突然プロポーズしました。またどこかへ行かれてしまうことがすごく怖かったのです。

彼女は一瞬キョトンとしましたが、すぐに笑ってOKしてくれました。彼女も僕と離れたことで、お互い一緒にいる意味を再確認したみたいです。

交際1年ほどで僕が結婚を決めた3つの出来事

僕は彼女と付き合って1年が経過した頃に、彼女と結婚しよう!と決断しました。それまでにたくさんの出来事がありましたが、決断の大きな要因になった出来事は3つあります。しかし、これらはすべて、普段のいろいろな積み重ねががあってこそだと思います。

「普段からの積み重ね」プラスα、両方揃ってプロポーズに発展するのだと思います。そのプラスαとはどいういうものなのか、僕の体験をお話ししたいと思います。

2人の馴れ初め

婚活をしていた僕は今から2年前に共通の友人を介した飲み会で彼女と出会いました。

彼女は当時30歳、地元企業に就職している普通のOLでした。僕の方からアプローチをして2人で遊ぶようになり、3度目くらいに僕から告白をして付き合うことになりました。時には喧嘩をしつつもなんとなく普通の恋愛を続けていました。

エピソード①印象的だった彼女の母性

それは付き合って1年が経とうとしていた頃です。急に彼女が犬を飼いたいと言い出しました。しかし彼女の住んでいたアパートはペット不可。それなら僕のうちで、と言い出したのです。何とも勝手な話だと思いながらも結局子犬を飼うことになりました。

子犬の世話をしているときの彼女は、今までに見たことがないくらい母性的な顔をしていました。女性のそういった顔を見たのはそれが初めてでした。そして「この子はいいお母さんになりそうだな」とふと思いました。

しかしそのときはまだ、本気で結婚しようとまでは考えていませんでした。

エピソード②思い出のシチュー

その後さらに彼女に対しての見方が変わった出来事がありました。それまで料理といえば焼そばやラーメン、お好み焼など美味しいけれどあまり家庭的でないものばかりでした。

しかしその日は違いました。お手製のシチューが出てきたのです。僕の母親がよく作ってくれ、とても美味しかったシチューは大好きなメニューの一つでした。そのシチューを彼女作ってくれたのです。味も母親が作ってくれたのとよく似ていてとても美味しく、その瞬間に「こんな料理を毎日食べたい」と強く思ったのでした。

エピソード③しっかりした経済観念

そしてあるとき、彼女が毎月決まった額を貯金していることを知りました。自分を含めて若い人はあまり貯金をしないイメージがあったのでびっくりしました。婚活を始めてからずっとためているとのことでした。しかもその額は僕の想像をはるかに超えており、尊敬さえ覚えたものです。

僕はといえば無駄遣いばかりしてしまうので、結婚相手に管理してもらおうと思っていましところで、結婚してもこのように確実に貯金してくれる彼女なら安心できると思ったのです。

彼氏が結婚に踏み切らない方へ

男性というのは、最初にも書きましたが「普段からの積み重ね」プラスαで結婚に踏み切るのだと思います。 ふとしたときに母性的な表情を見せたり、下手だと思っていた料理がメチャクチャ上手だったり、金銭面がかなりしっかりしていたり…。意外性を見せつけられるとドキッとしてしまうのです。そのドキッというプラスαがプロポーズにつながるのだと思います。ぜひ参考にしてみてください。

どうしたら彼にプロポーズしてもらえるの?

女性にとって結婚は幸せのゴール、という人も多いですよね。しかし男性にとっての結婚は、幸せへの期待よりも責任が増えることや家庭のために自分の自由を引き換えにするという印象が強く、女性ほど結婚に対して夢を持っていません。

そういう男性にプロポーズしてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。ポイントをまとめましたのでぜひ参考にされてください。

プレッシャーを与えない

男性は、相手の女性や生まれるであろう子どもの人生…いろいろなものを背負う覚悟がなければプロポーズできないと思っています。女性が思っているよりも重い意味を持っていると考えましょう。

男性に結婚を意識させようと、これ見よがしに結婚情報誌を買って見せたり、「いつ親に会ってくれるの?」「いつ結婚できるの?」と迫ると、男性が逃げ出したくなる状況になってしまうことがありますので気を付けてくださいね。

親を味方につける

結婚へのふんぎりを付けさせるために、親の存在を利用するという手があります。と言っても、親に出てきてもらって彼に結婚の意志があるかを問いただしてもらう、というものでは当然ありません。

彼に「私の両親から」とちょっとしたプレゼントをしましょう。本当に親からである必要はありません。両親が交際を知っているということを、彼に暗に知らせることが目的なのです。「私の親に会って!」などというよりも、ずっとあなたの家族や結婚をリアルに感じさせる効果がありますよ。

そばにいてほしいと思わせる

男性に結婚を決断させる最もオーソドックスな方法は『そばにいてほしい女』になることです。 そのため、家事のスキルや作法・マナーを学ぶことも大切ですが、

○いつもポジティブで不平不満はあまり言わない ○会話のテンポやトーンを合わせる ○彼の仕事や能力を認める ○彼だけを特別扱いする

といった、彼の家庭での居心地の良さを演出することが最重要ポイントになります。 ポイントをしっかりと押さえて、彼に『そばにいてほしい』と思わせることができれば、きっとプロポーズされる日も近いでしょう。

彼氏にプロポーズさせたくなる女性になるために

「私ばかり結婚、結婚って考えているけど、彼の気持ちはどうなのかしら…」 多くの場合、女性の方が結婚願望が強く、婚期も気にしてしまいがちです。その一方、仕事に忙しいからなのか、結婚はまだまだ遠いものと考える男性が多くなっています。

そんな男性に対してあまり結婚をアピールしていると、相手にプレッシャーがかかって逆に逃げ腰になってしまうかもしれません。 彼の結婚願望を高めるには、いったいどうすれば良いのでしょうか?

ポジティブ思考は重要

女性は現実的なのか、意外と『ネガティブ思考』の人が多い傾向にあります。これは統計としてのデータも出ているようです。 一方、男性は楽観的な人の方が多く、女性のネガティブな発言を嫌います。一緒にいてもネガティブ発言が多いと、『コイツといても楽しくないな』と思うようになってしまうのです。

男性の結婚の決め手はなんだと思いますか?

それは『一緒にいて楽しいかどうか』だそうです。多くの男性は仕事に打ち込んでいるので、女性には癒しを求めます。仕事から帰宅した時に、奥さんが笑顔で楽しく迎えてくれる、そんな相手と結婚を考えているのです。

不満を自分で解消すること

女性は相手の細かい部分にまで不満を持ってしまいがち。時には重箱の隅をつつくように文句を言います。特に多いのは『なんで○○してくれないの?』という、相手に対しての不満。 これを連発されたら、彼は『そんなことでグチグチと…』と嫌気がさしてしまいます。

そこで、彼への不満がたまったら、一度、紙に全てを書き出してみましょう。冷静に見返すと、どれもささいなことではありませんか? どうしても譲れない部分なんて、実はそう多くはないのです。

男性のプライドを満たすあの言葉

細かいことに気がつくのに、小さいことでお礼を言わない女性もなかにはいます。『いちいち小さいことでありがとうなんて大げさだわ』などと考えているのかもしれませんね。

これは非常にもったいない考え方です。なぜかというと男性は、小さな事でもお礼を言われれば満足感を得られるから。 『もっと何かしてあげたい』『もっと嬉しそうな顔がみたい』と思うに違いありません。

だから、ささいなことでも、『ありがとう』と言葉に出すことはとても大事なのです。感謝の気持ちを素直に伝えられる女性は誰からみても魅力的ですよね。

結婚願望がない男の本音を見抜くには

中には、結婚願望がそもそも彼氏になく結婚に発展しないカップルもいるでしょう。

結婚願望があるかどうかを見抜く方法をこちらの記事で詳しく紹介しています。

男心は難しい!本音や嘘、脈あり・脈なしサインを見抜くポイント>>

自分の婚活方法に限界を感じたら…

もし自分のやり方に限界を感じたら、新しい出会いのシチュエーションを検討されてみるのもいいかもしれません。

年齢別モテやすい婚活方法

年齢によってモテやすい、ということがままありえます。 こちらではその目安をご紹介します。

もちろん、年齢を感じさせないほど魅力的な方であればこの限りではありませんので、あくまでご参考程度にご覧ください。

年代 婚活アプリ 婚活パーティー 結婚相談所
20代前半
20代後半
30代前半 ×
30代後半 × ×
40代前半 × ×
40代後半 × ×

3ヶ月以内に素敵な人と出会いたいなら結婚相談所がおすすめ

3ヶ月以内に素敵な男性と出会って結婚したい、と思う方には結婚相談所がおすすめです。

周囲に内緒で婚活でき、気軽に始められるリーズナブルなプランも多くあります。

まずはお試し!

あなたに合う結婚相談所を診断

結婚相談所選び、最初の一歩に迷ったら一括資料請求

どの結婚紹介所を選んだらいいのかわかないという方は、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。

資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料